結城 美帆子 のすべての投稿

コンペティションは二人三脚と言いますが。結城美帆子

私は、二人三脚とは思いません。

コンペティションは、子供が自分で考えて、子供自身が参加すれば良いことで、親がハッスルし過ぎるのは子供の主体を潰してしまう危険があります。

コンペティションは、子供自身が成長する為のものです。

親子で参加するものではないです。

親は、サポーターになってあげてください。

親は、結果を期待しないようにしましょう。

親は、「失敗してもいいんだよ」ということをいつも子供に発信してあげてください。

親は、いつも暖かい愛情でお子様を見守ってあげてください。

お母様お父様の愛情が、子供の自分を信じる力の素となります。

ピアノのレッスンは努力できる人を育てているわけではありません。結城美帆子

現在、ピティナピアノコンペティションの真最中で、参加される人は毎日一生懸命に練習をしていると思いますが、本来のピアノを習っている目的を見失わないようにしましょう。

けして、努力することを目的にならないようにしましょう。

ピアノが少しでも上手になりたいからレッスンにお越し頂いているはずです。

ピアノが上手くなりたいと願っている人に、努力が必要でしょうか?

どうぞ、ピアノを弾くことを楽しんでください。

コンペティションは、楽しさの延長上にあるはずです。

親は子供に期待をしないようにしましょう。

親が子供に少しでも期待をしてしまうと、子供は主体が無くなり親の期待に応えることが目的になってしまいます。

親が期待をしているというそぶりも子供に感じさせないほうが良いです。

その為には、結果に反応しない事です。

子供の成長の過程を認めてあげることです。

心理学的な観点からも精神分析的な観点からも、子供は親を観て(親の反応)自分の存在を確かめているようなところがあります。

一般的な子供は、自我の芽生えと共に親から離れなれるようになり、自分で考えて自分で判断し行動できるようになるのですが、自閉症の子供は主体が無いので、他者の存在がないと自分では◯なのか✖️なのかが判断できないのです。

自閉症の子供は、親や指導者が◯と言っているから、または怒っていないみたいだから、とか常に相手の顔色や言葉で、これは◯で、これは✖️なんだなと判断しているようです。

当教室に通う自閉症の子供たちは、レッスン室を出ると、付き添いの親御さんに「今日は良くできた?」と毎回聞いています。

私が「頑張って練習してきましたね、良く弾けるようになりました」と褒めて花マルを書いているのですが、それでも彼らには良くできたという実感がないようです。

ラカン派の精神分析家の向井雅明氏は、「自閉症者は主体が無いわけではなく、怖くて出せないだけだ」と申しておりますので、私は彼らの主体を引き出すように心がけてレッスンをしております。

自分の人生を生きていく為に大事なのは、探究心を育てる事ではないかと思います。

自分で考えて、判断し行動できることが必要なのではないかと思います。

コンペティションへの参加も、自分で目標を設定し、どうすれば目標が達成できるかを考え、もし失敗した時は、なぜ失敗したのかを考え失敗の経験を次の段階へとつなげていける人になって欲しいと願っております。

指導者も親も深い愛情を持って全力でサポートをするだけしかできないのです。

コンペティションは、一度舞台に上がって演奏を始めたら、全て自分で考えて判断し行動しなければならないのです。

演奏を始めて、もし、途中で間違えてしまっても、止まってしまっても、指導者も親も助けるすべはないので、どんなに幼い子供であっても、自分でどうするかを考えて(途中で弾くのを止めて棄権するか、頑張って演奏を続けるか、瞬時に考えて)判断し、行動しなければならないのです。

私は、受験生を長く指導しておりましたので、ピティナを始めてまだ10年少々なのですが、今まで一度だけ演奏中途中で止まってしまって、そのまま固まってしまって動けなくなり、係りの人が舞台袖から出てきてお子供を椅子から下ろしたというのを一度だけ見た経験がございます。

