自分のミスを受け入れることができない子供たち。結城美帆子

2番の指で弾くところを1番の指で弾いてしまったので、

「いま、何番のお指で弾いたかな?」と聞いたのですが、

黙ったままなので、

「何を聞かれているかわかる?」と聞きましたら、

お首を立てに振りましたが、黙ったままです。

「いま、どこを弾いているかわかる?いま、止まったところの音符をお指で指して」と言いましたら、

黙ったままなので、

「わかる?わからない?どっちかな?」と聞きました。

しばらく黙ったままだったのですが、

「わからない」とお答えになりましたので、

「どこを弾いているのかわからなくなっちゃったのでは、はじめから弾くしかないわね。どこを弾いているのかわからなくならないように音符を見ながら弾きましょうね。」と申し上げましたら、

涙が出てきてしまいましたが、

私はレッスンを続行しました。

指導者として、二つのことを思いました。

弾いているところを本当に忘れたのか?

それとも、2番の指で弾くところを1番で弾いてしまったミスに気がついたけど、ミスをしたと言えずに忘れたと言ったのか?

〇〇ちゃんは、後者ではないかと思います。

〇〇ちゃんだけではなく、「間違ったらいけない」と頑なに思っている子供が多いように思います。

ただ、ADHDや知的障害のお子様の場合は、本当に覚えていられないので、見極めが大切です。

本当に覚えていない場合と、ミスを認められない場合の対応は、同じではないからです。

忘れっぽい子供の場合、軽度のADHDだったりする場合もあります。

成長期の子供の指導は、神経を使います。

出来たことを褒めると、ミスをしてはいけないと認識するようになりますので、褒め方は大事です。

結果を褒めるのではなく、真剣に取り組んでいる様子を褒めるようにすると良いと思います。

人間は、ミスをしますし、ミスに気がつけることが大事ということを教えてあげると良いと思います。

そうしないと、子供はアップアップして溺れてしまいます。

子供から見て、完璧な親に見えるほど子供はしんどいかもしれませんね。

子供たちに手本を弾いて聴かせる時、時々わざと間違って弾いたりすると、子供たちはホッとした様子で笑顔になります。

わざとではなく、本当にミスをしてしまう時もありますが、人間は完璧じゃないということを教えてあげてもいいのではないかと思いますし、完璧じゃなくていいんだよということを教えてあげてもいいと思います。

大人になっても「私は完璧主義なので」という人もおりますが、全てを完璧にこなせる人っているのかな?

私が出会ったことがないだけなのかもしれませんが。

つくば市のピアノ教室「ゆうき音楽教室」生徒募集。結城美帆子

『脳と心で奏でるピアノレッスン』クオリティの高い趣味として心豊かにピアノを弾き音楽を楽しみたい方

①3歳〜小学2年生の初心者募集。

②50歳〜70歳の初心者募集。

③5歳6歳の自閉症や学習障害・ADHDなど、発達障害のお子様募集。

音符の読み方から基礎を丁寧に、初歩〜上級までグランドピアノ2台で、わかりやすく楽しく個人レッスン、初歩からピアノ二重奏も楽しめます。

発達障害のお子様は、コミニケーション能力を促し、読み書きの指導や発達障害の改善を目的とした脳のトレーニングも行っております。

お気軽に体験レッスンにお越しください。入会は自由です。

土日はいっぱいですが、平日は若干の空きがあります。

ピティナピアノコンペティション。結城美帆子

今年は初参加の小さい生徒さんが多いのですが、ほとんどの生徒さんが地区予選で演奏予定の一曲は両手で弾けるようになっております。

まだ弾けるようになっていない生徒さんは、少し頑張りましょう。

4月中に地区予選で弾く2曲が弾けるようになっていることが望ましいです。

練習計画を立てて練習しましょう。

学校がお休みの今がチャンスです。

今年は3月が学校が休校になっていますから、コンペティションで上を目指している人たちにとっては、幸せな時ではないかと思います。

渡部由記子先生の生徒さんは、学校がお休みの時は12時間練習と言われますから、今年は毎日12時間練習ができるわけですから、すごいでしょうね。

結城美帆子の生徒さんたちは、自分が出来る範囲で無理をせず練習してくださいね。

地区予選だけ参加できればいいと思う人は、それでいいのです。

地区本選に進みたいと思う人は、それなりに練習をしないと進めませんから、それなりに練習をしてください。

私は、課題曲が弾けるように教えることはできますが、どれだけ上手に弾けるかは生徒さん次第です。