新型コロナウイルス対策で生徒の皆様へのお願い。結城美帆子

私が感染しない限り、私が体調不良にならない限り、レッスンは通常通り行いますし、発表会も行います。

もし、私が新型コロナウイルスや他の感染症に罹患した場合は、全ての生徒さんのレッスンができなくなりますし、発表会もできなくなります。

お互いの為に、生徒さん本人が発熱や体調不良の時は、感染症の疑いも否定できませんので、レッスンをお休みしてくださいますようお願い致します。

また、生徒さんは元気でも、ご家族のどなたかが発熱や体調不良などの方がいらっしゃる場合も、お互いの為にレッスンをお休みしてくださいますようお願い申し上げます。

当教室には、高齢の生徒さんや障害がある生徒さんも多くお越しになられておりますので、私も高齢の一人なのでご協力をお願い申し上げます。

感染症は、家族内感染を防ぐのは難しいので、よろしくお願い申し上げます。

やるべきことをやっていて何らかの感染症に罹患してしまうのは仕方がないと思うのですが、やるべきことをやらないで感染症に罹患してレッスンができなくなったり、発表会ができなくなるのは避けたいと思いますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。

私は、レッスンをお休みしないように、そして発表会が行えるように、石岡の教室に行くことも、東京に行くことも止めて、極力人がいるところへ行くことも避け、つくばの教室に隔離状態でレッスンをしております。

レッスンにお越しになる時に、必ず検査をしてきてください。

そして、もし、発熱している場合、レッスンをお休みしてください。

私が生きていてレッスンができる状態の時は、可能な限り無料で補講レッスンをする所存ですので、よろしくお願い申し上げます。

感染症は、新型コロナウイルだけではありませんので、これまでも消毒や換気をしながらレッスンをしておりました。

毎日数名の方の検温をさせて頂いているのですが、本日37.2度の生徒さんがおりましたので、明日のレッスンから全ての生徒さんと保護者の方の検温をさせて頂きますが、ご協力をお願い申し上げます。

知らないことの幸せ。結城美帆子

PCR検査PCR検査と騒いでおりますが、もし感染がわかっても治療法がない中で冷静でいられるでしょうか?

医学やAIが進歩した結果、人間の正確な寿命がわかり、自分が死ぬ日時までわかったら、人間は果たして冷静でいられるでしょうか?

わからないから一筋の光明を胸に生きていられるのではないでしょうか?

たとえ、癌の告知を受け余命を宣告されても生きていられるのはなぜでしょうか?

わかっているのは、必ず死は訪れるということです。

自分が新型コロナウイルに感染しているかどうかを知ることが大切なのではなく、今をどう生きるかではないでしょうか?

感染の有無がわかっても自分ではどうすることもできないです。

絶望して、「みんなにうつしてやる」というような人も出てくるでしょうね。

人間の心理を考えれば、想定できることです。

育ちの良さと品格。結城美帆子

国会答弁をしていた時の安倍首相に、育ちの良さと品格を感じました。

答弁中、咳が出そうになった時に、ポケットからハンカチを取り出しハンカチで口を覆って咳をしていらっしゃいました。

お家柄お家柄ですから、お育ちがよろしいのでしょうね。

それはそれで素晴らしいと思いますが、庶民の暮らしも多少わかってほしいですね。

品格とは、相手への思いやりではないかと思います。

心の余裕がないと、相手を思いやることは難しいかもしれませんね。

マスクが消えたのは、心に余裕がない人がたくさんいるということではないでしょうか?

ピアノは、心に余裕がないと上手く弾けません。

心を大切に致しましょう。

プレゼント。結城美帆子

3月末で15年間のレッスンにピリオドを打たれる生徒さんからプレゼントを頂きました。

なぜか、夫から頂いたプレゼントを思い出し、懐かしさに浸りました。

けして高額な贈り物ではありませんでしたが、本物志向でいつも心がこもった贈り物でした。

夫は海外出張が多かったのですが、中国へ出張した時は、スワトウ刺繍のハンカチをプレゼントしてくださいました。

本場中国のスワトウ刺繍は、なかなか手に入らない価値の高いもので、額に入れて飾りました。

若かりし頃の誕生日プレゼントは、ニナリッチの香水でした。

シャネルのようにきつくは無く、普段使いできる香りのものでした。

今でも愛用しておりますが、イブサンローランのリップブラシも最初は夫からのプレゼントでした。

とても品格を大切にする人で、いつだったか一緒にショッピングをしていて、歩き疲れたので当時渋谷に「12ヶ月」という名のパーラーのようなお店があり、テーブルに着いた時、テーブルの下で靴を脱いだら夫にお叱りを受けたことがありました。

「一歩外へ出たらどこで誰が見ているかわからないから気を抜いてはいけない」という教えでしたが、女性として自分の甘さを実感させられた一コマでした。

夫や東先生をはじめ、親以外の人からもたくさんのことを学ばさせて頂きました。

感謝でしかないです。