新型コロナウイルスの対策について。結城美帆子

レッスンをお休みにするピアノ教室や、オンラインレッスンを行うピアノの教室も出てきたようですが、当教室は平常通りのレッスンを行います。

当教室は、新型コロナウイルスの問題の前から、玄関に消毒液を置いてあり、生徒の皆さんや来客者には、玄関で必ず消毒液で手の消毒をして頂き、アルコールのウエットテイッシュで手を拭いてから、レッスン室にお入り頂いておりましたので、特別なことではありません。

また、加湿器で常時50%の湿度にしてありますし、空気清浄機も常時オンになっております。

レッスン室もそんなに狭い部屋ではないので、換気もそれほど悪くはないと思います。

ピアノ教室は色々な方の出入りがありますから、日頃からできることはやっているつもりです。

空気清浄機をジアイーノに買え変えようとしたのですが、9畳用〜18畳用のはあるようなのですが、大型のものが在庫がないとのことで、もう少し時間がかかるようです。

クリニックや老人ホームなどで多く使われているようです。

新型コロナウイルスの影響で、注文が殺到しているとのことです。

仕方がないので、次亜塩素酸のポットを置きました。

ウイルスは、粘膜から体に中に侵入するとのことですから、咳やくしゃみなどの飛沫を浴びないようにすることと、口や鼻や目を手で触らないことです。

やるべきことをやっていても新型コロナウイルスに感染するかもしれませんが、その時は神様の何らかの思し召しではないかと思います。

感染したら感染したでいいじゃありませんか。

その時は、その時です。

どうなるかわからないことを考えてもしょうがないです。

今できることをやればいいのです。

学校が休校になったら、たくさん練習ができるじゃないですか。

普段なかなかできない部屋の掃除もできます。

芸術は瞬間です。

オンラインでレッスンをするなら、いつもオンラインでレッスンができることになり、ピアノ教室が入らなくなってしまうのではないでしょうか?

ピアノは、対面で一人一人に同行してレッスンをするから、ピアノのレッスンの価値があるのではないでしょうか。

できる時にできることをやればいいと考えているので、今までと変わらずできる時にレッスンをします。

数回レッスンを休んだからといって、長い目で見たら何ら変わることはないと思います。

コンペティションに参加される方で、譜読みが間に合わないという生徒さんの場合は、これまでもできる時に補講レッスンをしておりました。

もし、体調が悪くレッスンをお休みする場合でも、焦る必要はなく、ゆっくり休めばいいのです。

そして、元気になったら練習すればいいのです。

私は、身の回りに起きること全てに何らかの意味があると考えるのです。

できる時にできることを致しましょう。

恩師亡き東敦子先生のお言葉です「無理はいけません」
発熱や咳が出たり体調が悪い時は、レッスンをお休みしてくださいね。

私も発熱や咳が出たり体調が悪い時は、レッスンをお休みさせて頂きます。

お互いに無理をせず、ストレスにならないレッスンを致しましょう。

念のため、レッスンにお越しになる時は検温をしてください。

毎日朝晩検温と、熟年の方は血圧を測ることを習慣にされると、健康管理にもなります。

私は、毎日しております。

親御さんへのお願い。結城美帆子

私は、心理学や精神分析の論文をよく読みます。

子供は、環境や親の影響を受けて育つと言われます。

どうぞ、お子さまがピアノが好きになる環境を整えてあげてください。

ピアノは、けして簡単に弾けるようになるものではありません。

弾けたとか弾けないなど、◯か✖️かのような見方をしないようにしてください。

できたこと、弾けたことを褒めてしまうと、できないこと、簡単に弾けるようにならない曲はトライしないような子供になってしまいます。

ピアノは、コツコツ学び続けることに価値があるのです。

楽しんでいることを褒めてあげるようにしましょう。

挑戦しようとしていることを褒めましょう。

何かに打ち込んでいることを褒めましょう。

興味を持ち挑戦しようとする気持ちが、生きていく為必要なことを学べるのではないでしょうか?

けして辛いことではないと思います。

辛いと思うことはやらないほうが良いのではないかと思います。

努力や頑張ることも必要ですが、努力することが目的ではなく、努力できることが目標ではないと思います。

ピアノは、楽しいと思えなければ上手になりません。

楽しいと思うから、家でも弾きたいと思い上達していくのです。

けして、辛い努力を我慢して上手に弾けるようになるわけではないです。

ピアノは、他者と比べることでも、我慢して頑張って練習をしなければならないものでも、辛い努力をしなければならないものでもなく、心豊かに楽しむものです。

神のみぞ知る。結城美帆子

何が正しいのか、どれが正しいかは、誰にもわからないのではないでしょうか?

