40年のピアノの指導経験から培ったこと。結城美帆子

ピアノは、脳で弾くということです。

ピアノは、認知(楽譜を読む)と操作で弾くということ、中級以上や指使いが書いていない楽譜などは、操作の前に判断が必要になります。

なので、ピアノがスムーズに弾けない場合は、必ず原因が有り、認知・判断・操作のどれかに問題があったり、脳に問題がある場合が有ります。

時々、「才能がないから上手く弾けないのでしょうね」とか、「練習が足りないから上手く弾けないのでしょうね」とおっしゃる方がおりますが、速い曲を弾けるようになるには練習も必要ですが、ピアノは、正しく楽譜を読み(正しい認知)、正しい弾き方(正しい操作)をすれば、脳に問題がない限り弾けるようになります。

間違って弾いてしまう場合は、正しく認知ができていないか、正しい操作ができていないかのどちらかで、金曜日にレッスンにお越しになられたTさんは、正しく認知はできているのですが、「次は左手は広げる操作をして右手はそのまま」というような判断を頭でする前に弾いてしまう(操作)から、正しい音ではなく、違う音を弾いてしまうので、判断ができる早さで弾けば弾けるようになるのですが、ゆっくり弾くのってけっこう難しいのです。

土曜日にレッスンにお越しになられた高校生のK君は、自分では「楽譜をよく見ていないから」と申しましたが、見ていないわけではなく、やはり判断をせずに操作をしてしまったので、ミスをするので、やはり自分の力量で正しく認知・判断・操作ができるテンポで弾けば上手く弾けるようになるので、ゆっくり弾くことが必要なのです。

ピアノは、認知・判断・操作の繰り返しで弾くのです。

認知・判断・操作は、すべて脳でしていることです。

心も脳です。

脳をフル回転させなければ、ピアノは上手く弾けないのです。

だから、日本認知症予防学会がピアノは認知症の予防にもなる発表しましたし、発達障害の改善にもなると言われているのではないかと思います。

ピアノは、脳を育てることができるのです。

ピアノのレッスンは、やり方によって、AI時代を生き抜くために重要といわれている地頭力と人間の心を育むことができるのではないかと思い、日々レッスンをしております。

違法薬物で逮捕された沢尻エリカ容疑者。結城美帆子

沢尻エリカさんは、演技が上手い女優さんだなと思ってましたが、演技性パーソナリティ障害ではないかとも思ってました。

演技性パーソナリティ障害の人は、いつも演技をしている状態なので、疲労困憊すると思います。

しかし、パーソナリティ障害や統合失調症など精神の病は自覚がないので、自分から精神科を受診するのは難しいようで、多くの場合、家族が気づいて受診をされるようです。

社会に迷惑をかけるようになってくると、行政が強制的に精神病院に措置入院をさせることになります。

発達障害も精神科領域ですから、社会に迷惑をかける行為をすると、行政により本人や親の同意がなくても強制的に措置入院をされられます。

沢尻エリカ容疑者は、違法薬物ですが、精神安定剤や睡眠薬など合法薬物を使用している人はたくさんいると思います。

私自身若い頃は、不眠症で睡眠薬や演奏の仕事がある前後は精神安定剤を使っていた時もありますが、ある時「薬に頼らなければできない仕事なら、この仕事は自分に向いていないのではないだろうか?」と考えるようになり、一切の薬を止めた経緯があります。

睡眠薬や精神安定剤は、依存性がありますので、眠れないのはもちろんですが不安症状や喉の渇き、意欲の低下など精神の症状の有り、とっても辛かったですが、現在お世話になっている岡部正先生との出会いもあり、乗り切ることができました。

岡部正先生は、血液のスペシャリストと言われ糖尿病や高血圧など生活習慣病を得意とされており、やみくもに薬を処方するのではなく、管理栄養士による栄養指導やパーソナルトレーナーによる運動指導、鍼灸師によるマッサージや鍼治療なども行い、一人一人の患者にあった生活習慣の改善方法を教えてくださいますので、薬を止めることが出来たのです。

