私が若ければやりたいこと。結城美帆子

もし、私が若ければ高齢者向けの便利屋と見守りとピアノの指導をコラボしたピアノ出張レッスンをやりたいと思います。

ピアノは、認知症の予防に良いのです。

高齢者になって困ることは、お買い物や電球の交換、高いところのお掃除、ゴミ出しなど、ちょっとしたことではないでしょうか?

高齢者になっても認知症でなければ介護保険は使えませんので、ヘルパーさんを頼むこともできないのです。

お弁当屋さんが、見守りを兼ねてお弁当を配達しているところもあります。

多少勉強すれば、体調の変化に気づくようにもなりますから、ピアノの先生が週一度定期的にご自宅へレッスンに伺うのって良いと思うのですが、いかがでしょうか?

レッスンに伺う時に、頼まれればお買い物をして差し上げても良いと思います。

ピアノのレッスン料にヘルパー料を介護保険の点数で計算して頂けば良いのではないかと思います。

ピアノの先生は、もっと社会貢献ができると思います。

誰かの役に立つことで幸せホルモンが分泌され本人も幸福感を得られるのです。

ピアノのレッスンは、人々を幸せにすることですもの。

生徒の微笑みや笑顔は、指導者にとって喜びです。結城美帆子

失敗しても微笑んで頂けると嬉しいです。

失敗してもいいじゃありませんか。

真剣にやらなければならない時もありますが、楽しくやりましょうよ。

私は、生徒さんたちの笑顔が大好きです。

生徒さんたちの微笑みが大好きです。

失敗して照れ笑いする時なんて可愛く思います。

人間は、失敗もします。

失敗を恐れて挑戦しない人は、もったいないと思います。

人生、トライすることに意義があると思います。

だって、やってみなければわからないことってたくさんあると思います。

失敗から学ぶこともたくさんあると思います。

精神分析で言う「去勢」をいつまでも免れていると、本当のと言いますか真の自由は得られないと思います。