ピティナピアノコンペティション

ピティナピアノコンペティションに挑戦する生徒さんのレッスンを渡部由記子先生にお願いしようとお電話を致しましたら、予約がいっぱいで夕方2時間でよければとお約束を頂きました。

昨年はコロナで中止になったので、今年は去年の分も頑張ろうとしている人たちが多いのではないかと思いますので、今年のコンペはレベルが高くなるのではないかと想像します。

渡部由記子先生のところへは、コンペティションで全国大会出場を目指して全国からレッスンにお越しになられてますから、学校を休んでホテルに泊って一日レッスンを受けに来ている人も多いと聞きました。

つくば市は近いなんてもんじゃないです。

私も音大を受験する時、東京までレッスンに通っておりましたが、沖縄や九州から飛行機でレッスンに通われている人もおりまして、九州からレッスンに来ていた人に「茨城の人は近いからいいわね、私はレッスン料の他に交通費と宿泊費がかかるのよ」と言われたことがありました。

東京に近い千葉県と茨城県は「チバラキ」と言われて、近いからか茨城と千葉の人は根性が無いと言われてました。

ピティナピアノコンペティションに挑戦する生徒さんは、もうすぐ課題曲が発表になります、今年はいつもの年より大変ですよ、気を引き締めて頑張りましょう。

地区本選出場を目標にされる方は、3月下旬までに4曲が仕上がっていないと地区本選出場は見込みが薄くなりますので、課題曲が発表になったら、一日も無駄にすること無く頑張りましょう。

コンペティションは、2月の一週間が勝負と言われます。

くれぐれもメンタルブロックをかけないようにしてください。

メンタルブロックをかけるのは親です。

よろしくお願いします。

生徒と保護者の皆さまへ

3月まで退会をされる生徒さんは、2月末までに退会届をご提出ください。

3月分のお月謝と一緒にお願い致します。

お互いのモチベーションを維持する為に、退会は年度とさせて頂いておりますが、何らかの事情で年度の途中で退会をされる方も、退会される1ヶ月前に必ず退会届をご提出ください。

指導者も生身の人間ですから、指導計画を立て一生懸命に教えていて、突然メールで「今月で辞めます」なんて送信されると、モチベーションが下がるばかりか指導意欲が下がってしまい、教える気力も無くなってしまう時すらありますので、みんなの幸せの為にも、お教室のルールをお守り頂けることを願っております。

ブルグミュラーコンクールに初めて挑戦して予選を通過できなかった年長の生徒さんが、コンクールが終わった次のレッスンにお越しになられた時に、お母様が「うちの子は、こんな子なので」と、レッスンをお辞めになられた生徒さんがおりましたが、正直、子供にピアノを教えるのが怖くなりました。

このお辞めになられた生徒さんにブルグミュラーコンクールをお勧めしなかったら、ピアノを辞めることはなかったのではないかと反省しました。

こちらが一生懸命に教えても、子供は親次第なのです。

税務署から指導がありましたので、よろしくお願い致します。

医療の恩恵

私は、かかりつけ医とは別に、いざという時に相談できるお医者様の友人が数名おります。

友人のお医者様に診察を受けることは致しませんが、病院や医師など医療関係の情報やどこを受診したら良いかを教えてもらったりすることはあります。

友人の医師も、かかりつけ医の岡部先生も、近くにあったほうが良いのは救急病院とおっしゃております。

救急じゃない状態で救急病院を受診すると、今は多額の医療費を請求されますが、医師も救急と認めた場合は特別な料金は請求されませんし、医療情報提供(紹介状)が無くても診療を受けられますし、紹介状がないと別に支払わなければならない費用も支払わなくても良いことになっております。

つくば市に来て20年少々ですが、小指の腱を切ってしまった時と、尿管結石の時に、2度ほど救急病院のお世話になりました。

小指の腱を切ってしまった時は、夜でしたし、どうしたら良いかわからず友人の医師に電話をしたら「筑波大があるだろう、すぐに行きなさい」と言われて、救急外来を受診し、直ぐに手術をして頂き、大学病院なのに、毎日消毒に通うように言われたので、毎日消毒に通いました。

「もし、少しでも濡らしてしまったら、ばい菌が入ると大変なことになるので、直ぐに来てください」と言われました。

「大学病院てここまでしてくれるんだ」と、大変有難かったですし感謝しました。

医療の受け方、医者のかかり方って、すごく大事に思います。

医者はみんな同じということはないので、良いお医者様に診察を受ける為には、お医者様の情報が必要です。

お医者様にしかわからないお医者様の情報がありますから、人との関係は大事にしておいたほうが良いかもしれませんね。

私がお世話になっているお医者さま方は、一見の患者さんは診ていない方が多く、「あなたが本当に信頼できる人しか紹介しちゃダメだよ」とか言われております。

今は、権利ばかり主張する人が多くなりましたから、信頼してくれる患者さんに最善の医療を提供したいということのようです。

医療以外のことでゴチャゴチャするのは時間がもったいないとのことなのでしょうね。

私も、指導以外のことでゴチャゴチャ言われると嫌になります。

私は紹介が無ければレッスンをお引き受けしないということはありませんし、紹介があるからといって特別扱いすることもございません。

ホームページをご覧いただき、レッスンを受けて見たいと思われた方に体験レッスンにお越し頂ければ嬉しいです。

個人レッスンは、相性も大切なので面談を兼ねた体験レッスンと、お試しレッスンの期間を設けております。

伝えることの難しさ

私の教室には、

発達障がいの生徒さんが多数レッスンにお越し頂いており、

日頃から、

生徒さんが理解できたかどうかを、

こまめに確かめながらレッスンを進めているつもりではいるのですが、

1週間後のレッスンで、

まずはご家庭での1週間後の練習の成果を聴かせていただくのですが、

そこで「伝えきれていなかった」とわかることがしばしばあります。

昨日、

社会福祉士で障がい者施設で仕事をされている生徒さんがレッスンにお越しになられたので、

レッスンが終わってから少しお話をさせて頂きました。

私「障がいがある方に伝えるのって難しく無いですか?」

生徒さん「伝わらないこともたくさんありますよ、伝わらないのは自分の言葉が足りなかったんだな、って思います。」

生徒さん「利用者さんは障がいがある人だから自分の伝え方が悪かったんだなとか、言葉が足りなかったんだなって思いますが、職員で伝わらない人もおりますし、そう言う時は、、、、、」

世の中には、色々な人がおりますからね、発達障がいだから変と言うことは無いように思います。

一般の人の中にも話が通じにくい人はおりますし、時々、話が通じないのは私が変なのかなーとか思ったりすることもあります。

社会の中で生きていく上で、健常者も障害者も関係無いように思うようになりました。

ピアノを教える上でも健常者も障害者も関係無いように思うようになりました。

一般の人の中にも、私から見て変だなと思う人はおりますし、演奏家として活躍しているピアニストの中にも、言動を観ているとアスペルガーの特徴が見られる人もおりますし、バッハで有名なピアニスト・亡きグレングルドは自閉症でした。

健常者も障害者も、自立して生きていければ良いのではないでしょうか。

自立して生きていけるのであれば、障がいは関係ないと思います。

私は、お子様に対しては、一般のお子様も障がいがあるお子様も、ピアノの指導を通して、心を強くして困難に負けない生きる力をつけ自立して生きていける人間を育てたいと思います。

そして、大人になったら、生涯に渡ってピアノを楽しみ心豊かな人生を歩んで頂きたいと願っております。

ピアノは、途中で辞めず上級レベルまでやり抜けば、高齢になっても楽しむことができますし、楽しく認知症の予防もできます。