スエーデンの新型コロナウイルスの医療体制

スエーデンで新型コロナウイルスに感染すると、80以上の高齢者と持病がある70歳以上の人は、重症になってもICU(集中治療室)での治療は行わないそうで、多くの患者さんが一般病棟でお亡くなりになられたとのことです。

優先順位があるでしょうから仕方がないと思いますが、辛いですね。

アメリカでは、70歳以上の人には、コレステロールを下げる薬は処方しないとのことです。

自己責任の国なのでしょうね。

日本は、介護を受ける期間が長いですが、良くも悪くも医療体制にも原因があるのではないかと思います。

日本は、国民皆保険制度がありますから、老人だから障害者だからと言って治療に差別を受けることは原則無いと思いますが、自由の国アメリカは、国民皆保険制度がありませんから、お金がある人と無い人では受けられる治療も異なるでしょうね。

でも、意思疎通が難しくなり、回復の見込みがない人に対して、これでもかと言うほどにバンバン薬を投与する治療も如何なものかと思います。

今の入院医療費は、疾患によって入院日数や料金が決められている包括なので、「使えるだけ使ってしまえ」とも思えるような病院もなきにしもあらずのような気がします。

病院も慈善事業ではないですから、特に個人病院は経営のことを考えると仕方がないとも思いますが、母が入院していた回復期病院の抗生剤の使い方はどうなのかなと思いました。

治療に疑問を感じても、ちょっと何かを言うと「私どもの治療が気に入らないのであれば退院してください」と言われてしまうので、一度は申しましたが、退院する覚悟がなければ言えませんでした。

でも、このままでは、この病院で死ぬかもしれないと思い、この病院では死なせたくないと思い、知り合いの医師に相談して、筑波大学附属病院のソーシャルワーカーの統括をしている〇〇さんに直接ご相談申し上げ、転院をしました。

新型コロナウイルスで病院の経営が難しと言われたり、患者さんが来なくてつぶれるクリニックも出るだろうと言われておりますが、患者さんが少なくなることは良いことなのではないでしょうか?

元気な時に、自分はどのような最期を迎えたいのか考えておいたほうが良いと思います。

そして、それを何かの時に伝わるようにしておくことも大事なのではないかと思います。

私は、人工呼吸器もエクモも不要です。

最期は、極力痛みと苦しみを緩和して頂ければ幸いです。

この世にミッションが亡くなった時が、私の最期と考えております。

もし、新型コロナウイルスに感染した場合でも、人工呼吸器もエクモも不要です。

もし、私が新型コロナウイルスに感染したら、全てを神の御手に委ねます。

人間は、いつか必ず死にます。

だから、いつ死んでもいいように、今この時を悔いのないように一生懸命に生きるのです。

精神分析的観点から、子供がピアノを弾きたくなる時とは。

大文字の他者(親や幼稚園保育園などの先生)が、ピアノを弾いているのを観ていて、自分も弾きたくなる子供が多いようです。

小さい子供は、10本の指を自由に操り動かして素敵な音を奏でる大文字の他者に憧れを抱くのではないかと思います。

ピアノを弾いている人を見たことがなければ、ピアノがどんなものか知らないので、ピアノを弾きたいとは思わないでしょう。

子供が何に興味を持つかは、環境が大きく作用します。

また、どれだけ上手に弾けるようになるかも、環境が大きく作用します。

子供がどれだけ上手に弾けるようになるかは、どれだけ憧れ(欲望)を持ち続けられるかどうか、そして憧れを現実のものにしたいという欲望をどれだけ持ち続けることができるかではないかと思います。

子供は、憧れの人に近づき、同じになりたいと思うようになります。

「同一化」です。

同一化する為に、努力を重ねるようになります。

それが、目標になります。

ピアノが上手に弾けるようになるには、明確で具体的な目標が必要なのです。

これは、ピアノ以外でも言えることです。

発表会などで、指導者や客演者などによる演奏が行われますが、子供の心理を考えると、難度の高い曲を聴かせるのではなく、ちょっと頑張れは子供でも弾けるようになりそうな手が届く程度の曲を聴かせてあげたほうが良いのではないかと思います。