どんなに努力をしても、どんなに頑張っても、自分の望んでいる結果が得られないこともあります。

どんなに努力をしても、どんなに頑張っても、なるようにしかならないこともあります。

人間は、いつもと違うことが起きると不安になるようですね。

伝染病(感染症)は、今に始まったことではないです。

今は、みんなが治療を受けられる可能性があるわけですから、昔に比べたら幸せではないでしょうか。

学校を一斉に休校ににすると安倍首相が言ったのは、医療崩壊を少しでも防ぎ亡くなる人を少しでも少なくする為ではないでしょうか?

国民皆保険ができる前(昭和34年、1959年)までは、病気になってもみんながお医者様に診てもらえたわけではなかったようです。

結核を発症すると、家族が感染しないようにと、物置などに閉じ込められていたようです。

不平不満ばかりを言うのではなく、生きていることに感謝できる人間でありたいと思います。

安倍首相も国も、国民の生命と財産を守る為に、それなり一生懸命にやってくださっていると思います。

日本は、良くなったと思います。

日本の皆保険制度は、国民の為に守らなければならない制度ではないかと思います。

国民皆保険制度がなかった時は、医師に診てもらえず死んでいった人たちがたくさんいたということを忘れてはならないと思います。

国民皆保険制度ができる前は、今のように誰でも気軽にお医者様に診てもらうということはなかったのです。

お金に余裕がある人しか、お医者様に診てもらうことができなかったのです。

多くの国民が「医者に診てもらって死ねるのは幸せ」と言っていたのです。

もし、医療が崩壊したら、医師に診てもらうことなく死んでいかなければならなくなる人がたくさん出るのではないかと思います。

私の個人的な意見ですが、もう少し医療の価値を上げても良いのではないかと思います。

今は、あまりにも気軽に医者にかかりすぎているのではないかと思います。

自己負担金をもう少し上げるとか、それこそ患者は窓口で10割支払って患者自身が健保組合に申請するようにすれば医療費を抑制できるのではないでしょうか?

安易に医療を受けすぎているように思うのです。

医療は、資源ということを忘れてはならないと思います。

国民皆保険制度は、結核で死ぬ人を減らす為に病院への受診を促すことが目的の一つだったと祖父に言われました。

国民皆保険制度は、国民の命を守る為にできたものなのです。

「医者の立場から言えば、自由診療でも保険診療でもどっちでも構わない」と、お世話になっている岡部先生が申しておりました。

自由診療になれば、患者さんも医者を選ぶようになるから、ダメな医者は淘汰されることにもなる。割烹料理たむらの出し巻き卵とスーパーで売っている出し巻き卵と同じ値段だったら、割烹料理たむらの出し巻き卵を買うでしょう。」ともおっしゃっておりました。

国民皆保険制度が崩壊して困るのは、国民なのです。

なぜ、医療を受けるのかを考えることが必要なのではないでしょうか?

私は、仕事を辞める時が、医療を受けるのを辞める時と考えております。

良い仕事をする為に、生徒の皆様に良いレッスンを提供する為に、健診を受けたり医師や管理栄養士さんから専門的な知識を頂いております。

生徒の皆様へのお願い。結城美帆子

レッスンにお越しになられる時に、念のため検温をお願い致します。

発熱や体調不良の場合は、レッスンをお休みしてください。

ご家族の中に発熱している方や体調不良の方がいらっしゃる場合もレッスンをお休みしてください。

お休みが多い生徒さんの場合は、状況によりサービスとして無料で補講レッスンを致します。

こまめな手洗いを習慣にしましょう。

レッスン室にと玄関に、ウイルスポットを置きました。

みんなで乗り切りましょう。

神のみぞ知るです。

自閉スペクトラム症。結城美帆子

自閉スペクトラム症が疑われる場合、医師の診断を受けたほうが良いと考えておりましたが、医師の診断を受けたからといって、自閉スペクトラム症は治療法があるわけではなく、精神の自由を奪うような薬が処方されるようなので、積極的な受診はおすすめしないことに致します。

自閉スペクトラム症は、主体を出せないでいるのに、精神の自由を奪うような薬を服用させたら、一生懸命に主体を引き出すレッスンをしているのに、相反したことをしていることになります。

