オリンピック・パラリンピック

私は、オリンピック・パラリンピックの開催は反対です。

そもそも、ここまで商業主義になってしまった競技会に、オリンピックの精神ってあるのでしょうか?

ピアノのコンクールは、参加する人が参加料を支払って参加するのです。

運動系は、ナショナルチームなどと言うものもあり、選手の育成強化の為税金も使われている。

ピアノは、各自がレッスン料を賄わなければならないので、どんなに音楽的な才能があっても、親の経済力によっては開花させられないこともある。

日本国は、運動系のオリンピックだけでなく、文化芸術にも支援をして欲しいと願います。

ピティナは、ピアノのレベルを向上させましたが、日本のピアノ文化が向上したわけでは無く、親の経済力に支えられてのことではないかと思います。

親の経済力に関係無く、才能がある人が才能を開花できる教育を受けられる国になってくれることを望みます。

教育の重要性

今は、インターネットで色々な情報を手に入れることが出来ますが、健康情報で言うならば、自分にとって都合が良いことだけをとる「いいとこ取り」をする人が多いのではないかと思います。

また、高血圧や糖尿病など生活習慣病の人は、薬を服用し始めると、「薬を飲んでいるんだから食事を気にしなくてもいい」と思ってしまう方がおります。

糖尿病から人工透析に早く進んでしまう方は、生活習慣を改善できない人が多いです。

コロナでも、PCR検査を一度受けて陰性だったら、羽目を外してマスクすらしなくなる人が多くなるような気がします。

知らないから出来ることもあります。

国がPCR検査を無症状に人に拡大しないのは、人間の心理も考えてのことではないでしょうか?

今は、感染者を増やさないようにして、医療崩壊を守る為の対策のような気がします。

国民皆保険を守る為には、国民が平等に医療を受けられることが前提です。

コロナに感染して、自宅療養をしているうちに急変して自分で亡くなっている人がいると言うことは、医療を受けられずに亡くなっている人もいると言うことです。

と言うことは、国民皆保険が崩壊しかけていると言うことなのではないでしょうか?

税金を支払って、健康保険税も支払っているのに、医療を受けられないで死んでいくなんてやりきれないですね。

なんか責めるべき矛先が間違っているような気がします。

生徒と保護者の皆様へのお知らせ

今月22日にピティナピアノコンペティション課題曲がマイページで閲覧することができますので、

コンペティションに参加される方は、

レッスンスケジュールの調整が必要な為、

今週のレッスンの時に、

レッスンが始まる前に、

具体的な目標をお知らせください。

23日(祝日)に選曲とレッスンスケジュールを立てる為の面談を無料で行い、

24日のレッスンからコンペティションの課題曲のレッスンに入ります。