ピティナピアノコンペティションに参加される生徒の親御さんへ

自分で練習時間を決めさせ、

守ることが出来たら、

守ったことを褒めましょう。

小さいお子様は、

譜読みや楽譜に書いてあることを覚えるのは、

ゲーム感覚で楽しみながら行うことが良いですし、

小さいことでも出来たことを褒めるようにしましょう。

上手く出来ていない時は、

お子さんに、

出来たと思うか出来なかったと思うか考えさせ、

言葉で答えさせるようにしましょう。

自分の耳で聴いて、

違いを判断できることが重要です。

良い耳とは、

絶対音感が有るということではなく、

違いが聴き分けられるお耳です。

生徒の皆様と保護者の皆様へのお願い

ピティナピアノコンペティションに参加される生徒の皆様は、まずは健康管理・体調管理を行ってください。

健康でなければ、良い演奏は出来ません。

咳や発熱など、風邪の症状がある時や、体調不良の時は、感染症の疑いがゼロとは言えないと思いますので、可能な限り振り替えレッスンを行いますので、お教室にお越しになるのはお控えくださいますようお願い申し上げます。

私がお世話になった亡き東敦子先生からは「体調管理も才能のうち」と言われました。

コンクールは、体調が悪いからと言ってなんらかの配慮をしてくれるということはありませんし、世の中に出ても体調が悪いからとか病気だからとの理由でなんらかの配慮をえられるということはないです。

日頃から、体調管理をしっかりして、いつでも最高のパフォーマンスが出来るように致しましょう。

どんな場合でも、体調不良や病気を言い訳にしない強い心を育みましょう。

コンクールに挑戦することは、ピアノの演奏技術を向上させる為だけではなく、人生を生きる為に必要な能力を身につけることが出来るのです。

ピアノのコンクールの参加して培われた力は、自分の人生を生きていく上で役に立ちます。

ピアノのコンクールで培われた力は、健康寿命を延ばす為にも役に立ちます。

全日本障害者音楽連盟及び日本障害者ピアノ指導者協会の会長であられ、聖路加国際病院の院長でもあられました亡き日野原重明先生は104歳でお亡くなりになられましたし、声楽家の亡き栗本尊子先生は90歳を過ぎてもリサイタルを行っておりました。

日野原重明は、ピアニストを志されたこともおありになられた方です。

音楽は、心と体を健康に保つのに役に立つという証ではないでしょうか。

私が初めて栗本尊子先生のリサイタルを聴いたのは、栗本先生が84歳の時でしたが、20曲以上の曲を全て暗譜で歌われ、シャキンとしたお姿で気高くお美しかったです。

私も栗本先生のように年を重ねられるように努力を怠らないようにしようと思いました。

健康を維持する為には、頑張らない努力も必要みたいです。

要するに、習慣になっていなければダメということです。

努力を努力と思わないようになる為には、相当努力をしないとなれないでしょうね。

頑張りましょう。

ファイト

コンペティションのレッスンに入ると、レッスンが終わるとバタンキューです。

今は疲れていても一晩寝れば朝は元気に起きられるのですが、もっと歳を重ねると疲れが溜まるようになるかもしれませんね。

目標を達成させてあげたい。

頑張りましょう。

働き方改革

今は、公立学校は、担任の先生のご自宅へ電話をかけて相談するなんてことは出来ないようですね。

学校の先生たちも、働き方改革で、生徒や保護者との相談も勤務時間内に学校で行うようですね。

あるお母様が、「昭和の時代の学校とは違いますね」とおっしゃっておりました。

子供は、担任の先生にも相談するのが難しい状況になっているようですね。

人と人との関係が薄くなっているのですね。

ピアノの先生は、レッスンの時間以外でも、無報酬でメールや電話での相談に対応してますから、働き方改革なんていうのは無縁な仕事ですが、こんなせちがない世の中だから、いつでもお金に関係無く相談できる人間が必要なのかな、とも思います。