発達障がいを専門としている医師の中には、発達障がい者の治療の目的は、家族の幸せとおっしゃる方もおります。

私は、自閉スペクトラム症の方の幸せを目的にピアノのレッスンをしております。

自閉スペクトラム症は、障害ではなく個人の特性です。

本人が自分の特性を理解し、どうすれば良いかを考え生きていけるようになれば良いことです。

ピアノは個人レッスンですから、個人の特性が前面に出てきますので、指導者が解釈することによって本人に気づかせ、考えさせることができるのです。

みんなそれぞれ個性がありますから、健常者でも自閉スペクトラム症の人でも同じなのです。

国は、新型コロナウイルスの検査をしてくれませんが、検査をしても治療法が確立されていないわけですから、検査をしてもしょうがないと思います。

自閉スペクトラム症も、治療法が確立されていないので、医師の診断を受けてもしょうがないと思います。

それこそ、検査を受けて診断を受けるだけだったら、医療資源の無駄遣いではないでしょうか。

今、一番怖いのは、医療が崩壊することです。

医師や看護師も新型コロナウイルスに感染しているようです。

医師や看護師など医療従事者が医療を提供できない状態になったら、新型コロナウイルス以外の患者さんの治療もできなくなるのです。

まずは、医療従事者を新型コロナウイルスの感染から守ることが一番大切なことではないでしょうか。

その為には、むやみに病院やクリニックを受診しないことではないでしょうか。

ピティナピアノコンペティションに参加される方の選曲をしております。結城美帆子

石岡のレッスンルームを本日から3月いっぱいお休みにさせて頂いたので、今日は一日中コンペティションの選曲をしております。

今年は、A2級・A1級・B級・C級・F級・連弾初級A・連弾初級B・連弾初級Cに、10名以上の生徒さんが参加予定なので、選曲に時間がかかっております。

選曲は大事なので、頑張ってます。

3月2日から学校が一斉に休校になるようですので、ピアノの練習をして頂けると嬉しいです。

縛りがあるのは新型コロナウイルスではないです。結城美帆子

母が脳梗塞を発症して入院した時の経験です。

病気によって入院期間や支払われる金額が決まっている包括なので、医師が必要と考えてもできない検査もあるようです。

愛犬が赤坂動物病院に入院した時は、朝晩2回の採血がありましたが、入院治療費は1週間程度で100万円以上です。

人間の場合、朝晩2回の採血は保険で認められていないと思います。

急性期病院と回復期病院でも、できる検査や検査の回数が決められているようです。

以前のように出来払いで医療費が支払われていたら、すぐに破綻してしまうでしょうね。

1回で2億円もする薬が保険適応のなったようですから、色々難しいのでしょうね。

生きるとは何なのか?

みんな死にたくないと思います。

生きる為には、多額のお金が必要みたいですね。

治療の目的は何なのか?

批判を受けるのを覚悟で書きますが、生涯に渡り自分の力で稼いで生きることが難しく、生涯に渡り何らかの支援を受けなければ生きていくこと、生命の維持が難しいであろう人に、国民の税金である健康保険から2億円を支払うのでしょうか?

脳梗塞を何度も再発した母を介護した経験から、健康保険や介護保険は有難かったのですが、介護保険は介護を担う家族のためと理解しましたが、治療は誰の幸せの為なのだろうと思いました。

医療とは、治療とは、何なのだろうと考えました。

医療の目的とは、治療の目的とは、何なのだろうと考えました。

高齢になるとコレステロールが上がってきますのでコレステロールを下げる薬を服用している人もいると思いますが、1回の自己負担金が2万円以上と高額ですが月に一度注射をするだけでコレステロールが下がる薬もあるようです。

高額な薬は、オプシーボだけではないようです。

個人的な経験。結城美帆子

30年くらい前になりますが、介護の勉強の為に、知的障害者施設と老人ホームで介護の仕事に携わっていた時のことです。

皮膚病の感染症「疥癬」が施設内で発症し流行したことがありました。

入所者の介護の為に、入所者の体に触れますから、接触感染をするのです。

なので、入所者の介護をする時は、ゴム手袋をしました。

疥癬に感染した入所者は、個室に移しました。

毎日、清拭をして、塗り薬を塗布して、入浴はムトウハップを入れて入浴させておりました。

感染した職員もおりまして、終息するまで半年間くらいかかったと思います。

毎日の清拭と、毎日のシーツ交換、薬の塗布、衣類は消毒液につけてから洗濯してました。

命に関わる感染症ではありませんでしたが、終息するまでは大変でした。

感染症は、自分だけ治れば良いというものではないので大変です。

新型コロナウイルスも、検査検査と騒いでおりますが、40年前は、インフルエンザの検査キッドなんてものはありませんでしたが、お医者様は対応してました。

40年前は、CTやMRI検査もありませんでしたが、祖父は脳卒中の診断を受けました。

脳梗塞と脳出血の治療は同じではないので、検査が出来るようになったから治療が出来るようになったということなのでしょうね。

新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染と言われておりますから、手洗いを徹底して、口や鼻や目からウイルスを体に中に侵入させないことが大切ですね。

