コロナ自殺

コロナに感染して自宅で療養していた女性が、自殺をされたと言う報道がありました。

心のケアを必要な人は、感染した人だけではないと思います。

心は自分でなんとかするしかないです。

普段からの、心を強くしておくことが重要です。

もし、うつ病を発症した場合は、相談機関ではなく、医療機関を受診したほうがベストです。

そして、薬物療法を行ったほうが良いです。

自殺をした方もコロナの治療だけでなく、心の治療を考えてくれる行政の人が1人でもいたら命が助かったかもしれませんね。

自殺を実行される方は、うつ病を発症している場合があります。

ちなみに、私は、精神分析はできますが、カウンセリングはできません。

精神分析を経験してみたいという方は、お声をお掛け下さい。

精神分析とカウンセリングは同じではないかと思われるかもしれませんが、精神分析とカウンセリングは全く違います。

カウンセリングは共感をしますが、精神分析は共感はしません。

精神分析は、自分を自分が受け入れ自分の人生を生きられるようになるのが精神分析です。

精神分析は、自由連想法を用いますが、分析の過程は辛いなんてものじゃないです。

分析の辛さを思えば、コロナが大変ともコロナの生活が辛いとも思いません。

そもそも、生きることってけして楽なことではないです。

生きていくということは、大変なことです。

苦あれば楽ありで、苦を経験したから楽を実感できるのではないでしょうか?

楽しいことばかりだったら、本当に楽しいと思えるでしょうか?

ピアノでコンクールを活用して、目標を達成する力を身につけている人は、コロナに感染しても、具体的な目標を持つことができ、目標を達成する為にはどうしたら良いかを考えることができ、目標を達成できる行動ができるのではないかと思います。

耐えることも必要な時があります。

待つことが必要な時があります。

ピアノのコンクールは、生きる為に必要なことがたくさん学べます。

ピアノで、強い心を育み生きる力を養いましょう。

自閉症発達障害について

自閉症発達障害は、診断は関係ないように思うようになりました。

自閉症発達障害の診断基準では、わからないように思うのです。

最近はネットで色々調べることができますから、ネットの情報を鵜呑みにしているような人もいるように思います。

「場面緘黙」と言う言葉を使う親御さんがおりますが、場面緘黙がどういうものか本当にわかって使っているのかどうか疑問に思います。

自閉症発達障害は、簡単にはわからないと思います。

その子の特徴かもしれませんし、答えがわからなくて緘黙黙ってしまうのかもしれません。

心理士が行う心理検査も、親からの聞き取りで判断しておるようなところがありますから、誘導されやすい親御さんだとわからないと思います。

私が、この子は自閉症発達障害ではないかと思うのは、自閉症についての論文を多数読み、東京精神分析サークルで勉強させて頂いた経験と、自閉症発達障害の子供に30年以上ピアノを教えてきた経験値からです。

ネットの情報に照らし合わせてのことではありません。

そして、最近は、自閉症だろうが発達障害だろうが、ピアノを上手に弾けるように教えることには関係ないのではないかと思うようになっております。

コンサーラを服用している方は、薬の影響があるのか主体的なレッスンが難しいように思います。

発達障害の画像診断もありますが、都内では発達障害の画像診断を行っているお医者はお一人なので、セカンドオピニオンが受けられないのが少々難点に思います。

素人は、医師に言われれば、そうだと思いますからね、できればセカンドオピニオンが受けられればいいですね。

滋賀大学に、発達障害の画像診断ができるお医者様がおり、論文や著書も多数書かれておりますが、遠いですからね。

正しいかどうかは、治療結果で判断できると思います。

ピアノの先生も、結果を出している先生の指導法は結果の通りなのではないかと思います。

楽しいだけのピアノのレッスンをしている先生もいるでしょうし、コンクールで結果を出せるレッスンをしている先生もおります。

ピアノの先生を選ぶ時は、何を目的に習うのかを考えて選ぶと良いと思います。

私は、ピアノを生涯楽しんで頂きたいと思いますので、ブルグミュラーコンクールにおいてはファイナルに参加できるレッスン、ピティナピアノコンペティションにおいては最低でも地区本選に出場できるようにレッスンをしておりますので、基礎はしっかりと教えております。

私の教室は、自閉症や発達障害にかかわらず、ひらがなと数字の読み書きができて、指導者の言っていることがある程度理解でき、指示に従うことができ、指導者とコミュニケーションが図れればレッスンは可能です。

一般の人も自閉症の人も発達障害の人も、求めることは同じですから、障害は関係ありません。

障害という言葉を使うのも嫌になっております。

お医者様の選び方

最近は、自由診療をされるお医者様が増えておりますが、選び方を間違えると、命をも縮めてしまうこともあります。

いつもお世話になっている岡部先生に、お医者様の選び方を伺いましたら、医者が信用できる医者であれば大丈夫とのことです。

セカンドオピニオンを快く思わない医者は、やめたほうが良いかもしれません。

自分の治療法に自信があれば、セカンドオピニオンを拒んだりはしないかもしれませんね。

「お金儲けで自由診療を行っている医者もいるからね」と、岡部先生がおっしゃってました。

私は、病院を紹介されたことはなく、いつもお医者様をご紹介頂いております。

ご紹介されたお医者様たちは、お互いに信頼し合っているように思いますし、プライベートでも仲良しのようです。

岡部先生は、すべての患者さんに名医を紹介できるわけではないとおっしゃいます。

岡部先生も掛谷先生も、どなたかの紹介がある人しか診察されないようです。

信頼してくれる患者さんを精一杯治療したいと言うお考えのようです。

ピアノの先生も、紹介はすごく難しいです。

合わない生徒さんを紹介してしまうと、私の信用に関わってきますので、難しいのです。

音楽大学を受験したいと言う生徒さんは、志望校の教授をご紹介申し上げるのですが、お中元やお歳暮に何をお持ちするのかや渡し方など事細かにお教えしております。

やるべきことをやっていただけないと、次の生徒さんを紹介できなくなってしまうのです。

音楽の世界は、人と人で、人間関係が重要なので、嫌われるよりは、気に入られたほうが良いのです。

コンクールで、同じ点数で、最終的に挙手で金賞を決める時は、自分が教えた生徒に手をあげるのが人間というものではないでしょうか。

私も若い頃あるコンクールの審査員をしたことがあるのですが、自分の生徒に手をあげました。

減量しましょう

コロナで重症化したくないのであれば、減量しましょう。

基礎疾患がある方は、医師の指導のもと病気をコントロールしましょう。

40を過ぎたら、血圧や血糖値を知り、自己管理をしましょう。

血栓を作らないようにしましょう。

定期的に検査を受け、自分の状態を把握しておくと良いと思います。

コロナで死にたくなかったら、今は菓子類を食べるのはやめたほうが良いかもしれませんね。

脳出血と脳梗塞を発症した芸人さんがおりましたが、出血と梗塞は治療法が逆なので、すごく難しいのではないかと思います。

脳梗塞の治療は、脳出血を注意しながら行うようなので、すごく大変みたいです。

私の母は、4回目の脳梗塞で入院治療中に脳出血を発症してしまいました。

脳の治療は、本当に難しいようです。

できる限り予防するしかないです。

私は、主治医の皆様から、減量はしなくていいから体重を増やさないようにと言われております。

私の年齢になると、痩せるのも良くないとのことです。

とは言え、私自身は、もう少し痩せたいのですが。

痩せると発症しやすくなる疾患もあるようなので、減量する時は、医師の指導のもと行ったほうがいいと思いますが、何より、普段からの食事が大切ということですね。

みんなで、コロナを乗り切りましょう。