PCR検査ができない理由は?結城美帆子

なんとなくですが、医師会の思惑を感じます。

医師会は、個人開業医が会員になっている団体です。

大きな政治団体でもあります。

医師会のお医者様方は、まだ治療法が確立されていない新型コロナウイルスが感染が疑われる患者が来たら、お医者様方ご自身が感染する可能性が高いから、診察をしたくないのではないでしょうか?

もし、PCR 検査が一般のクリニックや病院で受けられるようになったら、大変かもしれませんね。

閉院が決まった石岡医師会病院の成り立ちを見ればわかると思います。

石岡医師会病院は、お医者様方が夜間や休日の診療をしなくてすむようにと、医師会のメンバーがお金を出し合って開業させた病院です。

開業した頃は、入院が必要な患者さんは、医師会病院に入院させ、医師会病院の医師と開業医のかかりつけ医の2人担当制だったのですが、今は入院が必要な患者さんは、協同病院や筑波大学に紹介している開業医が多いようです。

日本医師会の縛りもあるのではないでしょうか?

開業医の先生でも、患者さんの為に一生懸命にやられている方もたくさんいらっしゃいます。

医師会の縛りも厚生労働省の縛りも患者さんの為に良い医療はできないと、自由診療を行っている開業医の先生もいらっしゃいます。

私が胃カメラと大腸カメラの検査を受けている半蔵門胃腸クリニックは、検査は全て自由診療ですが、院長の掛谷先生いわく、「症状が出てからでは早期発見が難しい」とおっしゃいますし、患者さんの為に良いと思っても保険で使えないクスリもあるとのことです。

患者は、医師を選ぶことが大切かもしれませんね。