岡部正先生に出会う前は、不眠症で睡眠薬や精神安定剤の薬の他に、血圧も高かったので血圧を下げる薬も服用してましたし、頭痛持ちでもあったので頭痛薬も常備しておりましたが、岡部正先生にお世話になってからは、頭が痛くなることもなくなったので頭痛薬も不要になりました。

健康を維持するために、毎月血液検査を受けに行き、時々栄養指導を受けております。

健康で健全な生活を送るためには、良い医師との出会いも大切ではないかと思います。

どんな仕事もストレスはあるのではないでしょうか?

ストレスに押しつぶされてしまっては困りますし、薬でごまかすのも如何なものかと思います。

私は、耐えられるストレスの度合いを決めておりますので、「これ以上この生徒さんを教え続けるのはストレスが大きくなり耐えられなくなる」と判断した場合は、大変申し訳ないのですがレッスンをお引き受けできなくなる場合もございます。

先週、発達障害のお子さんの体験レッスンのお申し込みが有り、カウンセリングの予約を承っていたのですが、前々日の夜に急用が出来たので〇〇曜日の〇〇時間以降か〇〇曜日の〇〇時間以降に変更して欲しいと前々日の夜にメールが送信されてきたのですが、どちらの曜日も空いている時間がなかったということもあるのですが、お電話で別の曜日でもというお話もされていたのですが、時間に対しての考え方が私とは異なり、電話でお話をさせていただく中でレッスンに対しての考え方も私とは異なるように思いましたので、お断りをさせて頂きました。

「僕のおうちにもグランドピアノが来たよ」と、3歳の生徒さん。結城美帆子

レッスン室に入って来るなり「僕のおうちにもグランドピアノが来たよ」と、3歳のピアノのレッスンを始めたばかりの生徒さんが教えてくれました。

「3人来たんだよ」とも教えてくれました。

お母様のお話だと、最初は2人で来たそうですが、うまく入らなくて、一度戻って3人で来たとのことです。

以前は、ピアノの運送は3人一組で行っていたと思うのですが、今はピアノの運送業界も人手不足なのでしょうか?

ピアノの運送は特殊な技術が必要ですからね。

でも、無事にお部屋に納められて何よりです。

マンションの場合は、玄関からしか入れられないので、一戸建てよりも難しいのです。

ピアノは脳を最大限に使います。結城美帆子

ピアノは、脳を最大限に使って弾きますので、脳の血流が良くなり認知症の予防にもなりますし、発達障害の改善も期待できます。

ピアノは、左右両方の手で弾くので、脳梁が太くなります。

ただ、生徒さんの中には、楽譜を片手しか見ないで弾く人や、やたらに見落としをして、正しく弾けない人がおりますが、このような方は、脳を最大限に使うことができていないと思われます。

例えば、見る脳番地に何らかの障害がある場合は楽譜の見落としが多くなるかもしれませんし、考える脳番地に何らかの障害がある場合や記憶の脳番地に何らかの障害がある場合も楽譜の通りに弾くのは難しいかもしれませんが、逆の言い方をすれば、ピアノが正しく弾けるということは、脳を使えているということです。

これまで多くの発達障害のお子さんを指導してきましたが、共通していることは、譜読みが遅いということです。

定型発達のお子さんであれば、譜読みで苦労することはなく、3ヶ月程度で必要な音符はスラスラ読めるようになるのですが、自閉症スペクトラムやADHD・LDなど発達障害のお子さんは、音符カードや譜読みのドリル・ノートで書いたりしても、スムーズに読めるようになるまでに時間がかかります。

時間はかかりますが、続けていれば読めるようになりレベルアップしていきますので、おそらく脳を使ったピアノのレッスンを受けることで脳が何らかの刺激を受け、脳が改善され結果的に発達障害の改善がされているのではないかと思います。