でも、客演を頼むと、皆さん自分を良く見せようという心理が強い為か、ショパンのエチュードやプロコフィエフのソナタなど難度の高い曲目を演奏される方が多いのです。

コンクールで上位入賞をしているピアニストの「エリーゼの為に」や「乙女の祈り」を聴かせてあげたら、子供たちのピアノに対する意欲が増すのではないかと思います。

ピアノ人口を増やす為には、演奏会で巧みな技を聴かせるだけでは無く、初心者のピアノのレッスンに対する意欲を維持向上させる為の演奏も重要ではないかと思います。

ぼけずに長生きしている人たち。

瀬戸内寂聴さんは、98歳だそうです。

日野原重明先生も、私の恩師丸山徳子先生も、100歳を過ぎてお亡くなりになられました。

声楽家の栗本尊子先生は、90歳を過ぎてもリサイタルをされ、98歳でお亡くなりなられました。

一方で、50代でアルツハイマーを発症される人もいたりします。

私の知り合いの医師が、田舎の80代の女性と都会の80代の女性は、見た目が10年くらい違うと言ってました。

ぼけずに長生きしている人と、認知症を患う人の違いは、食べ物にあるような気がするのです。

昔の女性は、祖母も母もそうでしたが、昼食など自分だけの食事は、お茶漬けやおにぎりなどで簡単にすませてしまうのです。

炭水化物と塩分が多い食事になっていたと思います。

瀬戸内寂聴さんは、お肉を食べお酒も飲まれるとのことなので、想像ですがご飯などの炭水化物は少ないのではないでしょうか?

茨城県は、お米を作って生計を立てていた県ですから、お米はふんだんにあり、お米は富の象徴でもあったと思うので、お米を食べることが幸せでもあったのではないでしょうか?

と考えれば、炭水化物の摂りすぎで、炭水化物は糖質ですから、糖質の摂りすぎで、高血糖になり血糖値の乱高下になり、高血圧になり、血管を痛め脳梗塞や心筋梗塞を発症しやすくなるのではないでしょうか?

何かの健康雑誌で見ましたら、茨城県の脳梗塞の発症と死亡率は、ワースト2でした。

「新型コロナウイルスで死なないために」の本の中にも書かれておりますが、食事ってすごく大切ではないかと思います。

年齢とともに代謝も変わるようですから、年齢とともに食べ物と食べ方を変えることも必要なのかもしれません。

ぼけずに長生きするためには、専門的な知識も必要なのでしょうね。

病気になってからお医者様にお世話になるのではなく、元気な時から自分の生涯を見据えてお医者様のお世話になっていたほうが良いと思います。

私が、健康管理の為に毎月血液検査を受け始めたのは、45歳からです。

私の家は高血圧の家系ですが、今のところ高血圧になっておりません。

遺伝的な要素もありますから、全てにおいて食事で予防できるわけではないと思いますが、定期的に検査を受けていれば自分の傾向がわかりますから、自分に必要なアドバイスを受けることもできます。

卵はコレステロールを上げないから何個食べても大丈夫と言われたりもしますが、全ての人に当てはまるわけではないと、お世話になっている岡部先生は申します。

私は、卵は1日1個までと言われております。

納豆も、1日1パックまでと言われております。

メディアで体に良いからと言われても、その人にとってどれくらいが良いのかはそれぞれのようですから、専門家のアドバイスが必要です。

ピアノで心の平安を

技術の向上も大切ですが、ピアノは心に平安を与えてくれるものです。

ピアノは、自分の心を昇華させることも可能です。

どうぞ、ピアノを弾くことを楽しんでください。

どうぞ、ご家族みんなでピアノを弾くことを楽しんでください。

みんなが「エリーゼの為に」を弾く『エリーゼの為にコンサート』なんて言うのも考えております。

ピアノ独奏、ピアノ連弾、合奏、独唱(エリーゼの為にの歌の楽譜もあります)、6月から人数制限はありますが、ノバホールが使えるようになるようですので、8月か9月にお楽しみコンサートを予定しておりますので、弾きたい曲を選曲して練習しておいてくださいね。

