ニューイヤーオペラコンサート

昨夜、久しぶりにNHKのニューイヤーオペラコンサートを聴きました。

日本人の体格が良くなったなぁーと思いました。

体格が良くなると、声が変わります。

私の若い頃は、ワーグナーを歌うソプラノや、エレクトラなど重いものを歌える人はいなかったと思いますが、今はすごいですね。

スピントの人が多くなったと感じました。

栄養が良くなったのでしょうね。

ただ、太れば声は良くなると思いますが、体の為にはなんとも言えないところがあるので、オペラを辞めた後の自己管理能力をきちんとしないと、生活習慣病を発症しやすくなるかもしれませんね。

ちなみに、私の声種はソプラノリリコスピントです。

倫理観

病院などで事故が起きると、倫理委員会が開かれます。

また、「倫理委員会の承認を得た」と言う言葉もあります。

コロナでデジタル化が進んでいて、ある程度は進むのもしかたがないと思うけど、人間の心や文化が置き去りにならないことを望みます。

社会生活を営む上で、倫理や道徳も重要ではないでしょうか?

コロナの感染確認者が減らないのは、倫理観や道徳心の欠如も原因の一つではないでしょうか?

ランニングをしている人のほとんどがマスクをしていないです。

初詣の密状態、呆れます。

電車の中で喋り続けているいい大人、呆れます。

緊急事態宣言を出されなければ、自己抑制ができない人が多いのかもしれませんね。

文部科学省が、人間教育、心の教育をおろそかにしてきた結果ではないでしょうか?

人間が人間として社会の中で生きていく為には、哲学や倫理を学ぶことも必要ではないかと思います。

私は高校生の頃から、哲学や倫理、心理学、精神分析などの本を読むのが好きでした。

フロイトの精神分析を始めて読んだのは、高校2年生の時でした。

「人間とは、なんぞや」と、よく考えておりました。

「心ってなんだろう」と、よく考えておりました。

心は脳なので、脳って不思議だなぁと思います。

統合失調症や発達障害など精神疾患は、心の病と言いますが、脳の障害なのです。

多くの国民が倫理観や道徳心を持てば、緊急事態宣言を出されなくても、コロナの感染確認者が減るのではないでしょうか?

私は、人間の良心を信じたいです。

そうしませんと、芸術文化が無くなってしまいます。