私のレッスンは、特に脳を使わせますし、考えされますし、判断させますし、自分の気持ちや考えていることを声に出して言わせるようにしておりますので、相当脳を使っていると思いますから、脳が鍛えられ地頭が鍛えられていると思います。

健康で長生きする為には、そして介護保険を行使しない為には、脳は大切です。

脳を動かすのは、心臓ですから、心臓を大切にしましょう。

心臓がダメになると、脳に血液が行かなくなり、死にます。

心臓を守る為には、生活習慣病にならないようにすることが重要です。

食事と運動、そしてストレスを溜めない事が大切です。

発表会。結城美帆子

大人の生徒さんが、レッスン室に飾ってある発表会の写真を見ていたので、「参加されますか?」と伺いましたら、「いいえ私は、もっと弾けるようにならないと恥ずかしいから、皆さんはどのくらい弾けるようになると参加しますか?」とおっしゃいましたので、初めて間もない方でも参加されている方もおります。」と申し上げました。

本当は参加したいのかもしれないと思いましたが、後期高齢者の方は体調も心配なのであまり強くはお勧めしないようにしております。

大人の生徒さんも参加できますから、発表会に参加されたい方は遠慮なくお話しください。

3月に年度末の発表会を予定しております。

毎回思考を変えて行いますので、楽しみにしていてください。

私が母の介護をしていた為、ここ数年は発表会ができませんでしたが、今年度は久しぶりに行えます。

【子供のピアノ・大人のピアノ・障害者のピアノ】生徒募集中。結城美帆子

3歳〜70歳まで初心者の方、募集しております。

個人レッスンですから、レッスンがうまくいく為には、お互いの相性も大切と考えております。

指導理念や指導方針など、当教室の考え方や方針にご賛同頂けましたら、入会を強くおすすめするようなことは致しませんので、お気軽に体験レッスンにお越しくださいませ。

体験レッスンのお申し込みは、体験レッスンお申し込みホームからお願い致します。

平日は、若干空き時間があります。

土曜日は、17時30分〜18時30分に空きがあります。

日曜日は、今のところ空き時間はありません。

カウンセリングや体験レッスンの初回は、日曜日の午後に申し込み順に予約を承っております。

発達障害と認知症。結城美帆子

発達障害も認知症も脳の障害なので、ピアノを弾く時に現れる症状は、発達障害も認知症も同じです。

発達障害と認知症の違いは、発達障害はもともと欠如しているけど、認知症はだんだん衰えていくということです。

発達障害と認知症の共通していることは、両方とも、自分では自覚ができないということです。

自分で自覚ができれば、自分で予防改善ができますが、残念ながら発達障害も認知症も自分では自覚ができないようです。

でも、わからないことが幸せということもあります。

人間は、いつか必ず死ぬということはわかっていても、はっきり「いつ」ということがわからないから生きていられるということもあると思います。

認知症を患った人は、自分が認知症ぼけたとは思わないから、本人は周りが想像するほど辛くはないように思います。

私は、脳血管性の認知症を患った祖父母と母を自宅で介護しましたが、認知症を患ったから辛いというようには思えませんでした。

私が精神分析学を学び、精神分析学観点から観察していたからかもしれませんが、人間てそういうものではないでしょうか?

