BASTIEN  PIANO  BASICS。結城美帆子

新規入会者の健常の就学前のお子様の導入初級の教則本を、BASTIEN に致します。

これまでも、BASTIEN を使ってレッスンをしていたこともありましたが、BASTIEN は家で毎日練習すること必要な教則本なので、当教室には音符が中々読めるようにならない方や毎日の練習ができない方もいらっしゃる為、レッスンにお越し頂いてレッスンを受けて頂いているだけでも上達できる教則本を使ってレッスンをしておりましたが、音楽的な感性を育てるにはBASTIEN は優れておりますので、譜読みがスラスラできてお家で毎日練習ができる方はBASTIEN を使うことに致します。

BASTIEN は、ピアノのレッスンに入る前に音符など覚えることがたくさんあり、ある程度の理解力もひつようですので、学習障害の方や知的障害がある方・自閉スペクトラム症のお子様は使いません。

BASTIEN は、お子さんの毎日の練習に親御さんの協力も必要になります。

お子さんがピアノが上手く弾けるようになるには、親御さんの協力が不可欠です。

小学生からレッスンをお始めになられる方は、これまで通りの教則本を使ってレッスンを致します。

現在、レッスンにお越しになられている生徒さんは、生徒さんの状態を見て、変えたほうが伸びると思った場合は変更のご相談をさせて頂きたいと思います。

BASTIEN を使う為には、ピアノが鍵盤の全ての音符がスラスラ読めることが必要なので、音符がスラスラ読めないお子さんは今まで通りの教則本を使ってレッスンを進めます。

ブルグミュラー25番からは同じです。

子供に「ピアノの練習をしなさい」と言うよりも大切なこと。結城美帆子

「練習しなさい」と言われると、やりたくなくなるのが人間の心情ではないかと思います。

「練習をしなさい」と言うよりも、ルールを守らせること、自分で練習時間を決めて守らせることのほうが大切で効果があると思います。

社会に出て一番大切なことは、社会のルールを守ることです。

ルールを守らないと、警察に連れて行かれたり、精神病院に措置入院をさせられたりして、自由を奪われます。

ルールを守る為には、時には我慢することも必要な場合もありますから、自制心も必要です。

ピアノで、社会に出て重要な、ルールを守ることや、自制心、頑張る力を身につけて頂けましたら幸いに存じます。

音楽療法的なレッスンや教養としてレッスンをお受け頂いている方は、お家で練習をしなくてもレッスンにお越し頂いてレッスンをお受け頂いているだけでも少しづつ上達できるようなレッスンをしておりますので、絶対に練習してくださいとは申しません。

私の一番の願いは、大人になった時に皆んなが普通にピアノを弾けるようになることなので、家で練習をしなくても最低でも小学校卒業までに初級レベルが終了できるようにレッスンをしておりますから、家で練習をしなくても大丈夫です。

無理に練習をさせることで、ピアノが嫌いになってしまったら本末転倒で、もともこもありません。

ただし、コンクールで結果を出したい方は、たくさん練習してくださいね。

筑波学園郵便局で配達せずに自宅に隠していた職員がいたことが発覚。結城美帆子

発覚して良かったです。

届くはずの郵便物が届かないことが結構あり、最初の頃は郵便局に尋ねたりもしれいたのですが、調べてくれませんで、「速達もあります」と言われて、郵便局は信用できなくなり、個人的には宅急便や速達を使っていたのですが、良かったです。

今は、証拠が残るものでないと安心はできないのかな?

寂しい社会ですね。

ピアノの調律をお願いする時も、以前は調律師さんにお支払いしていたのですが、今は料金回収会社から請求書が届いてお支払いをするシステムになっております。

社員が横領をしてしまったりするのを防ぐ為だそうです。

会社は、社員を信用することもできない社会になってしまったのですね。

寂しい社会ですね。