姉妹兄弟親子のよる連弾や、ご家族での合奏も大歓迎です。

新型コロナウイルスで死なない為におすすめの本

山中伸弥先生のホームページにもありますが、

『ウイルスに負けない生き方〜新型コロナウイルスの真実〜』高知大学医学部附属病院教授刈谷真爾先生著書

「これだけは知ってほしい!あなたと大切な人の命を守るために。」

わかりやすく書かれた本です。

読んだ感想ですが、新型コロナウイルスで死なないために命を守るためにすべき事とは、特別なことではないということのように思いました。

生活習慣病を予防する生活が、新型コロナウイルスで死なない方法のように思います。

質の良い食事と質の良い睡眠、適度な運動とストレスを溜めない生活が、新型コロナウイルスで死なない方法のように思います。

新型コロナウイルスで死なないためには、正しい知識と地頭力ではないかと思います。

感染しないための行動を身につけましょう。

その為には、①飛沫を浴びないこと、②不特定多数の人が触ったところを触ったら必ず手を洗うかアルコール消毒をすることです。

ピアノのレッスンでは、レッスン室に来るまでに不特定多数の人が触った色々なところを触ってきたと思いますので、玄関でアルコール消毒をして頂きます。

ピアノのレッスンで、お互いに飛沫を浴びない浴びせない為に、ソーシャルデイスタンスを守り、近くで指導する時はフェイスシールドを使用します。

エアロゾル感染を防ぐ為に、生徒さんと生徒さんの間を15分空けて換気と鍵盤の消毒をしております。

美容院は、無駄な会話をやめて、美容師さんはフェイスシールドをして接客をしてくれると安心ではないかと思います。

フェイスシールドは、自分が飛沫を浴びないようにするだけではなく、相手に自分の飛沫を浴びないようにする為でもあります。

お教室でも、感染予防対策はしておりますが、何より大切なのは、感染しない生活習慣を身につけて感染しないようにすることです。

洗えない食材は使わない。

誰が作ったかわからない惣菜やテイクアウトのお弁当などは購入しない。

ペットボトルから直接飲まない。

冷蔵庫に入れる時は、アルコール消毒をしてから入れる。

家の中にウイルスを入れない為に、外出から帰ったら手指を消毒をして、うがい、できればシャワーを浴びて着替える。

読書の後も手を洗う。

勉強の後も手を洗う。

ピアノを弾いた後も手を洗う。

自分以外の人が触ったものを触った後は手を洗う。

食事の前も手を洗う。

感染経路がわかる生活をしましょう。

文化芸術は生命維持の為に無くてはならないものです。

ヨーロッパのある国では政府が、芸術家に対して、日本円で一人105万円支給したと聞きました。

ヨーロッパの国々では、文化芸術は生命維持の為に無くてはならないものという文化があるようです。

日本は、どうでしょうか?

このままだと、演奏を生業にしている人たちは生活が成り立たなくなります。

日本政府にも、芸術家に支援を考えて欲しいです。

小中学校の音楽の授業も、しばらくは歌を歌うことはできないと思いますので、合唱を楽しむこともできないと思います。

オペラ歌手の中には、学校の音楽で歌が好きになりオペラ歌手を目指した人もおります。

歌うことは、健康の為にも良いのです。

歌舞伎やバレエも生で観たいです。

バレエ団も公演ができないですから、経営が苦しいのではないかと思います。

オンラインレッスンを行って感じたこと。

私の教室は、一般的な生徒さんの他に、自閉症や学習障害など発達障害の生徒さんもおります。

以前、ラカン派の精神分析家向井雅明先生に「自閉症者には、パソコンを与えるといいよ」と言われたことがあり、自閉症者がパソコンを相手にした著書も読んだことがありましたが、新型コロナウイルスの影響で、オンラインレッスンを試してみて、「なるほど」と思いました。

