すべての人にピアノの楽しさと音楽の喜びを、音楽で人生の質と価値の向上をめざします。

【ピアノ・ソルフェージュ・楽典】5歳〜65歳まで初心者お試し3回コースただいま無料。☆「どれみふぁそらし」と「12345」の読み書きができる方で、家に練習できるピアノがある方もしくはご用意可能な方(88鍵の電子ピアノは可、キーボードは不可)。ゴールデンウイーク中もお受けしております。

幼児〜熟年まで初心者歓迎、自閉症や学習障害・ADHDなど発達障害の方も歓迎、ピアノを楽しみたい方は老若男女問わず健常者も障害がある方も歓迎です。基礎を丁寧に初歩〜上級迄レッスンします。グランドピアノ2台でのわかりやすく楽しく上達できる個人レッスンです。ピアノ二重奏も楽しめます。お一人お一人の生徒さんのお心に寄り添い、それぞれの目的や目標が達成できるようにレッスンします。

絶対音感は臨界期が有りますが、ピアノは何歳から習い始めても弾けるようになります。ピアノを始めるのに遅いということはございません。当教室には、80歳を過ぎてお始めになり楽しんでおられる生徒さんや、小学5年生からレッスンを始めて現役で武蔵野音楽大学のピアノ科に合格した教え子もおります。「習ってみたい」と思った時が一番の始め時です。

☆リトミックについて………最近は、リトミックが流行っておりますが、リトミックはイタリアの小児精神科医が障害がある子供が音楽に合わせて体を動かすのを見て治療に用いたのが始まりです。当教室では、障害がある子供に対してのみ導入期にリトミックを取り入れております。

渡部由記子先生のメソッド「魔法のピアノレッスン」を取り入れ、わかりやすくわかるまで教えます。

責任ある指導を信条としております。

🔵2019年4月から、保証制度を導入します………【バイエル上巻6ヶ月コース】小学1年生〜25歳までの健常者の方、1回60分で月4回のレッスンを受け家で決められた練習をしたにもかかわらず、バイエル上巻が6ヶ月で終了できなかった場合、指導者の責任としてバイエル上巻終了まで無料で補講レッスンを行います。本人の理解力やご家庭での練習時間によって異なりますが、早い方は3ヶ月で終了し下巻に入っており、遅い方でも6ヶ月で終了し下巻に入っております。

ピアノが上手く弾けるようになる為に、やるべきこと・やり続けなければならないことは、子供も大人も健常者も障害がある人も趣味の人もプロの演奏家を目指す人も、みんな同じです。

演奏技術と心を育み生きる力を養うピアノ教室です。ピアノを学ぶと言うことは音楽を学ぶと言うこと、音楽を学ぶと言うことは遠い国の遠い時代に生きた作曲家の喜びや悲しみ心の傷みに想いを馳せると言うことです。ピアノを演奏すると言うことは、作曲家の喜びや悲しみ心の傷みに想いを馳せ、自らの心と身体を通して作曲家の想いをピアノと言う楽器を使って演奏すると言うことです。ピアノを深く学んだ人は、他人の心の傷みに想いを馳せることができ思いやりのある優しい人間に育ちます。そして、柔軟な心と強い精神力を持ち自立した人間に育ち、社会に貢献できる人に育つことでしょう。そんな人間に育って欲しいと願ってピアノを教えております。

結城美帆子のピアノ指導の目的は、ピアノの指導を通して、①人々を幸せに導くこと。②お子様においては、人々を幸せに導くことができる人間を育てること。ピアノのレッスンで、目標を達成する方法を身につけて、夢を叶える礎を築いて欲しいと思います。そして、教養豊かな自立した人間に育ち、社会に貢献できる人間を育てたいと思います。③熟年の方においては、ピアノのレッスンで楽しく認知症を予防して健康で長生きして頂くことです。

指導者の結城美帆子は、音楽高校音楽大学で音楽を学んだ他に、心理学やラカンの精神分析学も学んでおり、心理学や精神分析学を活かし、生徒一人一人の心に寄り添い、やる気を維持向上させ、ピアノが上手に弾けるようにレッスンをしております。指導歴は2019年で40年になり、ピアノの指導の他に、心や人生で悩んでいたり生きづらさを抱えている方への自由連想法による精神分析的心理療法と、精神分析的観点から発達障害児へのワーキングメモリを伸ばす脳トレーニングおよび読み書きの指導も行っております。

お子様は、趣味で楽しみたい方も専門コースへ進みたい方も、レッスン意欲の向上と客観的なレベルの把握と生きる力を養うことを目的として、バロックスタイル・クラッシックスタイル・ロマンスタイル・近現代スタイルの4期が学べるピティナピアノコンペティションに参加します。

ピアノのレッスンは、生きていく上で絶対に必要なものではありませんが、脳を発達させ、コンペティションやコンクールなどに参加することにより豊かな人間形成の為に必要な能力『生きる力』を養うことが出来ます。豊かな人間形成の為に必要な能力とは、❶自分で物事を判断する意思決定力……意思決定力を発揮する為には、自分の意思をを自覚し、どのような意思を持てば物事が良い方向へ進むかを見極めなければなりません。意思の決定を他人任せにせず、自分で決定することも必要です。意思決定力を磨くことで後悔のない選択をし、人生を切り開いていくことができるようになります。❷意欲や好奇心を持って自主的に行動する主体性。

