学校の音楽会でピアノの伴奏者のオーディションで選ばれた生徒さん。結城美帆子

レッスンで力を入れて弾いているようだったので「学校の先生に何か言われたの?」と聞きましたら

「うん」

体育館のグランドピアノを使って音楽会の練習をしているとのことで「音が小さいからもっと大きな音で弾いて」みたいなことを言われたとのことです。

小学1年生で身長が小さいほうのお子さんです。

グランドピアノは、テコの原理で音を出しますので、身体が大きい人と小さい人、手の大きさなどでピアノから出てくる音の大きさは異なります。

〇〇ちゃんは、先生に言われたので一生懸命に大きな音が出るように弾いたのでしょう、手に負荷がかかり過ぎているように見え多少心配になりましたが、あと1週間で本番とのことなので、本人が弾きたいように弾くのが一番かなと思い、そのように申し上げました。

小さい子供に無理して大きな音を出させるようなことをすると、腱鞘炎を起こしたり、変な癖がついてしまうことがあるので注意が必要なのです。

でも、本人自らオーディションを受けると言ってオーディションを受けて選ばれたことは、素晴らしいです。

本人自らオーディションを受けてみようと思ったこと、チャレンジしようと思ったことが、素晴らしいです。

私は、チャレンジ精神が高い人に育って欲しいと願っております。

結果にこだわらずチャレンジできる人に育って欲しいと願っております。

ピティナピアノコンペティションも、最初から「私は無理だから」とか「私はそんなに練習しないから」とか「他にも習い事をしているので練習する時間がないから」とかおっしゃって参加をされなかったり、参加を拒む親御さんもおりますが、結果ではなく挑戦することに意義があると思います。

挑戦することで学べること得られることがあります。

ぜひ、挑戦してください。

手当たり次第コンクールを受ければ良いと申し上げているわけではないです。

ピティナピアノコンペティションは、バロックスタイル・古典スタイル・ロマンスタイル・近現代スタイルと四期のスタイルが学べるのでおすすめしております。

私が知り限りにおいては、幼児〜大人まで四期が学べるのは、ピティナピアノコンペティションだけです。

ピティナピアノコンペティションの課題曲が順次こなせて参加できれば、普通にピアノが弾けると言えます。

私は、高校3年生以下のF級まで、レッスンをお引き受けした全ての生徒さんがチャレンジできることを願って日々レッスンをしております。

私が、ピアノが普通に弾けると申し上げているレベルは、A2級(幼児)〜F級(高校3年生以下)に順次参加して地区予選を通過し地区本選に参加できるレベルです。

ショパンのエチュードやベートーベンの三大ソナタ程度の曲が弾けて、普通にピアノが弾けると言えるのではないかと思います。

レッスン料を無駄にしないためにも、どうぞピアノが普通に弾けるレベルまで続けてください。

ジェネリック。結城美帆子

私の教室には、医療関係のお仕事の親御さんやご本人がけっこういらっしゃいます。

そんな中、何人かのお医者様に「ジェネリックは使いますか?」と質問をさせて頂きました。

皆さん、ジェネリックは使わないとのことです。

「ジェネリックのほうが安いので、患者さんが安いほうがいいからジェネリックを処方してください」と言われればジェネリックを処方するとおっしゃったお医者様もいらっしゃいました。

お医者様本人やお医者様のご家族は、ジェネリックの薬を使わないのです。

先発薬と後発薬ジェネリックは、同じと言われますが、全く同じということではないのです。

ジェネリックは、原料をインドネシアや外国から輸入しているのです。

厚生労働省は、医療費削減の為に、安価なジェネリックを使わせるようにしてますが、ジェネリックは怖いです。

お医者様方がジェネリックを使っているのであれば納得しますが、お医者様がジェネリックを使っていないのであれば、ジェネリックは安心ということではないと思います。

医療費削減の為には、生活習慣病などの慢性疾患にならないことではないでしょうか。

入院すると、定額制なので、疾患によって健保組合から病院に支払われる金額が決まっているので、治らなくても退院や転院を迫られるのです。

外来も定額制に移行しようという動きがあります。

どれだけ治療しても入ってくる金額が決まっているので、病院やクリニックは治療をしないほうが利益になるので、良心的な治療が受けられなくなるかもしれません。

病院やクリニックなど医療機関への縛りがあるようなので仕方がないかとは思いますが、保険税を納めているわけですから、適切な医療を受けたいと思います。

これからは、まともな良い医療を受けたければ自由診療ということになるかもしれませんね。

実際、自由診療のクリニックが増えてきていると思います。

胃カメラ大腸カメラの検査を受けている半蔵門胃腸クリニックは、検査は全て自由診療です。

岡部クリニックは、保険診療と自由診療の混合です。

保険診療は、最低のことだけしかできないのではないかと思います。

保険診療だけで健康寿命を延ばすことはできないと思います。

そもそも保険診療は、病気になった時に受けるものですし、健康寿命を延ばす為に受けられるものではないのです。

昨夜テレビ番組で岡部先生が言っていたように、自分の身体を知り、専門家の指導のもと、生活習慣病を予防することが、健康寿命を延ばす秘訣ではないでしょうか。

みんなが人間ドックを受けて病気を予防、早期発見早期治療をすれば、医療費は削減できるのではないでしょうか。

人間ドックこそかかりつけ医のもとで行うべきだと思います。

私は、市の健診を受けたことは一度もありませんが、岡部先生のもとで、脳ドックも受けておりますし、岡部先生から紹介を受けて半蔵門胃腸クリニックの掛谷先生のところで、胃カメラと大腸カメラと頸部エコー検査と心臓のエコー検査と全身のCT検査を自由診療で受けております。

掛谷先生のところの結果は、全て岡部先生に送られるので、岡部先生が総括して診て下さっております。

人間ドックの良いところは、早期に発見でき必要に応じて治療や経過観察をしていただけるということではないでしょうか。

人間は生身ですからどんなに注意をしていても病気になることもあるでしょうし、老化しますし、いずれ死にます。

人間ドックは、自分の身体を客観的に知ることができます。

自分を知ることが、自分の人生を生き、自分で終止符を打てるのではないかと思います。

「人生会議」という言葉もありますが、自分の最期のあり方は自分で決めたいですね。

その為にも、たえず自分の身体を客観的に知ることが必要で大切ではないかと思います。

私は、ジェネリックの薬を服用してまで生きていたくはないです。

ジェネリックは、人のまわしで相撲を取るように思うので好きではないのです。

だって、オリジナルを作るって大変なことです。

私は、オリジナルな生き方をしたいと思ってます。

誰かの真似をするのは嫌なのです。

私の人生哲学です。

ピアノの指導においても、誰でもできる指導はしたくないと思ってます。

私にしかできないオリジナルな指導法がなければ、こんなにたくさんピアノ教室がある中で私がピアノを教える意味があるか考えてしまいます。

私の指導法は、40年の指導経験で培った私にしかできないオリジナルな指導法です。

試行錯誤し悩みに押しつぶされそうになったこともありましたが、今は自分の指導法に自信を持っております。