一般的な定型発達の生徒さんは、オンラインレッスンだと、コミニケーションがとりにくいかなと感じましたが、発達障害の生徒さんは、対面でのレッスンより、私の質問にすぐに答えることができたり、教室での対面でのレッスンの時は緘黙してしまうことが多いのですが、オンラインレッスンだと緘黙することも無く会話ができるのです。

最初は、すごく不思議に思いましたが、自閉症者の特徴を考えれば、理解できることです。

外出自粛で、テレワークやオンライン授業、オンラインレッスンが行われるようになってますが、「自閉症」の時代が到来したかもしれませんね。

自閉症者は、生身の人間を相手に会話をするのは苦手でも、パソコンや機械を相手に仕事をしたり勉強をするのは得意の方が多いように思います。

自閉症者は、人とのコミニケーションが苦手な方が多いように思います。

人間違っていいと思うので、それぞれが自分に合った方法を見つけ自分に合った生き方をしていけば良いと思います。

その為には、自分を知ることが必要ではないかと思います。

親御さんの中には、「子供に障害のことは言いたくないので、子供の前では障害のことは言わないでください」と仰しゃる方もおりますが、私は、たとえ子供であっても、自分の特徴を知ることは必要ではないかと思います。

私は、障害が悪いものという考えはしておりません。

障害は、個性で特長(良いところ)と、考えております。

特長(良いところ)を知り、伸ばしていけば良いと思います。

イーアスにお買い物に行って心配になりました。

イーアスのヤマハに楽譜を買いに行ったので、ついでに他のお店も入ってみました。

店員さんがすぐに声をかけてきて、近い距離で話をし始めました。

飛沫感染が心配になり、何も購入せずに帰ってきました。

この状態だと、感染者が増えるかもしれませんね。

イーアスの中は、結構混み合っておりました。

マスクをしていない人も見かけます。

家族連れの人も多く見かけました。

新型コロナウイルスに罹患しない生活様式を身につけましょう。

人との距離を保ちましょう。

見掛けは悪いですし変な人と思われるかもしれませんが、もう少しピアノを弾くことの良さをお伝えしたいので、命を守る為に、明日から、外出する時は、新型コロナウイルスに感染しないように、アルコール消毒とフェイスシールドも持ち歩こうと思います。

自分は感染していないと思っている人が多いのでしょうね。

飛沫を浴びないように、浴びせないように、人との距離を保ちましょう。

誰かが触ったところを触ったら、必ず石鹸で手を洗うか、アルコールで消毒することです。

生徒の皆様へ。

緊急事態宣言が解除され、学校の登校も始まったようですが、新型コロナウイルスが無くなったわけではないので、これまで以上に健康管理を致しましょう。

2週間以内に、生徒本人およびご家族様に、37.1度以上の発熱があった場合や咳が出る場合、体調が良くない場合は無理をお休みしてください。

生徒さんの状況により、FaceTimeによるオンラインレッスンも可能ですので、お互いの幸せの為、よろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルスに感染しない生活様式を身につけましょう。

何かに触ったら、とにかく手指を消毒することです。

アルコールを含んだウエットテッシュを持ち歩きましょう。

小さい容器に入ったアルコールジェルもあります。

私は、電車に乗る時もフェイスシールドを持ち歩くようにしております。

レッスンの時も、生徒さんに近づく時や、咳やくしゃみのエチケットが難しい生徒さんのレッスンを行う時は、フェイスシールドを使います。

状況により、生徒さんにもフェイスシールドの着用をお願いすることもあります。

とにかく、感染しないようにすること、感染させないようにすることです。

感染予防に良いと言われているものは、可能な限り購入し使っておりますが、アルコールの手指を消毒するだけで100%新型コロナウイルスの感染を予防できるわけではないので、感染予防の生活習慣が大切です。