夏休み

昨年は、コンペティションがなかったので、夏休みの課題として、ブルグミュラーコンクールに参加しましたが、今年は、コンペティションが開催されたので、コンペティションに力を入れておりました。

ブルグミュラーコンクールのつくばと取手の申し込みは、定員に達してしまったようなので、これから申し込みをされる方は他の県で申し込みをすることになります。

コンペティション参加の生徒さんの指導が落ち着きましたら、ブルグミュラーコンクールを考えますので、少々お待ちください。

11月の渡部先生のステップに参加したい方は、今月中にご相談ください。

指導者としては、なるべく多くコンクールやステップなどに参加して人前で演奏されることをお勧めします。

自分にとって価値のあるコンクールに具体的な目標を設定して参加して欲しいと思います。

ピティナピアノコンペティションは、アドバイスと相対評価が得られます。

ピティナピアノステップは、アドバイスと絶対評価が得られます。

レッスン見学についてのアンケート結果

全員の保護者様からご回答を頂きました。

「見学はできればしないでいたい」親がいない方が本人自分の責任で一生懸命レッスンを受けると思うから、求められた時は是非見学したい。

「見学を希望します」私自身はコンペ前など、必要な時に同室すれば良いと思いましたが、子供に聞くとママがいた方がとのことでした。

「見学をしたい」自宅での練習方法を学べ、次のレッスンまでに直すべき点がわかる。また、レッスン中の子供の様子、態度がわかる。ただ、たまに一人でレッスンを受けることで成長につながることもあるのかなとは思います。一人でレッスンを受けた時は「自分一人で頑張った」という充実感があるようなので。

「レッスンの見学を希望します」私も勉強させていただいているので。

「できれば見学無しの方がいいのですが、宿題など本人が理解できないことがたたあるので、まだ必要なのかなと考えております。」

「見学を希望します。家での練習の仕方が参考になるからです。」

以上、代表的なものを書かせて頂きました。

それぞれの考え方があると思いました。

ご回答、有難うございました。

渡部由記子先生のレッスンを受けられる方は、見学が必要です。

ピティナピアノコンペティション全国大会出場者数No.1の渡部由記子先生から学んでいること

コンペティションは、選曲が大事。

予選曲と本選曲のレッスンの時間配分が大事。

全国大会出場へ向けての指導カリキュラムが大事。

コンペティションは、結果はどうあれバロック・クラシック・ロマン・近現代の四期を学ぶことに意義があると改めて思いました。

四期4曲を学ぶのは大変なことですが、諦めずに頑張ることで、目標を達成する力を身に付けることができ、どんな困難な壁をも乗り越えられる強い精神力と生きる力が育まれるのではないかと思いました。

現在は、予選だけ参加すればいいとおっしゃって2曲のみレッスンをされる生徒さんもおりますが、ピアノで子供を育てることを考えれば、諦めずに4曲頑張れるように導くことも指導者の役目ではないかと思いました。

ピアノは、自分にとって価値がある目標を設定してレッスンを受けることで、成功したり、時には失敗することもありますが、目標を達成する方法を身につけることができ、強い精神力と生きる力が育まれると改めて思いました。

努力は自信になります。

自分を信じる力や自己肯定感は、経験から得られるものではないかと思いました。

努力して成功した経験を積み重ねることで、自分を信じる力が育ち自己肯定感が育つのではないかと思いました。

ピティナピアノコンペティション全国大会出場を目指して渡部由記子先生のレッスンを受けている〇〇ちゃん親子の成長を見ていて確信しました。

渡部由記子先生のきめ細かな〇〇ちゃん親子へのフォローも勉強になります。

私は、〇〇ちゃんが渡部先生に注意されたことを渡部先生の次のレッスンまでにできるように必死でレッスンをしております。

渡部先生は、子供に対しても先生と同じ音で弾くことを要求されますので、けっこう大変なのです。

あと少しで結果が出ます。

頑張りましょう。

渡部由記子先生のレッスンは、おかしな表現ですが音楽を教えてくださっているのです。

音楽は、心です。

だからなのでしょう、生徒さんの渡部由記子先生のレッスンに同行するだけで、帰宅する時は心が晴れるのです。

渡部由記子先生のレッスンで、私の心が浄化されるのでしょうね。

音楽療法は、機能訓練であって、心ではありません。

私は、音楽を教えたいです。

障害がある人にも、音楽療法ではなく、音楽を教えたいです。

音楽は、心を豊かにしてくれます。

新型コロナ

新型コロナの感染者がつくば市も増えてきたようですね。

筑波メディカルセンターのコロナの検査のドライブスルーに入る車で道路が渋滞しておりました。

マスクをしないで散歩をしている高齢者が増えてきたように思います。

ワクチンを打てない人もいるということを考えて頂きたいですね。

子供も打てないのですよ。

熱中症かコロナかは、検査をしなければ確定診断はできないそうです。

熱中症も気をつけましょう。

少々頭が痛いかなと思ったら熱中症かもしれませんので、水分補給をしましょう。

念のため、お家にOS1を常備しておくと良いかもしれませんね。

脱水症状になった時は、助かりますよ。

ポカリは、血糖値が上がるのでやめた方がいいと管理栄養士さんに言われました。

管理栄養士さんからは、麦茶を勧められました。

ブルグミュラーコンクール

今日、生徒さんのお母様から「ブルグミュラーコンクール東京11月は定員に達してしまいました」と教えて頂きました。

つくばで参加予定だった生徒さんは、お申し込みされましたでしょうか?

