趣味でもソルフェージュと楽典。結城美帆子

音高音大を受験する生徒には、当然ですが、ソルフェージュ(リズム聴音・旋律聴音・和声聴音・視唱・コーリューブンゲン)と楽典もレッスンしてきましたが、趣味でピアノを楽しみたい方もソルフェージュと楽典のレッスンが必要ではないかと思います。

「趣味で楽しみたいだけなのでピアノのレッスンだけでいいです」とおっしゃる方がおりますが、ソルフェージュと楽典は、ピアノを弾くうえでの基礎なので、ソルフェージュと楽典を学ばないでピアノを弾くということは、学科を学ばないで車の運転をするようなものなのです。

多くのピアノ教室が30分レッスンなので私も同じようにしてきましたが、30分レッスンでソルフェージュと楽典とピアノをレッスンするのは非常に難しいです。

私は、ピアノを習い始めた時から、音楽高校を受験したいと思っておりましたので、ソルフェージュのレッスンも受けておりました。

親御さんの中には、体験レッスンでピアノを弾かせないとよく思わない方もいるようなので、難しいです。

昨年から私の教室は初級から、年少年中さんは30分レッスン、年長さんは45分レッスン、小学生以上は60分レッスンで行っておりますが、理解力も向上し、初歩から毎日30分の練習が出来ております。

ピアノは、毎日練習を継続することが重要なので、良い傾向と思っております。

ピアノのレッスンを途中でやめてしまう原因の一つは、弾けないからです。

私の教室は、初見のレッスンをしており、レッスンで弾けるようになった曲を家で練習して頂くようにしておりますので、弾けないから練習できないということはありません。

初見がスムーズにできる生徒は、ソルフェージュ力が有る生徒さんです。

45分レッスンや60分レッスンは、レッスン料金もお高くはなりますが、得られるものは有ります。

30分レッスンの場合は、初見のレッスンが両手までできなかったり、ソルフェージュ(譜読み・聴音)と楽典のレッスンがほとんどできません。

ソルフェージュは、基本的にバイエル終了まで行い、基礎の知識を身につけます。

ブルグミュラー25番に入ってからは、ピアノのレッスンだけで60分必要なの、専門コースに進まれる方のみ別枠でソルフェージュのレッスンを行っております。

私は、趣味でもショパンやベートーベンのソナタが弾けるレベルになっていただきたいと思っております。

その為には、ソルフェージュと楽典が必要です。

チェルニー30番程度でレッスンをやめてしまうと、「ピアノは習ったけど弾けるようにならなかった」ということになってしまいます。

せめてチェルニー40番を終了するところまでレッスンを受けていれば、ブランクがあっても弾けなくなるようなことはありません。

なぜなら、チェルニー30番は基礎が出来ていなければ弾けませんし、40番は30番がきちんと出来ていなければ指定された速いテンポで弾くことは無理だからです。

ピアノのレッスン料を無駄にしない為にも、せめてチェルニー40番終了まではレッスンを続けていただけると良いと思います。