ピアノを楽しむ為だけだったら、今の時代ピアノのレッスンに価値は無い。結城美帆子

今はどうかわかりませんが、ピアノを学ぶということ、音楽を学ぶということは、けして簡単なことではありませんでした。

それ相応の音楽大学に合格する為には、幼少期から毎日の練習が必要です。

毎日練習する為には、遊びを我慢することも必要ですから、自ずと自制心が育まれます。

生きていく為には、自制心と言われております。

練習を継続する為には、集中しなければなりませんので、自ずと集中力も育まれます。

ピアノを弾く為には、それ相応の理解力や身体的能力もないと上手く弾けるようになりませんので、脳が育まれ身体的能力も育まれます。

ピアノを弾く脳とは、楽譜を瞬時に読み取り、瞬時に指を動かす、これらを連動させ続けるので、考える力や、判断力、行動力、修正力が育まれます。

ピアノは、価値のある目標を持ってレッスンを受けることにより、脳と心が育まれ、豊かな人間性とこれからの時代を生き抜く力が養われるのです。

ただし、家で練習もしないで、ただピアノが少し弾ければ良いとお考えの場合は、何も身につきません。

今の子供たちは、生きている間に、新型コロナウイルスのような未曾有のパンデミックをこれからも数多く経験すると思います。

その中を生き抜く為には、生き抜く力を持っていないと生き延びることが困難になります。

ピアノは、幸せに生きる為にあるのです。

幸せに生きる為に、ピアノを習って欲しいと思うのです。

幸せな人生とは、何も起こらず平々凡々に生活を送れるということではないと思います。

自分の夢を持って、夢を叶えられる力を持っていることではないでしょうか?夢に向かって努力ができるということではないでしょうか?未来志向で生きられるということではないでしょうか?

幸せに生きる為に力を、私とのピアノのレッスンで育んでいただけたら、とっても幸せです。

東京直下型地震は、必ず起こるわけですから、何があっても乗り越えられる柔軟で強固な精神力を養いましょう。

私は、関東大震災の時の話をよく祖母から聞かされておりました。

大変だったようです。

たくさんの人が亡くなりましたが、祖母のように生き延びることができた人もたくさんいたのです。

生き延びることができる人に育って欲しいと願っております。

福島の原発事故の時も、つくば市から逃げて避難してしまった人もおりましたが、逃げずにつくば市に留まり生活をしていた人もおりました。

まずは、自分の命を守ることも大切ですが、お互いに助け合う気持ちを無くし自分だけ助かれば良いと考える人たちばかりになったら、この社会はどうなるでしょう?

病院勤務のお医者様でも、家族とつくば市を逃げ出し避難していた人たちがいたようで、逃げずに避難せず診療を続けていたお医者様たちにしわ寄せがきて大変だったようです。

お気持ちはわからないわけでもないですが、医師としての使命感というのはないのかな?とも思いました。

何が起きるかわからないのが人生です。

だから面白いということもあると思います。

全てがわかってしまったら、それこそ自分の寿命までわかってしまったら、はたして生きていけるでしょうか?

私は無理です。

わからないから幸せということもあると思います。

私は、私自身がピアノで生き方を学んできたように、ピアノの指導を通して、ピアノで脳と心を育み、豊かな人間生とこれからの時代を生き抜く力を育てて、自立して生きていける人間を育てたいと思って日々レッスンをしております。

たとえ障害があるお子様でもです。

ピアノのレッスン回数。結城美帆子

ヤマハ音楽教室や河合楽器の音楽教室などは、月3回〜4回で年間40回のレッスン回数のようです。

多くのピアノ教室は、年間40回もしくは42回のようです。

私の教室は、現在は、月4回で年間48回レッスンをしております。

ピアノは、回数が多いほうが上達は早いですし、結果も出しやすいです。

私は、音楽高校を受験する時から、週2回〜3回レッスンを受けに行っておりました。

音高音大で学んでいた時も、週1回学校でレッスンがあり、学校のレッスンの他に先生のご自宅に週1回ホームレッスンに通っていたので、週2回レッスンを受けおりました。

試験が近くなると毎日レッスンに通いましたし、リサイタルを行う時もほぼ毎日レッスンに通いました。

私の教えた生徒さんで、毎日レッスンにお越しになられて1ヶ月でバイエルを修了した高校3年生もおりますし、週3回お越しになられて3ヶ月でバイエルを修了し教員採用試験に合格した方もおります。

ピアノは、具体的な目標を設定してレッスンを受けたほうが良いと思います。

ピアノのレッスンは、週1回と決まっているわけではないのです。

まずは、具体的な目標を設定して、目標を達成する為の具体的なレッスン計画と練習計画を立てて、実行したほうが無駄がないですし成果も上がります。

実際に、週2回お越しになられている生徒さんもおりますが、進みは早いですし上達も早いです。

目標と計画が大事です。

多くの生徒さんは、漠然とピアノを習いたいと来ますが、毎日の練習時間とレッスンの時間と回数を言って頂ければ、初級教則本が何ヶ月で修了することができるか、具体的に申し上げることができます。

ピアノは中級からでないと面白くないですから、初級教則本は、なるべく早く修了したほうが良いのです。

初級にあまり時間をかけてしまうと、ピアノが楽しいと思える前に辞めてしまうことにもなりかねません。

幼児からレッスンを始めた方は、せいぜい小学2年生でブルグミュラーに入ること、小学生以上でレッスンを始められた方は長くかかってもせいぜい2年間で初級教則本を修了させてあげないとピアノって楽しいって思ってもらえなくてお辞めになってしまう可能性もあります。

ピアノは、弾けるようにならないと楽しくないですからね。

ピアノって、弾けるようになればなるほど楽しさも増す楽器なのです。

インフルエンザワクチン。結城美帆子

昨日、かかりつけクリニックの岡部クリニックで、インフルエンザワクチンを接種しました。

いつもは、10月初旬と1月初旬の2回接種しているのですが、今年は一回しか接種ができないかもしれないので、11月に接種をしようと思って、岡部先生にご相談を申し上げましたら、「今年は必要な時に不足して打てなくなる可能性が高いから、打てる時に打っておいたほうが良いですよ、3月ぐらいにはまた出てくると思うけど」とのことでしたので、打って頂きました。

医療機関でワクチンを発注しても入ってこないということなのでしょうね。

だから、入荷した時に打っておいたほうが良いということなのでしょうね。

ただ、私はアレルギーがあるので、毎回腫れがすごくて辛い思いをしており、接種をしない時期もあったのですが、子ども相手の仕事なので売ったほうが良いと勧められた為、打つようになりました。

今回は、アレルギーを抑える薬を処方してくださったのですが、薬の効果ってすごいですね、今のところそんなに腫れることもなく痒みもありません。

インフルエンザワクチンを接種するのに、このようなことをしてもらえるのは、かかりつけ医ならではことでしょうね。

薬って、効果もあるけど、副作用のありますから、怖いです。