☆『生きる力』とは、1996年文部省の中央教育審議会が、問題解決能力や、自制心、協調性、思いやり、豊かな人間性などの全人的な資質や能力を指す言葉として用いて以降、教育上の目標として用いられるようになりました。

ピティナピアノコンペティションは、就学前〜大人まで参加でき、A2級(就学前)・A1級(小学2年生以下)・B級(小学4年生以下)・C級(小学6年生以下)・D級(中学2年生以下)・E級(高校1年生以下)・F級(高校3年生以下)・G級・特級・グランミューズと有り、ソロ部門の他に、連弾部門と二重奏部門も有ります。毎年3月1日に課題曲が発表になり、5月下旬〜7月下旬に地区予選が有ります8月上旬に地区本選、8月下旬に全国大会が有ります。10点満点で、7点以上で地区予選入選ができ、8.5点以上で地区本選に出場でき、9.5点以上で全国大会に出場できる可能性が有ります。当教室において2018年は、1人は残念ながら地区予選奨励賞で目標を達成することができませんでしたが、他の皆さんは地区本選に出場できそれぞれの目標を達成することができました。地区予選入選や地区本選出場など、それぞれに目標を持って頂き、それぞれの目標が達成できるようにレッスンをしております。10歳までにレッスンをお始めになれば、C級から参加できます。レッスンをお引き受けした全ての子供が、途中でピアノのレッスンを止めることなくF級まで参加して頂けることを願っております。毎日の練習時間により異なりますが、ショパンのエチュードやベートーベンの三大ソナタなど上級レベル(F級レベル)の曲は、10年〜15年で弾けるようになります。ピアノは、他の習い事と異なり、レッスンに通うだけではなく、お家でも毎日継続した練習が必要ですが、当教室では、それぞれの生徒さんが無理をせず続けられる練習時間でこなせる課題を与えております。ピアノの練習は、ピアノを習い始めた時から生活の一部とお考えいただくとよろしいかと存じます。

コンペティションは、他人と争う場ではなく、自分自身がレベルアップする機会で、自分の可能性をおもいっきり伸ばすための絶好のチャンスです。コンペティションに参加することにより、やる気スイッチがオンになり、忍耐力や継続力そして柔軟な心と強い精神力が育まれ、目標を達成する方法を身につけることができ、生きていく上で重要と言われている非認知能力『やり抜く力』が育ちます。

40年になる指導経験から、子供がピアノをやり抜くためには、最低でも小学校を卒業する時にはピティナピアノコンペティションC級(小学6年生以下)の課題曲が弾けるレベルになっていることが必須ではないかと思います。ピティナピアノコンペティションに参加している生徒さんたちは、皆さん中学高校とピアノを続けておりますが、ピティナピアノコンペティションの課題曲が弾けるレベルにない生徒さんたちは小学校卒業で「勉強が忙しくなるのでピアノをやめます」と皆さん同じ理由を言っておやめになりました。ピティナピアノコンペティションに参加できるレベルの人たちの中には、ピアノのレッスンを続けながらでも東京大学に現役で合格した角野さん(2018年特級グランプリ)や名古屋大学医学部に現役合格した沢田さん(2018年特級セミファイナル出場)もおります。

自閉症やアスペルガー症候群・学習障害・ADHDなど発達障害のお子様は、脳科学と精神分析的観点から、発達障害の予防と改善を目的として、社会の中で自立して生きていけることを目標にレッスンをしております。詳しくは『つくば精神分析療法室』のホームページをご覧ください。体験レッスンのお申し込みも『つくば精神分析療法室』からお願い致します。https://www.bunsekiroom.com.

大人は、心と体の健康と熟年の方は認知症の予防を目的としてレッスンをしております。日本認知症予防学会が「ピアノは、認知症の予防に効果有り」と公に発表をしております。ピアノで楽しく認知症を予防して、健康寿命を延ばしましょう。レッスン室には、腕を入れスイッチをオンにするだけで血圧が測れる血圧計を置いてありますので、健康チェックにご利用頂けます。

音楽は、人間の心や身体に働きかけて、私たちを幸せにしてくれる素敵なお友達です。音楽は、人間の心を健康にしてくれる素敵なお友達です。音楽とお友達になると、思いやりがあり感情のコントロールができる人間的な心が育ち、「生きる力」が育まれ、高い知性と理性を持った地頭の良い素敵な人になれます。音楽は、世界に魂を、心に翼を、想像力に飛翔を、悲しみに魅力を、そして、あらゆるものに陽気さと生命を与えてくれます。それは秩序の本質であり、また、善であり真であり美であるものすべてにつながってます。音楽とお友達になり、心豊かな人生を送りませんか。音楽は「生きる力」となります。

IMG_1581home_002