私が、人生で最大の危機に陥った時、私の命の灯火が消えずに今に至れたのは、精神科医の友人が何度も電話で私の話を聞いてくれたからです。

この精神科医の友人に、あまりにも辛くて「入院させて」と言ったこともありましたが、友人は「精神科に病院に一度入院したら社会復帰が難しくなるから絶対に病院に来ちゃダメだよ。電話をかけてきてもいいから、出られる時は出るから、苦しい時は電話をしてきなよ。絶対に来ちゃダメだよ。」と言ってくれました。

何度も話を聞いてもらいましたが、病院に行ったわけでもないので、私は患者でもありませんでしたし、利害関係はありませんでしたし、友人にお金を払ったことはありませんし、もちろんお金を請求されてもおりません。

立ち直ることができた時、人間は人間の無償の愛によってのみ立ち直ることが出来ると思いました。

ロジャース派のカウンセラーは、「共感」と言う言葉を使うのですが、真剣に生きている人間に対して共感なんて出来ないです。

だから、アドバイスなんて無意味なのです。

自分の道は自分で切り開くしかないのです。

それが出来るのは、人間の愛に支えられていてのことです。

人間の生命力を維持させるのは、医療でもカウンセリングでもない。

人間の無償の愛のみです。

精神科医の友人は、アドバイスや意見を言うことは一切せず、ただ私の話を電話で聞いてくれただけでした。

話をすることで、心の整理ができて生きる力が戻ってくるのです。

人間は、心が弱っている時、マインドコントロールをされやすいので、有料でカウンセリングなどを受け始めると、ドツボにはまりやすくなるので注意をした方が良いです。

私は霞を食べて生きてはいけないので、ピアノの指導料は頂きますが、コンクールで最高の演奏が出来るようにメンタルサポートは、可能な限りレッスンの時間外でも無償で行います。

人間を育てるのに、働き方改革なんて言ってられませんよ。

そんなこと言ってたら、人間を育てることなんて出来ません。

毎日レッスンにお越し頂いております

ピティナピアノコンペティション全国大会出場を目指している生徒さんは、渡部由記子先生の一日レッスンも受けており、3月22日に最初のホールリハーサルがあるので、毎日レッスンをしないと間に合いません。

全国大会出場を目指している人たちは、みんなすごいです。

渡部先生のレッスンに行くまでにやらなければならないことが山ほどあるので、毎日レッスンにお越し頂かないと間に合いません。

本人も親御さんも頑張ってます。

今日は、お指の指定席のレッスンを致しました。

一曲をきちんと弾けると、後はみんな同じなのですぐ弾けるようになりますから心配ないです。

最初の一曲だけしつこいレッスンになりますが、我慢してくださいね。

お指の角度はできるようになってます。

頑張りましょうね。

コンクールは、子供の心を大きく育ててくれます。

税務申告

本日、税理士さんがお越しになりました。

お金のことは、全て税理士さんにお任せしており、私は生徒の皆様がコンクールで目標を達成する為にどうしたら良いかだけを考えてお仕事をしております。

今の税理士さんにお世話になって20年以上になります。

お金はかかりますが、専門家にお願いできることは専門家にお願いするようにしております。

親の代からお世話になっている司法書士の先生からご紹介頂いた税理士さんなので、安心してお願いしております。

心の安定には、信頼できることって大切です。

自分を信じられる力がなければ、他者を信じることは出来ません。

信じるとは、例えば、手術をして失敗して亡くなったとしても、手術をしてくれたことに感謝できるということです。

信じることも自分の責任なのです。

親御さんの中には、我が子に「自己肯定感を高めて欲しい」とおっしゃる方がおりますが、親御さんご自身が自己肯定感が低いと、お子様の自己肯定感を高めることは難しいです。