私は、現在コンペティションで頭がいっぱいでブルグミュラーコンクールまで見ておりませんでした。

昨年は、夏休みの勉強にブルグミュラーコンクールをお勧めしたので、こんなに早く定員に達するとは想像してませんでした。

今年は、コンペティションの定員に達するのも早かったですが、まさかブルグミュラーコンクールもこんなに早いとは思いませんでした。

茨城は、昨年は取手1ヶ所でしたが、今年はつくばでも行われるのに、なんでこんなに早かったのでしょう?

茨城だけでも、参加者は昨年の2倍ということです。

昨年よりレベルが高いかもしれませんね。

ホールリハーサルand ホールレッスン

今日は、渡部先生の予選を通過した人たちの今期最後のホールリハーサルand ホールレッスンでした。

私の生徒さんのレッスンが終わり片付けをしている時に、次の生徒さんが練習を始められたのですが、びっくりするほどお上手でした。

渡部先生のレッスンを受けに来られている方は全国大会出場を目指し金賞を目指している人ばかりですから、すごいのは当たり前ですけどね。

〇〇ちゃんも同じ土俵に立っているのですから頑張りましょうね。

レベルが高い人の中で勉強しましょう。

自分よりレベルが低い人の演奏を聴いてもプラスにはなりません。

発表会で褒め合っても成長は無い。

〇〇ちゃんの次の生徒さんは、B級の方で、ソナチネアルバム2巻の8番1楽章を弾いておりましたが、気迫があり凄かったです。

目標は高く持った方が子供は伸びます。

これからは、本番まで微調整が非常に難しいのです。

本番までの体調管理とメンタルの管理も重要で大変なのです。

当日、最高の状態に持っていく為には、あまり早い段階から100%になっていないほうが良いのですが、この持って行き方も難しいのです。

頑張りましょう。

発表会の意義

目的や目標が様々な生徒さんが、一緒に発表会を行うメリットがあるのかどうか悩んでます。

デメリットの方があるのではないかと考えるようになっており、今年の3月のノバホールでの発表会は、試演会に急遽変更しました。

伸びる子供を最大限に伸ばす為には、子供の学ぶ環境を整えてあげることも重要ではないかと考えております。

ピティナも、コンペティションとステップがあります。

コンペティションは、相対評価です。

ステップは、絶対評価です。

みんなが同じではない、みんな違っていいんですけど、私はどうしよう?

子供の発達格差

京都大学准教授で発達心理学者森口祐介氏の最近の著書「子供の発達格差」を読んで。

今、子供たちの間に「ある格差」が生まれているとあり、

目標に向けて自分を制御する力(自制心)「実行機能」や、他者を思いやる力「向社会的行動」の格差とあります。

「目の前のことを優先して今を生きる」傾向にあるか、「将来に備え未来に向かう」傾向にあるか、二極化する現実を示しているようです。

これらの能力が低いと将来的に健康や経済面で不利になり、高いと有利になるという内容の本です。

ピアノは、価値のあるコンクールを活用することで、これらの能力を高めることができると確信しております。

ただピアノを習うだけでは、それなりに弾けるようにはなりますが、ピアノで人間を育てることはできないと思います。

ピアノは、脳の発達に良いと言われ、認知症の予防にも効果があると言われておりますが、脳の為だけにピアノを習うのはもったいないように思います。

大人は、脳の機能維持と心と頭の健康を目的にピアノを教えたいと思います。

子供は、ピアノを通してどんな壁をも乗り越えられる強い精神力と生きる力を育てたいと思います。

私は、大人へのレッスンと子供へのレッスンは、指導も目的が異なります。

今日から夏モードの食事に変更します。

今朝は、

なんと無くスッキリせず、

「なんだろうな?」と考えました。

大気が変わり、

気圧も変わり、

夏になったのでしょうね。

耳を澄まして自分の身体と心の声を聞くとわかることが結構ありますよ。

いつもの朝食は、

私の家系は高血圧なので、

血圧を上げない為に一日の塩分摂取量には気を配っており、

朝は、

無塩のトマトジュースと無塩のミックスナッツとココナッツオイルコーヒーなのですが、

今日は、

玉ねぎと小松菜と卵のお味噌汁もいただきました。

お味噌汁を食べたらスッキリして元気が湧いてきました。

汗をかくと血液がドロドロになり、

心筋梗塞や脳梗塞を発症しやすくなりますから、

一日2リットルのこまめな水分補給と、

血液をサラサラにする食材を食べるようにしております。

玉ねぎと納豆は、

毎日欠かさず食べてます。

最近は、

エシャロットにはまってます。

オリーブオイルでグリルしてカンタン黒酢をかけて食べるとエシャロットがホクホクしてとても美味しいですし、便秘にも血液サラサラにも良いようですよ。

人間の体は食べたものでできていると言われます。

体に良いものをチョイスしていただき、

暑い夏を乗り切りましょう。

夏が過ぎれば秋が訪れます。