ピアノはソナチネレベルから楽しさが増します。結城美帆子

昨日のレッスンで、3月に行う年度末の発表会の曲を選ぶのに、数曲出だしだけ弾いて聴かせました。

「どれを弾きたいと思った?」と、聞きましたら、

「ぜんぶ」とお答えがありました。

先月からソナチネアルバムに入った生徒です。

弾きたいと思う曲があるということは、意欲の向上になり、とても良いことです。

東海道新幹線殺傷事件、小島一郎被告。結城美帆子

痛ましい事件でした。

小島一郎被告は、境界型パーソナリティー障害の診断を受けているとの報道もあります。

被害に遭われた方はお気の毒ですが、自分の人生に希望を見出すことが出来ず自ら命を絶つことも出来ず他者を巻き添いにして刑務所に入ることしか生きる道を見出せなかった小島一郎被告も気の毒に思います。

人格障害は、刑を問われ時には死刑判決も下されます。

養育環境が原因で、後天的に人格障害や精神障害を発症する場合もあります。

産まれてきた時は、みんな天使だったのです。

悪魔にならないように、たくさんの愛情で子供たちを育てましょう。

犯罪者(悪魔)を生み出さない社会にしましょう。

小島一郎被告が、一人でも愛ある人に出会っていたなら、こんな痛ましい事件は起こらなかったのではないかと思います。

真実の愛とは、何の見返りも期待もしない無償の愛です。

人間は、人間の愛がないと育たないというのは、過去の心理学者や精神科医が行った実験結果の論文を読めば明らかです。

愛情を受けないで育った人は、愛情を知らないので人を愛することを知らないのです。

虐待を受けて育った人は、虐待をしてしまうと言われますが、自分が愛された経験がないので愛するということがどういうことか分からないため、愛することが分からず愛することが出来ないのです。

子供を虐待した親が、「しつけのためにやった」とか「愛情で叩いた」などと言いますが、彼らは本心で子供のためにしたと思っているのかもしれません。

自分が虐待を受けてと認識できれば回復できる可能性がありますが、小さい子供は親からどんなに虐待を受けても、虐待で親から一時保護されても親のところへ帰りたいと小さい子供は言うのです。

親から虐待を受けている場合、子供を親から離して保護をするのではなく、子供と親を一緒に保護して両方に愛情を与え治療したほうが悲惨な事件は起きなくなるのではないかと思います。

子供を虐待する親は、親自身が心を病んでいるのです。

罪を犯す人も、やはり心を病んでいるのではないかと思います。

犯罪者を生み出さない人に優しい社会をつくりましょう。

犯罪者を生み出さすことなく、障害者も子供も高齢者もみんなが安心して幸せに暮らせる社会になるといいですね。

その為には、自己利益を追求する生き方から他利的生き方になると良いのではないでしょうか?

日本は、昭和の時代まではお金より名誉の時代だったと思いますが、平成の時代になってから、急速にお金がすべての社会になったように思います。

医療でさえも、お金がない人は安価なジェネリック薬しか処方してもらえなくなってます。

名誉よりお金の社会になると、様々な部分で社会のゆがみが表面化するのではないでしょうか?

愛情や心は、どんなに大金を積んでも買うことが出来ません。

世の中には、お金で買えないものがまだまだたくさんありますよ。

ピアノのレッスンにしても、2歳3歳からレッスン料を払うなんてもったいないとお考えの方もいると思いますが、2歳3歳でしか得られないこともあり、リズム感や絶対音感など音楽的な能力は時期を逃したらどんなに大金を積んでも身につけることが出来ないこともあります。

ピアノのレッスンは、付加価値がたくさんあると思います。