まずは、親子の関係の中で、子供は親から信頼されることで、自分を信じることができ他者を信じることができるようになるのです。

自己肯定感を高める為に出来ることは、親子で約束ごとを守ることを徹底するのです。

そして、お約束が守れたら、褒めるのです。

最初は、子供が必ず守れるようなお約束じゃなければダメですよ。

そうすることで、「できた」が自信になり、自分を信じられるようになり、自己肯定感が高まります。

褒めて育てるというのは、褒めることができるようにお膳立てをするのです。

なぜなら、子供は、最初は何もわからないですし出来ないですから、褒められるわけないです。

褒めることができるようにしてあげることが大切なのです。

褒めることを一つ一つ育てて行くのです。

親御さんのサポート

ピアノは、小学生までは親御さんのサポートが必要です。

ピアノの先生によっては、「親御さんにご負担がないようにお家で一人で練習ができるようにレッスンしてます」とホームページにお書きになられている先生もいるようですが、私は40年以上ピアノを教えて参りましたが、ピアノは親御さんのサポートが必要です。

コンクールに参加されるお子様の場合は、コンクールの結果は親次第と言っても過言ではないです。

子供は、ほったらかしでは育ちません。

子供は、水をやり栄養を与えないと育ちません。

一週間一度もお子様のピアノを聴かないでレッスンにお連れになられる親御さんがおりますが、お仕事をされている親御さんはお忙しくて毎日練習を聴くのは大変かもしれませんが、週の真ん中だけでもいいですから、正しく練習ができているかどうか確認してあげてください。

幼児や小学生の子供に、一人で練習させるのは無理です。

お子さんの練習を見てあげないで、ちゃんと練習しないのならピアノをやめさせると言って、お子さんが練習しないことを叱り辞めさせてしまう親御さんもおりますが、ピアノが上手く弾けなかったり、私が言った通りの練習が家でできない場合、これまでの経験から、軽度の発達障害が疑われる場合があります。

現在は、アスペルガー症候群も広汎性発達障害も、カナー型自閉症も、すべて自閉スペクトラム症と言う診断名にされてしまったので、知的障害を伴わない自閉症・発達障害の子供が隠されてしまっているように思います。

私は、ラカンの精神分析を学び、自閉症の研究も行って参りましたので、子供の様子や状態を拝見すれば見極めができるようになりました。

学校のお勉強ができないお子さんも、勉強しないからできないのではなく、発達障害でできない場合もあります。

ピアノの練習をしないからからとか、勉強ができないことで、子供を頭から叱りつけるのはやめましょう。

ご相談を頂ければ、専門的なアドバイスも出来ますから、子供を厳しく叱る前にご相談頂ければ幸いです。

お子さんと親御さんの幸せのために、ぜひご相談ください。

確信に変わりました

ピティナピアノコンペティション全国大会出場を目指している生徒さんで渡部由記子先生のレッスンも受けている生徒さんの生徒さんの課題曲の選曲は、

渡部先生がしてくださるのですが、

今朝に渡部先生から連絡が有り、

渡部先生が選曲してくださった曲は、

すべて私が思っていた曲と同じでした。

選曲の連絡を受けた瞬間に「いける」と確信しました。

私の選曲は、間違っていないと確信が持てました。

頑張ろう。

新型コロナウイルスワクチン接種順位について私が思うこと

医療従事者の次は高齢者、

次は基礎疾患がある人、

次は高齢者施設の従業員、

次は60歳〜64歳、

ということになっているようですが、

何か忘れられているように思います。

介護を受けている身体障害者の参議院議員の方が新型コロナウイルスに感染されたとの報道がありました。

想像ですが、

介護者からからの接触感染では無いでしょうか?

介護施設に入所している人たちは、

感染元になることは無いと思います。

外と出入りが自由な人、介護職員が外で感染し持ち込まなければ、施設で感染者が出ることはないのではないでしょうか?

今のワクチンが、

感染を予防する為のものではなく、

重症化を予防するものと言われているので、

介護を受けている人たちを医療従事者の次にワクチン接種をして欲しいと思います。

障害者のことを誰も考えていないように思える。

医療ケアや介護を受けている障害者は、医療者や介護者から非常に感染リスクが高く、感染したら重症化するリスクも高く、命の危険も高いです。

障害者の中からも声を上げる人はいないのでしょうか?