子どもの「人生を決める」非認知能力の伸ばし方

自分の頭で考える子になる為に大切なこととは。

非認知能力とは、能動的な心情を自分の中でつくり出せる力です。

テストで測ることができる力を「認知能力」、テストで測ることができない力を「非認知能力」と言います。

非認知能力は、これからの社会を生きていく為にとても重要な能力と言われております。

白梅大学子ども学部教授増田修治先生の4歳児へのテストがあります。

Q次の野菜は水に浮くか、沈むか?

⒈ピーマン

⒉キュウリ

⒊ナス

⒋バナナ

⒌リンゴ

⒍ニンジン

⒎ジャガイモ

実際に水槽を用意して順番に答えを確かめながら進めたとのことです。

ピーマンは、水に浮きます。

4歳児も多くが正解したそうです。

ところが、キュウリは、子どもたちの中で答えが分かれたそうです。

ナスもバナナもリンゴも浮きます。

子どもたちは、ニンジンでどう答えたでしょうか?

子どもたちは、浮くと答えたそうです。

なぜそう思うのかと聞いたら、「これまでの全部が浮くから」と答えたそうです。

子どもたちは、ちゃんと考えているのです。

これまでの正解を聞いて、「野菜や果物は水に浮く」と考えたわけです。

でも、答えは「沈む」なのです。

ニンジンとジャガイモは、水に沈みます。

「野菜や果物は水に浮く」という仮説は正しくありませんでした。

でも、新しい仮説が浮かんできませんか?

基本的に、地下で育つものは水に沈んで、地上で育つものは浮きというわけです。

そして、子どもたちは、家に帰って、お風呂に色々な野菜や果物を浮かべてみたのです。

簡単に言えは、これが「非認知能力」です。

このクイズで、何が浮くか浮かないかといった知識を教えようとしたわけではありません。

子どもたちはクイズを通して、自分の頭でたくさん考えたのです。

そして、「面白い」「やってみよう」「調べてみよう」という気持ちになりました。

こういう能動的な心情を、自分の中でつくり出せる力、それが非認知能力なのです。

非認知能力が、認知能力を発達させるという論文もあります。

非認知能力が高い子どもはテストの点数も上がるが、テストの点数がいいからといってその子どもの非認知能力が上がるわけではないのです。

子どもの非認知能力を伸ばす為には、子どもの話を聞くことです。

「何かやりたいことある?」と聞いて、一緒に考えることです。

ピアノの練習も、「何時になったら練習に取り組める?」と子どもに聞いて、子どもに決めさせます。

子どもに選択させ決めさせれば、親からすれば「あなたが決めたことでしょう」と言えますし、子どもからすれば「自分で決めたんだからやらなくちゃ」と、自発性や意欲、責任感を養うことにもなります。

約束を守ることを教えておかないとダメですけどね。

親と子どもそれぞれが納得する「一致点」をつくるコミュニケーションをたくさん取りましょう。

そういったことが、子どもの非認知能力を育てることになるのです。

子育て

昨夜は、大きな地震がありました。

30年の間に首都直下型地震が起こる可能性は大です。

新型コロナウイルスという感染症。

変化や逆境の時代において、一生ものの土台となる力や心を養う為に大切なことは何でしょう。

子供たちが、この先不透明な時代を生き抜いていく為の土台として、「自己肯定感」と「非認知能力」が特に必要だと、多くの専門家が言ってます。

「自己肯定感」とは、無条件に自分にOKを出せる感覚です。

「非認知能力」は、やり抜く力、好奇心、他者を想いやる心、コミュニケーション力、自制心など、テストの点数では表せない幅広い力を意味してます。

子育てには、教科書も正解もありません。

ただひとつ大切なのは、子どものありのままを認め、見守ることです。

それだけで、子どもはグングン伸びていきます。

ピアノを教えるのは、指導者の仕事です。

親御さんは、教えるのではなく、お子様と一緒にピアノを弾いたり、深い愛情で見守ってあげてください。

指導は、お任せください。

昨夜の地震

けっこう揺れが大きい地震でしたね。

私は、震度4ではなく5に感じました。

横揺れが大きくて長かったです。

念のため、ピアノを確認してください。

ピアノは動きませんでしたか?

東日本大震災の時は、ピアノが動いたというご家庭がありました。

動いたのを知らずに弾いていると危険ですから、特にアップライトピアノは倒れる危険もあるので、確認しましょう。

ピアノは、絨毯の上に置かないようにしましょう。

床にしっかり足がついているように設置してください。

ピアノが上手く弾けるようになりたいから練習する?

ピアノが上手く弾けるようになる為には練習も必要ではあるけど、

上手いピアノというのがどういうものかわからなければ、

どれだけたくさん練習しても上手く弾けるようにはなりません。

明確で具体的な目指すもの、あんな風に弾きたいとか、あのピアニストのように弾きたいとか、無いと、ピアノの場合は難しいのではないかと思います。

陸上競技などは、具体的に時間とか距離がありますが、ピアノはコンクールに参加しても自分の相対的な順番しか出ないから、美しい音を美しいと感じる感性とか、良い演奏とはどういう演奏なのかわかる感性を育てることが必要なのです。

音楽は、目に見えないもの、形のないものなのです。

目に見えないものや形のないものに価値を見出せるかどうかなのですが、人間が人間として生きていく為には、なくてはならないものです。

愛も、目に見えないもので形もありませんが、人間は人間の愛がなかったら人間として育たないのです。

これは、心理学の実験でも明らかになっていることです。

昔は、施設に入れられた子供たちは、人権を無視した実験をされていたのです。

「真・善・美」が満ち溢れている社会は、人間が幸せに生きられる社会です。

ピアノを深く学ぶということは、「真・善・美」の追究と考えております。

美しいものを美しいと感じる感性を育てましょう。

音楽は、愛の表現です。

愛は目には見えませんが、色々なところにたくさんあります。

子供達に、愛がわかりやすいようにしてあげると、表現力が増すのではないかと思います。

お母さんが、子供の食事を作るのも母親の愛です。

ピアノ教室に一緒にお越しになられて、お子様のレッスンを聴いているのも、お母様の深い愛です。