個性と自主性が重んじられた1960年代のアメリカの個性重視教育

アンナ・フロイトや、エリクソンなどを心理学者が、「思春期の子供は、自由にしたほうが、精神的な成長に良い」と、主張したことがありました。

子供を親や先生の言いなりにせず、自由に振る舞わさせるべきだと主張したのです。

アメリカでは、「ルール」を教えるよりも「個性と自主性」を重んじられ、校則も制服も無く、宿題も出さない、試験もやらない、学びたい科目を自由に選択して単位が足りれば卒業できる「カフェテリア方式」の教育が始まりました。

ところが、こうした自由放任教育は大失敗に終わったのです。

子供たちの心を荒廃させました。

80年代後半には18歳未満の家出が100万件を超え、15歳までの子供の三分の一が麻薬に手を出し、16歳未満の売春が80万人と言う悲惨な状況に陥りました。

学力低下も深刻になり、17歳の子供の13%が日常の読み書きが出来ないレベルであることが判明したのです。

現在のアメリカは、ルールと知識詰め込み重視の教育に大転換したようです。

アメリカの自由放任教育を理想とし、日本の教育制度に取り入れたのが「ゆとり教育」です。

「ゆとり教育」は、校内暴力やいじめを生み出し、大幅に子供たちの学力低下を招きました。

私は、教育とは、社会で生きて行くために必要なことを教えることと考えております。

社会で生きて行くためには、社会のルールを守らなければなりません。

法律を犯せば、警察に連れて行かれるか、責任能力がない場合は精神病院に連れて行かれ、どちらに連れて行かれても、自由を奪われます。

社会で自由に生きる為には、ルールを守らなければ ならないのです。

子供の時に、しっかり教えて欲しいと思います。

もし、子供が「どうして守らなければならないの?」と言ったら、 守らなければ身体を拘束され自由を奪われることを教えれば良いのではないかと思います。

たとえ、子供であっても、悪いことをすれば、親から離され、身体を拘束され自由を奪われ檻に入れられるのです。

子供の場合は精神病院に留置所や精神病院ではなく、児相に連れて行かれます。

子供の幸せの為に、ルールを守ることを教えましょう。

約束を守ることを教えましょう。

決められたことは、守ることを教えましょう。

やって良いことと、悪いことを教えましょう。

心理学的には、「ルール」を作ると子供は伸び伸び育ちます。

ピティナピアノコンペティションに参加される生徒さんへ

新型コロナの感染者が増えてきました。

茨城県の重症者も増えております。

子供にも感染しやすいと言われますので、じゅうぶんな感染予防策を講じてください。

感染したり、感染が疑われた場合は、すべての努力が報われることなく終わってしまう可能性が高くなります。

お子さんの努力を無駄にしないであげる為にも、感染しないように注意をしてあげましょう。

子供を見ていると、よく口に手を入れてます。

口唇的欲求が満たされない時に起こりやすくなる行動です。

大人でも、タバコがやめられない人がおりますが、原因は同じです。

来月から予選が始まります。

ゴールデンウイークは、たくさん練習しましょう。

親は子供の鏡

「コミュニケーションは、あいさつから」あいさつができる子供に育てましょう。

「です」「ます」「はい」が言える子供に育てましょう。

語尾まではっきり言える子供に育てましょう。

「ぼく」「わたし」と言える子供に育てましょう。

自分のことを「〇〇くん」とか「〇〇ちゃん」と呼ぶ幼児や小学低学年のお子さんを時々お見受けしますが、自他の区別がつけられない自閉症の子供に思われてしまいますので、直してあげましょう。

幼稚園や保育園の先生に「〇〇くん」とか「〇〇ちゃん」と呼ばれるから、子供は自分を同じように呼ぶのです。

かと言って、幼稚園や保育園の先生は、他人の子供を呼び捨てで呼ぶわけにもいきませんから、親が教えてあげるしかないのです。

兄弟や姉妹、お祖父さんお祖母さんが一緒に生活をしている家庭環境ですと、呼ぶ捨てで呼ばれますから、自分に「くん」とか「ちゃん」をつけないで、自分の名前を呼ぶ子供が多いです。

精神分析では、「鏡像段階」と言う言葉があるのですが、子供は相手を鏡のように思うようです。

子供は、大人の真似、親の真似をしながら、色々なことを覚え、自己を確立していくようです。

何もないところでは個性も何も育たないのです。

子供がピアノに興味を持つのは、親が弾いているのを聞いたか、幼稚園や保育園先生がピアノを弾いているのを見て自分も弾きたくなるケースがほとんどです。

ピアノを見たこともなければ、弾きたいとは思わないでしょう。

子供は、環境で興味を持つものが変わるようです。

子供に、ピアノが上手な人になってもらいたいと思うのであれば、グランドピアノを家に置き、親がピアノを弾いて楽しい姿を見せることです。

子供に、礼儀正しい人になってもらいたいと思うのであれば、親が子供の前で礼儀正しいことを見せ続けることです。

子供に、挨拶がきちんとできる人に育って欲しいと思うのであれば、親がきちんと挨拶をすることです。

夫婦間でも、お互いに「おはよう」ではなく「おはようございます」と挨拶をすると、子供も「おはようございます」と挨拶をするようになります。

幼稚園や小学校のお受験で、  面談で見るのは「どんな親なのか」を見ているのです。

親を見れば、どんな子供かがわかると言われます。