悩み。結城美帆子

レッスンは、回数が多ければ多いほど進みは早いです。

コンクールに参加される生徒さんも、レッスン回数が多ければ多いほど細かいところまでレッスンができるので、多いほど多いほど良い結果が出せます。

参加者が一人や二人程度であれば、良い結果が出せるように、毎日でも無料で追加レッスンをしてあげたいのですが、以前は実際に無料で追加レッスンをしていたのですが、今回ブルグミュラーコンクールには10人の生徒さんが参加されるので、10人無料で追加レッスンをするのは難しいのです。

音高音大受験生とピティナピアノコンペティションにおいては、成功報酬で、目標が達成できた時のみ通常レッスン料の半額程度の料金を成功報酬といて頂いていたのですが、長年に渡り成功報酬でやってきて成功しなかったことがなかったので自信もあったのですが、昨年初めて成功させられなかったのです。

精神的にすごく落ち込み、立ち直りにすごく時間がかかってしまいました。

40年ピアノを教えてきて初めて味わった挫折経験でした。

もし、また成功しなかった時のことを思うと、もうできないと思いました。

成功しなかった場合は、レッスンをした分すべて無報酬ですから、レッスンをすれば光熱費や冷暖房費もかかりますから、マイナスになるのです。

こんなにもダメージが大きいとは思いませんでした。

自惚れていたのです。

自分は失敗しないと、過信し自惚れていたのです。

自分は努力できますが、他者を自分と同じように努力させることはできないのです。

しょうがないのかなと思うようになりました。

私は、ピアノを教える為に、たくさんレッスンを受けて勉強し、高額なレッスン料を支払ってきました。

今でも生徒さんがコンクールを受ける時は、課題曲の説明会に行ったり、課題曲の個人レッスンを受けに行ったりして、生徒の皆さんに教えております。

お医者様でも、学会に出席しないと専門医の認定がもらえなくなったりするようですから、勉強はずっと必要なのでしょうね。

精神分析は、出席しないとダメと言うことはないようですが、学会や勉強会に出席しないと、情報が入ってこないので、やはり勉強は必要ではないかと思います。

介護職も勉強がありますし、教員も更新の時には、色々勉強があるようですね。

私は、慈善事業でピアノを教えられる身分ではないので、無料のレッスンはできません。

ごめんなさい。

ブルグミュラーコンクールに参加される方で、結果を出したい方は、有料で追加レッスンを承ります。

子供にピアノを教えていて危惧していること。結城美帆子

正しい音程で歌えない子供が増えているように思います。

「音痴はいない」とおっしゃる声楽の先生やピアノの先生もおりますが、正しい音程で歌えない俗に言う「音痴」の方はおりますが、音痴は、声を出すところに問題があるか脳に問題があるかのどちらかの場合が多いようです。

発達障害の子供は、正しい音程で歌えない子が多いように思います。

歌は歌えるのですが、ドレミで正しい音程で歌うことができないのです。

私は医師ではなく脳の画像診断ができるわけでもありませんが、音程と言語が一致しない現象ですから、脳の言語野に問題があるのではないかと思います。

正しい音程で歌えないと、みんなで歌うことが苦痛になると思います。

声帯の機能の問題がある場合もあります。

人間がこの世に誕生して初めて出す声(産声)は、440ヘルツと言われ、ピアノで言えば、一点Aの音なのですが、この産声が年々低くなっているとの論文を読んだこともあります。

声は声帯を振動させて出します。

声帯の長さは、男性と女性では、ズームにしないと見えないほど長さが違うのですが、子供の声が低くなっているということは、声帯の長さが変わってきているのか、声帯を振動させる力がなくなってきたのか、何なのでしょうか?

高名なピアニストでも、歌はダメという人もおりますから、歌が歌えないからピアノが上手に弾けるようになれないということはないので大丈夫です。

以前は、音高音大受験生をメインに指導をしていたのですが、音痴が治らなくて第一志望校に合格できなかった生徒もおりました。

ピアニストを目指す人は、音大に行かなくてもコンクールで優勝する方法もありますから、音痴でも大丈夫です。

私は、ソルフェージュとしてコーリュウーブンゲンの指導や歌の指導もしておりますが、音痴の人は音痴を自覚できないようなので、音痴の人を正しい音程で歌えるようにするのは難しいです。

音が外れていることが自覚できる人は、治すことが可能です。

シニアの方で音痴の方は、脳に異常がある場合があるので、病院へ行かれることをお勧め致します。

朝普通に目がさめる幸せ。結城美帆子

この年齢になると、色々なところにガタがきておりますから、いつ何が起きてもおかしくないです。

女性の身体は子供を産む為に守られていると言われたことがありますが、なるほどと思います。

月経があるうちは、何にもしなくても中性脂肪やコレステロールが高くなることはありませんでしたが、閉経後は注意をしないと数値が上がり死が近づきます。

元気で生きる為にも「頑張る力」が必要です。

老いるということは、こういうことなのかと実感しております。

どんなに頑張っても、血管は弱り死の危険が増していきます。

脳梗塞や心筋梗塞は誰にでも起こりうることですから、朝目が覚めた時、手足が動くかどうかを確かめます。

ベットから起きたら、立ち上がる前にコップ一杯のお水を飲みます。

そして、洗面所へ行き、自分の顔を鏡で見ます。
体重を測り、血圧と体温を測ります。

それが終わったら、朝食の準備をします。

朝食は、トマトジュースにアマニ油を数滴入れたもの、玉ねぎと人参とカボチャとキャベツを各々50gに味噌を入れた味噌汁にニンニクオイルを垂らしたもの、玄米ご飯70g、温泉卵、その日のフルーツ、コーヒーを頂きます。

10時頃、コーヒーとミックスナッツ30gとブルーチーズ30gを頂きます。

血管の病気は朝が多いですから、朝のルーティンがこなせればまずは今日一日頑張れるかなと思います。

明日があるかどうかは、誰にもわかりません。

一日一日を生きることです。

今日一日を生きることです。