本当に辛いことや辛かった思い出などは、認知症になると忘れるようです。

忘れられる幸せということもあるのではないでしょうか。

精神分析学では、人間の言動には意味があると考えます。

精神分析学観点から、発達障害の研究もされております。

私は、発達障害も認知症も、大変とも不幸とも思わないのです。

発達障害も認知症も、その人が生きる為に必要なことなのではないかと思うのです。

生きる為に自らがした一つの選択だったのではないかと思うのです。

生きていくというのは、大変なことです。

辛い経験もたくさんします。

忘れたいこともたくさん経験します。

自分一人の心にだけ止めて、あの世まで持っていかなければならないこともあります。

私は戦後生まれですが、戦争を経験された方々は、人には言えないことをたくさんたくさん抱えているのではないかと思います。

祖父母と母を介護していて思ったことです。

認知症の人が言っていることにも、すべて意味があるのです。

母が脳梗塞を発症し認知症を患ったとき、穏やかな最期を迎えさせたかったので、精神分析療法を試しました。

精神分析療法は、心の葛藤を昇華させ穏やかにすることが可能な心理療法です。

発達障害の子供も、意味があって発達障害で産まれてきたように思うのです。

自閉症スペクトラムの人は、コミニケーションが苦手と言われますが、人と話すと自分が飲み込まれてしまう恐怖を感じているとある本に書いてありました。

また別の本には、発達障害の人は、母親が妊娠中に血糖が高くなった人や帝王切開でブドウ糖を点滴した場合、子供は低血糖症になっていたかもしれないと書いてあり、低血糖が脳に影響したのではないかという内容でした。

血糖値の乱高下は、最近問題にされておりますが、出産のときに血糖値の乱高下を経験するとどうなるのでしょうか?

血糖値の乱高下は、血管を傷つけ動脈硬化を進めると言われております。

発達障害に良い食事という著書もありますが、生活習慣病を予防する食事と同じです。

知らず知らずに体に悪いものを食べさせていないかチェックしましょう。

白いご飯は❌、小麦も❌、牛乳も❌、スナック菓子は危険な油が使われているので❌、体は脳も食べたもので出来ているのです。

健康で長生きするために重要なこと。結城美帆子

健康で長生きするために重要なことは、健康で長生きできる生活習慣を身につけることではないかと思います。

「定年になったら健康的な生活をしよう」とおっしゃる方がおりますが、遅いと思います。

病気は、生活習慣が積み重なって発症するように思うのです。

生活習慣病という言葉もあります。

厚生労働省は、増え続ける医療費の抑制のため「2020年9月までにクスリのジェネリック使用率を80%に上げる」という数値目標を立て、目標を達成するために、病院や薬局にメリットが与えられる「後発医薬品使用体制加算」を設けました。

後発医薬品(ジェネリック)を処方すると、診療報酬や調剤報酬の保険点数が加算されるのです。

ジェネリックの割合が、85%以上の場合は5点=50円、75%以上なら4点=40円、70%以上だと2点=20円、保険点数が加算されるので、当然患者の支払いも増えるのです。

ジェネリックを処方すると、病院やクリニック、薬局は、仮に50円の加算が行われたとすると、1000枚の処方箋だと、ひと月150万円、1年間で1,800万円近い増収になります。

2018年10月1日に生活保護法が改正され、生活保護法の指定機関として認定されている病院やクリニックでは、原則としてジェネリックを積極的に生活保護受給者に処方しなければならなくなりました。

日経メディカルの分析によると、医師国民健康保険組合=医師国保と言われますが、ジェネリック使用率は58.2%で、地域別に統計を見ると36.4%という平均値の半分ほどしか使用していない組合もあったそうです。

全国で診療に携わっている医師やその家族、それにスタッフのジェネリック使用率は低いのです。

なぜでしょうか?

先発薬と後発薬(ジェネリック)は、まったく同じということではないのです。

2018年7月、高血圧の患者さんに処方されているジェネリックの一部から、発がん性物質が検出されたと報じられました。

医療関係者とその家族は信頼性が高い先発薬を使用して、貧困者や庶民は信頼性が低いジェネリックをしようということなのでしょうか。

東京では、自由診療のクリニックが増えてます。

厚生労働省に縛られず患者のための医療を行うためには、自由診療をするしかないとお考えのお医者たちが増えてます。

医師は、保険診療でも自由診療でも収入は変わらないようですが、すべての人が自由診療を受けられるということではないと思うので、国民皆保険は守ったほうが良いと思います。

