ブルグミュラーコンクール課題曲のレッスン。

ピティナピアノコンペティションに比べると、少々物足りなさを感じている生徒さんもいらっしゃると思いますが、完璧を求めて練習しましょう。

自分自身で、百点満点の演奏を目指しましょう。

コンクールは、他者と争うことではなく、音楽を深く学ぶということです。

作曲家は、この曲をどのように弾いて欲しいと思ったか、作曲家の気持ちを想像して演奏しましょう。

ピアノを上手く弾く為には、想像力も必要で重要なのです。

熱中症にならないように致しましょう。

午前中は、散歩に出かけるのですが、今は散歩に出かけるのが少々不安です。

家の中にいると、エアコンを使わなくても風が通るのでそんなに暑さを感じないのですが、外に出ると「危ないかな」と思います。

コロナも血栓ができるとのことですが、熱中症も血液がドロドロになって血栓ができるかもしれませんね。

要注意です。

熱中症とコロナ予防に、免疫力を高めるファイトケミカルスープを頂いております。

簡単にできますのでおすすめです。

玉ねぎ50g、人参50g、かぼちゃ50g、キャベツ50g、水1リットルを入れて、30分弱火でコトコト煮て、お好みでお味噌を入れて味噌汁にしたり、黒胡椒で頂いても美味しく頂けます。

お野菜の捨ててしまうところだけでスープを作って、スープだけをいただくのもよろしいようです。

コロナは、無症状の人でも、後に不整脈や心筋炎の症状が出る人がいると言われますので、不整脈は心原性脳梗塞を発症する確率が高くなりますから、できることなら感染しないほうがいいです。

平成13年からレッスンにお越し頂いている大人の生徒さんのレッスン。

お越し頂いて20年になりますね。

二十年歳をとったということですね。

一つのことを長く続けることは、素晴らしいことです。

最初は、毎週レッスンにお越しになられておりましたが、現在は、月に一度他県からお車でお越し頂いております。

昨日は、シューベルトのソナタを聴かせていただきました。

シューベルトらしい優しさが溢れる演奏でした。

10月に予定している少人数でのコンサートで演奏してくれると思います。

お仕事をしながらですから、毎日ピアノが弾けるわけではないと思いますが、続けることでテクニックが維持でき、ピアノを楽しみ続けることが可能になるのです。

お続けになることが大事です。

続けることで、いずれ弾きたいと願っていた曲が弾けるようになります。

バイエル程度でお辞めになられることなく、続けて欲しいと思います。

音楽を深く学んだ人は、人間の喜びや心の痛みに想いを馳せることができますから、いじめや人を貶めるようなことは致しません。

昨日、老人ホームの職員が、97歳の認知症を患っている入所者の胸を蹴って肋骨を8本骨折させたという事件をニュースで観ましたが、胸が引きちぎられるような感覚になりました。

音楽を深く学んだ人間は、こんなことは絶対に致しません。