ピティナピアノコンペティション

今までは怖いと思ったことはないのですが、今年は怖いです。

生徒たちが渡部由記子先生のレッスンを受けているからかもしれませんが、まだ全然仕上がっていない。

経験上3ヶ月前には暗譜で弾けていないと予選を通過するのは無理なのですが、5月30日に1回目を受ける生徒さんは、今日初めて暗譜で弾きました。

いつもの年のペースに比べると遅いです。

今年は、定員に達するのもすごく早い。

これも怖い原因です。

つくば地区は、東京や千葉からたくさん受けに来るような気がします。

6月に受ける人は全国を目指しているから、レベルが高いのです。

今年は、相当気を引き締めて頑張らないと地区予選を通過するのは難しいと思います。

今年は、すっごく心配です。

課題曲も難しいですし、中々伝わらなくて、どう教えたらわかってもらえるか四苦八苦しております。

頑張りましょう。