楽しいレッスンと生涯に渡り楽しめるレッスンは違います。結城美帆子

私は、楽しいレッスンではなく、生涯に渡り楽しめるレッスンをしております。

ピアノは、レベルがアップし、うまく弾けるようになればなるほど楽しさが増します。

うまく弾けるようにならなければ、楽しくないです。

うまく弾けるようになるには、一つ一つできるようにしなければなりません。

まずは、音符が読めるようになることです。

ピアノを弾く上で大切なことは、悪い癖をつけないようにすることです。

一度でも間違った弾き方をすると、直すのに倍以上弾かなければなりません。

ピアノを弾く時の親指の角度は、鍵盤に対して45度です。

けして0度にならないようにしましょう。

小さいお子様は自分では確認できないので、お母様が弾くたびに45度の角度を教えてあげてください。

親指が45度で弾ければ、手首が下がることはありません。

手首が下がってしまうのは、親指が0度だからです。

もし、お母様がサポートが難しい時は、覚えるまで家で練習をしないで、レッスン回数を増やすのも良いと思います。

正しい弾き方をマスターするまでは、親のサポートが必要です。