生徒さんの成長を感じる時

小学2年生〇〇ちゃんのレッスン。

先週は、1日だけ練習がしてなかったようでシールが貼っていない曜日があったのですが、今日は全てシールが貼ってありました。

先週は、ゆっくり練習することができなかった為かミスが多かったのですが、今回は私が申し上げたテンポで練習をされたようで、ミス無く弾けるようになっておりました。

やればできるお子様なのです。

今日は、ト長調で指変えもあり、難しい曲だったので「今週は一曲だけにする?それとももう一曲やる?」と聞きましたら、少し考えて「もう一曲やる」とお答えになりました。

今までだったら、もう一曲やるとは言わないお子さんでしたが、成長したようです。

ピアノの先生って、子供の日々の成長を肌で感じることができるので、すごく幸せな仕事なのです。

生徒の皆様と保護者の皆様へのお知らせ

新型コロナウイルスで、

生徒さんの入れ替えごとに、

換気と消毒を行っている為、

次の生徒さんのレッスン時間までの時間があるので、

経費節約のため駐車場をno.3のみに変更致しましたので、

お知らせ致します。

レッスンのお時間は、

お玄関をお入りになられてから、

お出になるまでの時間です。

徒歩や自転車でお越しになられる方は、

廊下の椅子にお座りになりお時間になるまでお待ちください。

生徒さんが入れ替わるごとに次亜塩素酸水をスプレーして消毒をしており、

当教室では厚生労働省が食品にも使えると認可したフリーキラーzを使用しておりますが、

念のため、

換気を行いながら使用しているので、

時間厳守でお願い申し上げます。

消毒と換気で、

けっこう大変なのです。

御一日(オツイタチ)

今日は7月1日、神道では、御一日と言って、神社にお水を頂きに行ったりします。

私の祖父は、氏子総代をしておりましたので、毎月御一日は神社にお水を頂きに行ったり、お正月は巫女をしたりしました。

現在の私は無宗教なので神社にお水を頂きに行くことはありません。

人間は、不安になると何らかの宗教に頼りたくなるのかもしれませんね。

精神分析を経験すると、無意味な不安に囚われることがなくなるので、宗教に頼ることがなくなりました。

結局は自分なのです。

自分を信じ、自分をどれだけ高めることができるかで人生が決まるような気がします。

大きな壁にぶつかった時、極限状態に陥った時、最終的に頼れるのは自分自身です。

自分で考えて、自分で判断し、行動するしかないのです。

新型コロナウイルスにしても、小池東京都知事が「自粛→自衛」と言ったように、自粛要請を受けて自粛をしても生活の面倒を東京都が見てくれることはないのです。

「新型コロナウイルスに感染しないように各々が自衛してください」と言うのが、行政の指針なのではないでしょうか?

行政は国を守るけど、個人個人を守ってくれるわけではないので、強制は従うしかないですが、要請の場合は、私は自分の責任において、自分で考えて判断し行動します。

なので、専門家の意見を聞き感染防止対策を講じたうえで普通にレッスンを継続し、発表会も行いました。

国の外出自粛要請が出ているからと言う理由で発表会を欠席された方や、レッスンをお休みされた方、退会された方、オンラインレッスンを希望された方もおりましたが、それぞれのお考えで判断されたことですから、生徒さんのご要望をそのままお受け致しました。

新型コロナウイルスは、神や仏の世界にも大きな影響を与えました。

新型コロナウイルスで死ぬと火葬されてから自宅に戻って来るようですから、普通は火葬にお坊さんや牧師さん・神父さんなどが立ち会い祝詞をあげたりお経を唱えたり祈りを捧げたりするのでしょうが、それもできないみたいです。

これからも色々なことが起こると思いますが、最終的には自分の命は自分で守るしかないと思います。

その為には、自分を信じられることが重要ではないかと思います。

ピアノで、自分を信じることができる人、自分はやればできると自分の力を信じられる人間を育てたいと思います。

目標の達成を積み重ねることで、自分の力を信じられるようになり自己肯定感が高まります。

目標達成の方法を会得する為には、失敗の経験も重要です。

失敗と成功を繰り返していくうちに、どうすれば目標を達成できるかがわかるようになり、身につきます。

コンペティションを利用して、目標達成の方法を会得し、自分を信じる力=自己肯定感を高め、どんな壁をも乗り越えられる強い心を養い生きる力を育てたいと思います。

そしたら、変動の多い時代を力強く生きていける人間に育ってくれると信じております。