昨日のレッスンで

付点8分音符と16分音符のリズムがが上手にできない生徒さんがおりまして、

どうやって教えたら理解できるか色々考えて、「『ソーオファソーオラ』」って言って弾いてって言ったんですが、

生徒さんが「言いたくありません」と申しました。

とりあえず申し上げたことをやっていただかないと、どうやって教えたら良いのかわからなくなります。

レッスンとは、教えを受けにくるわけですから、指導者は、どうやったら生徒さんが上手に弾けるようになるか考えて教えているので、まずは申し上げたことをやっていただきたいと思います。

それができないのであれば、レッスンに来る意味は無いと思います。

〇〇ちゃん渡部先生の一日レッスンでした。

つくば地区本選まで2週間です。

〇〇ちゃんも、お母様も頑張ってます。

私のところへは、ほぼ毎日レッスンに来てます。

大変ですよね。

疲れちゃいますようね。

しんどいですよね。

毎週こんなに努力して渡部先生のレッスンに行くのに、渡部先生からは「その演奏じゃ受かりませんよ」と言われてしまいます。

辛いですよね。

でも、渡部先生も私も、〇〇ちゃんが成長しているのはよくわかっているのです。

今日、お母様と〇〇ちゃんが手を洗いに行っていた時、渡部先生、〇〇ちゃんの頑張りを褒めてましたよ。

お母様も、渡部先生に教えて頂いたように、必死でノートに書かれておりますね。

このレッスンノートは、宝物になりますよ。

すごい価値があるノートになりますよ。

大切にしてくださいね。

〇〇ちゃんも、お母様も、今はとって苦しいかもしれませんが、この経験は、〇〇ちゃんが人生を生きていく上で大きな糧になることは断言できます。

あと少しです。

頑張りましょう。