会場は、シーンとしました。

コンペティションは、自立の経験ができるのです。

コンペティションへの参加は、結果ではなく、成長とお考え頂くと良いと思います。

参加のさせ方にもよりますが、コンペティションは子供を大きく成長させてくれますよ。

目標を達成する為には、何をどうすれば良いかを頭と体で身につけることができるようです。

その為にも、子供が自由に考え判断し行動できるように、親は子供に期待をせず親ができることでサポートをしてあげることです。

練習の環境を整備してあげたり、レッスンの付き添いも大きなサポートです。

5歳3ヶ月になるお子さんがお試しレッスンにお越しになられました。結城美帆子

幼稚園の年長さんです。

軽度の自閉症スペクトラムとのことです。

明らかに自閉症スペクトラムの特徴が見受けられます。

一度教えると覚えてしまいます。

記憶力がすごいお子様です。

アスペルガー型自閉症のお子様は、記憶力が優れている方が多いので理論的に教えると理解しやすいように思います。

精神分析の技法も取り入れたピアノのレッスンをしております。結城美帆子

私は、一般の生徒さんにも精神分析の技法を取り入れたレッスンをしております。

意欲が感じられない生徒さんに対して「指導者としては言ってはいけない事だけど、今日はやる気がなくて、、、、」などと申し上げたりします。

精神分析の技法の「解釈」を生徒さんに与えます。

生徒さんは、上のような事を私に言われて、何かを感じるか感じないか、想起されます。

想起が自分に向きます。

精神分析家は、患者に色々な方法で解釈を与え、患者に想起させ、患者の心を動かし、精神分析の作業は進んでいきます。

精神分析は、患者にカウチで自由に話してもらう自由連想ですが、私はピアノを媒介に精神分析を行っているようなものです。

人間力がないと良い演奏はできませんので、人間力を育て良い演奏ができるように、精神分析の技法を用いながらピアノのレッスンをしております。

生徒さんたちは、お気付きになられていないと思いますが。

初心者の段階からピアノ二重奏を取り入れている理由も、心を動かす為でもあります。

色々な感情を体験する事で、豊かな感性と豊かな心が育ちます。

初めてピアノ二重奏を経験する時、子供たちはみんな大きな音で弾きます。

子供達の心理がよくわかります。

何度か経験していくと、自分がメインのところと、抑えるところがわかるようになってくるようです。

ピアノ二重奏で相手を思いやる気持ちが育つのです。

ピアノってすごいですね。

趣味の方へも常に真剣にレッスンをしております。結城美帆子

わたくし結城美帆子は、趣味の方へも常に真剣にレッスンをしておりますが、大人の生徒さんで、しょっちゅうお約束したレッスンの時間に遅刻をされてお越しになられる方がおります。

現代は、メールという気軽に連絡を出来るものがあるかもしれませんが、困惑しております。

「レッスン料を支払っているのだから遅れるのはこっちの勝手でしょ」と言われるかもしれませんが、申し訳ないのですが、私のモチベーションが下がるのです。

遅刻をされた生徒さんにレッスンをする時だけでなく、その日のモチベーションが下がるので、後の方への影響があるのです。

ほとんどの生徒さんは、きちんとレッスン時間を守ってお越しくださっているのですが、、、、、

「良い演奏は、しつけから」と申しますように、お子様に対しては注意を致しますが、大人の生徒さんに対しては限界が来るまでは何も申し上げません。

改めて生徒の皆様にお願い申し上げます。

お互いに気持の良いレッスン時間を共有さする為に、時間厳守でお願い申し上げます。

仕事の都合とか、交通状況などで遅刻をされるのはわからなくもないのですが、私の性格上ストレスを感じるので、宜しくお願い申し上げます。

夏風邪が流行りだしているのでしょうか?結城美帆子

今日は、発熱で生徒さんがお二人レッスンをお休みされました。

お二人とも、発熱と喉の痛みで、お一人の方はプラス咳が出るとおっしゃっておりました。

来週の土日は、龍ヶ崎地区でのピティナピアノコンペティション地区予選がありますので、来週お受けになられる方は、十分な体調管理をしてください。

溶連菌も流行っていると聞きましたので、手洗いを習慣にしましょう。

イノベイターしか生き残れない時代。結城美帆子

起業家精神とは、衣食住と同じくらい人間の本性に根ざしたもので、みずからの知恵と努力と才覚生きていこうとする生々しい生存欲求です。

個人でピアノ教室を経営しているピアノの先生もイノベイターです。

ヤマハ音楽教室や河合楽器の音楽教室その他音楽教室に雇われているピアノの先生は、イノベイターではありません。

終身雇用も崩れるでしょうから、起業家精神を身につけることが必要になってくるでしょうね。

私自身イノベイターですから、ピアノのレッスンを通して、みずからの知恵と努力と才覚で生きていこうとする起業家精神を身につけて、AI時代来たる大変化の時代を生き抜くことができるイノベイターを育てたいと思います。

アメリカでは、50年以上にわたり天才発掘プログラムを研究しており、ギフテッド教育が行われております。

日本では行われておりません。

ギフテッド教育心理学者の研究として有名な、モントリオール大学のフランソワ・ガニエ教授によると、「未訓練かつ自発的に表に出る自然な能力のことをさし、少なくとも一つの分野で同じ年齢の子供たちと比べ、上位10%に入る能力を持つ子供」とされており、具体的には

