様々なピアノの先生

ピアノ教室のホームページを見ていると、先生ご自身の演奏をYouTubeにアップしている先生もいるようですね。

色々な弾き方があるなーと思って拝見させて頂いております。

生徒の皆さんがピティナピアノコンペティションやブルグミュラーコンクールにおいて、最低でも予選が通過できるように指導をしております。

渡部由記子先生は、指の形から指の指定席、指の角度など、ピティナピアノコンペティションやブルグミュラーコンクールなどで良い演奏ができるように、決め細く教えてくださいます。

私は、演奏法と指導法は、渡部由記子先生に師事しておりますので、渡部由記子先生に教えて頂いていることを基本に生徒の皆様に教えさせて頂いております。

渡部由記子先生の導入期のレッスンは、手の形を覚えることからです。

次に、お指の指定席を覚えます。

指導者は、生徒さんの目標がどんなであれ生徒さんの将来を考えて、可能な限り悪い癖がつかないように教えることが大切と考えております。

その為に、いまだに個人レッスンを受けに行ったり、セミナーに参加したりして、日々勉強をし続けております。

教えを受けられる先生がいると言うことは、幸せなことです。

感染症は新型コロナウイルスだけではない

死亡する可能性がる感染症は、新型コロナウイルスやインフルエンザだけではないです。

エイズも感染して適切な治療を行わなければ、死亡する場合もあります。

保健所では、無料でエイズの検査が受けられるようですから、無料ということは行政検査ですから、無症状のキャリア、感染者が市中いるということです。

保健所は、新型コロナウイルスだけの感染予防の指導や対応をしているわけではないと思います。

私たちにできることは、なるべく正しい知識を得て、感染防止対策をして生活をすることではないでしょうか?

エイズが騒がれた時は、美容院では「お客様が変わるごとにブラシやハサミなどを消毒してます」と言う美容院が多かったですが、今そんなことを売りにしている美容院はあるでしょうか?

私個人としては、エイズがどうこうということではありませんが、髪や皮膚が直接触れるものは、何らかの感染症が感染しないとも限らないので、消毒してくださることを望みますけどね。

感染する皮膚病もありますからね。

美容院によっては、殺菌消毒しているところもあるようですが、その分料金は少々お高いようです。

お教室のピアノも色々な人が使いますから消毒は必要です。

当教室では、コロナの前から、生徒さんにはアルコールテッシュで手を消毒して頂いておりました。