箱根駅伝

親が死んでも泣くことはありませんでしたが、箱根駅伝は涙が出てきてしまいます。

私は感情移入が激しいのです。

エントリーされていて、当日変更され走れなかった若者の気持を想うと、涙が出てきてしまいます。

一生懸命に練習しても、当日、走れるのは10人。

私は、懸命に努力をしている人間の姿が大好きです。

上位の大学の選手たちは、礼節を重んじているように感じます。

走り終えて、後ろを向いて「礼」をする姿は、美しいです。

私は、礼節を重んじております。

箱根駅伝は、当日走れるかどうかは、当日でなければわかりませんが、ピアノは個人競技ですから、自分が頑張れば努力の結果が出せます。

どんなことでも、頑張った経験は、人生の糧となります。

私が通っていた高校には、箱根駅伝を2度走られた体育の先生がおり、私が担任の先生と意見が合わなくてもめている時に、仲裁に入ってくださったことがありましたが、人生の哲学をお持ちになられていた先生でした。

私は、先生に対して「考え方の相違だと思います」なんて言ってしまう高校生でした。

高校生の頃から、自分の意見を持っていない大人は嫌いでした。

言い訳ばかりしている人も嫌いです。

夢に向かって努力している姿って美しいと思いませんか?

結果を出す為には、ただ努力をすれば良いということではありません。

いかに自分を知り、戦略を考えることができ、自己コントロールができるかです。

王者青山大学は、往路12位でしたが、復路は見事な走りでした。

普段の練習の成果ではないでしょうか?

練習は、自信につながるのです。

創価大学が優勝を逃した原因は、戦略とコントロールではないでしょうか?

ピアノも同じです。

練習は苦しいかもしれませんが、自信になります。

2時間レッスン

コンペティション地区本選出場を目指している小学5年生の〇〇ちゃんは、今月から2時間レッスンにいたしました。

これまではコンペティションの課題曲が出てからは2時間レッスンをしていたのですが、本人の強い意思を感じましたので、まだ課題曲は発表されておりませんが、2時間レッスンをお引き受けすることにいたしました。

コンクールに挑戦する生徒さんたちは、渡部由記子先生のレッスンを受けているので、2時間レッスンは長くは感じないように思います。

渡部由記子先生のレッスンは、最低でも2時間レッスンで、コンペティションで全国大会を目標にしている人は、一日レッスンなので、内容がとても濃密なレッスンです。

渡部由記子先生のレッスンを何度も経験していると、30分では生徒を伸ばすレッスンはできないと思うようになりました。

音高音大受験生は、3時間レッスンを行っております。

多くのピアノ教室は、30分レッスンを行っているようですが、30分だと、練習してきたのを聴いて、今週の課題を出すだけで終わってしまい、弾き方を教える指導まではできないです。

幼児は、譜読みをして、リズム読みをして、片手で弾いて、両手で合わせてと指導をしておりますので、幼児でも30分レッスンでは、1回のレッスンで両手で弾くまで教えることが難しく、片手で終わってしまう場合が多々あります。

本当は、絶対音感のトレーニングもしたいのですが、時間が足りなくできない時がほとんどです。

1回のレッスン時間は、最低でも60分は欲しいですね。

生涯に渡りピアノが楽しめるように、趣味でも基礎はしっかりと確かなテクニックを指導したいと思います。

具体的には、趣味も専門コースに進まれる方も、ピティナピアノコンペティションにおいては、全ての生徒が地区予選を通過でき、地区本選に出場できることを目標に指導をしております。

祈りの日

今日は、母の3回目の命日です。

いまだに新年の挨拶をする気持ちにはなれないのが現状です。

生徒さんが、「おめでとうございます」と玄関をお入りになられれば「おめでとうございます」と申し上げますけどね。

新年の挨拶をしたくないので、毎年極力15日までは人と合わないようにしております。

あの時の年末年始は大変だった。

グリーフワークが続いているのであろうと思うが、今年は何とか乗り越え先へ進めるようにしたい。

娘と母親の関係が、こんなにも難しかったとは、、、、、

「イグアナの娘」という漫画があったが、母と娘の心理を表現したものと、精神科医で筑波大学教授の斉藤環氏がコメントしていた。

愛と憎しみ。

今年こそ乗り越えねば、、、、、

父親と息子の関係は、エディプスコンプレックスで有名ですが、母と娘の関係もあるのです。

エレクトラコンプレックスと仰しゃるユング派の精神分析家もおりますが、母と娘の関係は、それとは違うような気がします。

ユングも、ラカンも、フロイトも、男性ですから、女性の心理を理解するのは難しかったのではなかったのではないでしょうか?

私が、男性の心理や同性愛者の心理を理解するのは無理ですし、性転換手術を受ける人の心理を理解するのはできないです。

書物で学ぶことしかできないです。