平等に医療が受けられるということはないのです。

自分の健康は、自分で守るしかないのです。

その為には、健康で長生きできる生活習慣を身につけることが重要と思います。

習慣を身につけることは、簡単なことではないです。

ピアノが上達する為には、毎日の練習が習慣になる必要があります。

ピアノのレッスンで培った習慣を身につける方法を習得された方であれば、健康で長生きする為の生活習慣を身につけることは容易いことでしょう。

その証に、音楽に携わってきた方々は、健康で長生きをされている方が多いと思います。

97歳でお亡くなりになられた声楽家の栗本尊子先生、102歳でお亡くなりになられた丸山徳子先生、104歳でお亡くなりになられた日野原重明先生、作曲家の高木東六先生も100歳を超えてお亡くなりになられたと思います。

ピアノのレッスンで、健康で長生きできる生活習慣を身につけましょうではありませんか。

体験レッスンをお申し込みの方へ。結城美帆子

体験レッスンのお申し込みは、体験レッスンお申し込みホームからお願い致します。

時々、お問い合わせホームから体験レッスンのお申し込みを頂く方がおりますが、再度体験レッスンホームからお申し込みをして頂いておりますので、よろしくお願い致します。

体験レッスンのお申し込みは、1回です。

時間は、貴重な資源と考えておりますので、特別な場合を除きいったんお受け致しました予約の変更はご遠慮願っております。

発達障害について。結城美帆子

NHKの発達障害プログラムの結果では、発達障害は15人に一人いるとのことです。

私の教室にも、医師の診断を受けていない子供でも「発達障害かもしれないな」と思う生徒さんが数名おります。

発達障害でも、本人が社会で生きていくのに問題がなければあえて医師の診断を受けなくてもよいのではないかと思います。

あえて発達障害のレッテルを子供に貼らなくてもよいのではないかと思うのです。

発達障害の診断を受けると、医療費やデイサービスなどで金銭的な支援や、その他色々な支援が受けられますが、保健所や警察など行政から監視の対象にもなり、発達障害は精神科で扱いますので、本人や親の同意がなくても行政の権限で精神病院に医療措置入院をさせられることもあります。

一般のクリニックや病院のカルテの保管義務は5年ですが、精神科はもっと長いのです。

私を信頼してくださっている方に対しては、医師の診断を受けなくてもピアノのレッスンの中で、発達障害の改善もできるようにレッスンを進めております。

私は、医師ではないので診断をする権利はありませんが(医師法により医師以外の人間は診断ができません)、心理学や精神分析学を学んでおり、40年の指導経験で培った知識と心理学や精神分析学の観点から、定型発達と発達障害の子供の違いがわかるようになりました。

数年前までは、発達障害が疑われた場合、専門の病院の受診をお勧めしておりましたが、なんと全員が発達障害の診断を受けてしまいましたので、現在は親が受診を望まない限りお勧めは致しておらず、発達障害はその子の個性と思って改善できるようにレッスンを進めております。

診断を受けても、発達障害の根本的な治療はないのが現状なのです。

でも、その子の特徴をわかって改善することは可能です。

発達障害の子供は、見え方や感じ方、色々なことが一般的な人と違うようなのです。

先日の発達障害の子供のレッスンで、この子は知的障害もあるので音符は読めないので、右手は黒鉛筆でカナをふり、左手は赤鉛筆でカナをふり、弾かせているのですが、この子は赤がわからなかったようで、「これは何色?」と聞いたら「オレンジ」と答えたのです。

それがわかったら、左手も弾けるようになったのです。

発達障害の子供は、このようなことがたくさんあるのです。

こちらの見えていることを発達障害の子供に押し付けようとしてもダメなのです。

発達障害の子供の特徴に一つに「おうむ返し」がありますが、自分のことをわかってもらえないから、諦めて相手の顔色を見ながら相手に合わせるという手段を編み出したのではないかと思うのです。

人間誰だって最初から赤色を認識できたわけではなく、周りの大人が「これは赤」と教えたからです。

言語なのです。

ラカン派の精神分析は、「言語の世界」とか言って言語をとても大切にします。

ラカン派の精神分析を学ぶ人たちは、自閉症の研究もしております。

私もその一人で、私はピアノのレッスンを通して自閉症の研究をしております。