目の手術をした時に使う目の保護メガネをするのも予防になるかもしれませんね。

新型コロナウイルスはアルコールで消毒できるのであれば、喉を潤すマスクがありますが、パットにアルコールを含ませてマスクに装着すれば新型コロナウイルスから飛沫感染を防ぐことができないでしょうか?

ダチョウの抗体を塗布したマスクは医療機関に優先で売られるとのことなので、マスクにウイルスを除菌出来るものを塗布できれば、飛沫感染を防げるのではないでしょうか?

なんて、バカなことを考えてしまいました。

まあ、もし感染しても全ての人が重症化するわけではないようですから、重症化しないように、免疫力を高めましょう。

質良い睡眠と、なるべくストレスを避けて、バランスの良い食事を致しましょう。

普段からの健康管理が大事です。

新型コロナウイルス、平常心を保ちましょう。結城美帆子

世間では、「検査検査、なぜ検査をしてもらえないのか?」と騒がれておりますが、今の段階では検査をしてもし陽性の結果が出ても、対処療法しかないのです。

検査機関で感染する可能性を考えれば、私は極力検査を受けないようにしたいです。

病院やクリニックは、色々な人が行き来しますから、色々な感染症に罹患するリスクが高いです。

スペイン風邪の時に、感染率が高かったのは、医師、次に学校の先生だったそうです。

検査検査と騒ぐ心理は、怖いからではないでしょうか?

人間、誰しも死は怖いですからね。

もし、新型コロナウイルスの検査が健康保険でできるようになったら、人間の心理を考えれば、病院やクリニックは検査を受けたい人でパニックになるのではないでしょうか?

全ての国民に良識があるかどうかはわからないですからね。

当教室にも、マスクを二枚重ねてしてくる方もいらっしゃいます。

国の対応が後手後手のようにも感じますが、国が国民を守る為に知的障害者や精神障害者・らい病患者にしてきたことを思えば、けして間違った対応ではないと思います。

みんなが自分のことだけを考えるのではなく、みんながみんなの幸せを考えて行動できるといいですね。

お互いの健康と幸せを考えられるといいですね。

医学が進歩していると言われておりますが、無力ですね。

人間は、こんなものではないかと思います。

みんなが幸せにならないと、個人の幸せもないのではないでしょうか?

稼げる人と稼げない人、経済格差が広がっておりますが、新型コロナウイルスの検査はお金がある人も受けられないようですから、お金で命が買えるということはないということです。

お金や努力で得られないこともあるということです。

色々考える良い機会なのではないでしょうか?

みんなが家に閉じこもってしまったら、どうなるでしょうか?

宅急便も使えなくなり、スーパーも閉まってしまったら、どうなりますか?

37.5度の発熱が続く病気は、新型コロナウイルスだけではないです。

虫垂炎や私も罹患した百日咳、インフルエンザ、亜急性甲状腺炎などなど、色々な病気があります。

医者でもない素人が、判断するのは難しいです。

やはり、普段から健診を受けなんでも相談できるかかりつけ医を持つことが大切なのではないでしょうか?

普段お世話になっているクリニックであれば、電話で相談できる電話再診というものがあり健康保険で受けられるのです。

電話再診は、無料ではないですよ。

音楽療法。結城美帆子

私の教室には、自閉スペクトラム症のお子さまもお越しになられておりますが、音楽療法という概念でのレッスンは致しておりません。

音楽は、療法などと言わなくても、心と体を元気にしてくれて癒してくれる存在です。

私は、生徒の皆様へピアノのレッスンをさせて頂くことで元気になり、生徒の演奏を聴かせて頂くことで心が和みますから、生徒の皆様から私が音楽療法を受けているようなものです。

音楽には、不思議な力があるのです。

音楽は、人間の心と体に作用して、心を癒してくれて心と体を元気にしてくれて、生きる力になるのです。

心と脳が壊れると、人間崩壊に向かうのではないでしょうか。

音楽は、人間が人間の尊厳を保つ為にも必要な存在ではないでしょうか?