①記憶力に優れ、物事を学ぶのが早い

②抽象的で複雑な概念を理解するのが早い

③就学前から読み書きができる

④特定の感覚が鋭敏

⑤長時間集中していられる

⑥ユニークな想像力・空想力がある

⑦パズルなど問題を解くのが好き

しかし一方で

①単純作業が苦手

②時間にルーズ

③人の話を聞かない

④人の気持ちを想像できない、空気が読めない

⑤強いこだわりがある

⑥興味があれば一心不乱に没頭するが、興味がないことは一切無視

といった傾向もあるようで、ギフテッドには発達障がい児も少なくないというデータがあるようです。

アスペルガー症候群や広汎性発達障害者に多く見られる特徴でもあるようです。

現在は、アスペルガー症候群も広汎性発達障害者もカナー型発達障害も一色単に自閉症スペクトラムという診断名になってしまいましたが、私は画像診断を受け特徴を明確にし以前のようにアスペルガー症候群とか広汎性発達障害者とかカナー型発達障害とかADHDとかLDとか細かく分けて診断を受けられた方がその子供に合った教育ができるのではないかと思います。

現在、私の知識と経験から生徒さんの状態を見極めて指導をしている状態なので、正直見極めが大変なのです。

ギフテッド教育は、発達障害の子供の能力を開花させるには非常に良い教育方法ではないかと思いますが、日本では認可されておりません。

フランスにも同じような教育があるようです。

日本でもギフテッド教育が認可されるようになると、発達障害の子供たちの能力をもっと伸ばすことができると思うのですが、残念です。

〇〇ちゃん、練習の習慣がついてきました。結城美帆子

先月、お父様にきつく叱られたようで、練習をしなければやめさせると言われた〇〇ちゃん、今のところコンスタントに練習ができているようです。

今年の2月からピアノのレッスンを始めたのですが、今日はバイエル55番をレッスンしましたので、けして進みが遅いわけではありませんし、覚えが悪いお子さんでもありません。

すごく順調に進んでいる生徒です。

この生徒さんは、「エリーゼの為に」を弾きたいという明確な目標があるので頑張るのです。

先月お父様に練習をしない日が続いた為に叱られた理由は、バイエルの下巻に入って8分音符が出てきたので、上手く理解できず練習ができなかったのではないかと思います。

理解でき弾けるようになると練習をしてくるようになりました。

生徒が、練習をしないのは分からないからです。

一度では理解できない場合もありますから、時間が必要な場合もあります。

私は、バイエル終了まではレッスンで弾けるようになった曲を宿題にしておりますので、弾けないから練習ができないということはありませんが、レッスン時間が足りなくて一回のレッスンで両手で弾けるようにならない時もあり、そのような場合は家で練習がしにくいと思います。

ピティナピアノコンペティションについて。結城美帆子

私が生徒をピティナピアノコンペティションに参加させる理由は、大変化の時代を生き抜く為に必要な力を養って頂くことです。

夢を持ち、夢を叶える為にはどうしたら良いかを考えて、夢を叶えられる人に育って欲しいのです。

「少年少女を大志を抱け」

ピティナへ参加する時も、自分で目標を設定し、目標を達成するにはどうしたら良いか戦略を描き、遂行し時には修正を行いながら、頑張る力を養って頂きたいと思います。

コンペティションは、成功しても失敗しても、生きる為に必要なことをたくさん学べます。

親御さんは、結果を期待することなく環境面で全力でサポートをしてあげてください。

コンペティションが終わった後は、大きく成長し次の目標へ向かうことでしょう。

親が期待をしてしまうと、子供は自分のためではなく親の期待に応えることが目標になってしまいますので注意が必要です。

コンペティションは、親のためでも指導者のためでもなく、自分の成長の為に頑張るのです。

そうすることで、コンペティションから努力することを覚え、自制心も身につき、目標を達成するにはどうしたら良いかを学ぶことができ、夢を叶えられる人になれるのです。

自由にさせることです。

結果は、自己の責任なのです。

変化の激しい時代を生き抜くうえで重要な能力とは。結城美帆子

①日常的に勉強に取り組む姿勢

②みずからモチベーションを維持する能力

③一定時間勉強する集中力

④勉強法を自分で考え、工夫する能力

⑤合格までの戦略を描くプランニング能力

⑥複数の科目をバランスよく勉強する並行処理能力

⑦力を入れる範囲、手を抜く範囲を取捨選択する判断力

⑧点数や順位を上げたいという向上心

⑨競争に勝とうとする闘争心

⑩諦めず勉強を続けられる精神力

以上、コンペティションに参加し続けることで得られる能力です。

社会で活躍している起業家・イノベイターの多くは、ガリ勉しないで進学しているようです。

昨年のピティナピアノコンペティション特級グランプリを受賞された角野さんは、現役で東京大学に合格されておりますが、幼少期からコンペティションに参加をし続けて何度も全国大会に出場されております。

セミファイナルまで進んだ沢田さんも現役で名古屋大学医学部に合格され、コンペティションでは何度も全国大会に出場されて金賞受賞もされております。

それは、根源的な学習能力が高いレベルに育っているからではないでしょうか。