いじめ。結城美帆子

いじめられたことが原因で、いじめた人を刺し殺してしまった事件がありました。

いじめを苦に自殺をしてしまった子供の事件もありました。

いずれも中学生です。

自殺をする人は、SOSを出しているといいますが、本当に自殺をする人はSOSなんて出さないで実行します。

私は、以前、無料でカウンセリングを行っていた時期があります。

なぜ、無料でカウンセリングを行っていたかと申しますと、悩んでいる人を食い物にすることはしたくなかったからです。

カウンセリングを生業にするということは、悩み苦しんでいる人がいなければ生活が成り立たなくなります。

反対に申せば、悩み苦しんでいる人がいれば、カウンセラーは食いっぱくれることがないので、悪いカウンセラーさんは、クライエントに「一度で良くなることはありません」なんて言って、継続的にカウンセリングに通うことを勧めたりしますが、私は継続的なカウンセリングは致しませんでした。

継続的なカウンセリングを行うと、クライエントはカウンセラーに依存的になり、カウンセラーから離れられなくなるのです。

どの世界にも「いじめ」はあります。

おそらく「いじめ」がなくなることはないでしょう。

精神科医や心理士も同じ人間ですから色々な悩みを抱えているのです。

スクールカウンセラーだって同じです。

彼らは、少し知識があるだけです。

私が、無料でカウンセリングを行っていた時、自死遺族のご家族の方が遺書を見せてくれたのですが、「僕は逃げる方法を知りません。だからみずから命を断つしかありません。」と、書いてありました。

彼の自殺は、パワハラが原因だったのではないかと思います。

あっちでも、こっちでも、「頑張れ」とか「努力」とか「成功体験の積み重ね」とか言われておりますが、休むこと、休息することや、失敗の体験も必要ですし、時には逃げることも必要ということも、普段から教えておくと良いと思います。

失敗があるから、成功があるのです。

緊張は、緩和があるから緊張がわかるのです。

頑張ることも大切ですが、休息も大切です。

「押しても駄目なら引いてみな」という言葉もありますでしょう。

私が、無料のカウンセリングをやめた理由は、無料で行うと依存的になるからです。

どんなに苦しくても、自分の問題は自分の責任で解決しなければならないのです。

解決する為のお手伝いは致します。

私ができることは、精神分析的心理相談です。

依存的にならないようにする為に、料金を頂いておりますが、回数は本人次第です。

多くの方は、一度でほこ先が見えてくるようです。

料金を支払うことで、解決しようという意欲も高まりますし、依存的にならないですみます。

現在は、生徒さんに限ってますが、高校生までは無料でカウンセリングを行っておりますので、もし、お子さんが何か悩んでいそうな時はお気軽にご連絡をください。

私のピアノ指導の目的の一つは、生きる力を養うことですから。

親御さんのご相談も有料ですがお受けしておりますので、何かお悩み事がある方はお気軽にご連絡ください。

1回の相談料は、90分程度5,000円で行っております。

精神分析的心理療法も行っております。

「夢」結城美帆子

喉の手術を受ける夢を見ました。

胃カメラと大腸カメラの検査を受けている掛谷先生が「麻酔がかかっているから大丈夫だから」というのですが、怖くて、、、、

喉をメスで切り開かれたところで目が覚めました。

精神分析では、夢は自分の無意識の心を表していると考えます。

私が何かを悩んでいるのか、はたまた、何かの決断をしたのか、メスで切ったわけですから、今までの何かと決別、死と再生の夢ではないかと思います。

去勢の夢でしょう。

去勢は、子供から大人になる時に必要ですが、痛みを伴います。

改革の時も、痛みを伴います。

母が亡くなって1年6ヶ月が過ぎ、次のステップへ行く為の覚悟ができたということかも知れません。

自分で自由連想をします。

何かが見えてくることでしょう。

予定納税額。結城美帆子

個人のピアノの先生は個人事業主なので、個人で税務申告して納税をしております。

実は、ピアノ先生って、お父様や旦那様の扶養家族になっていて、税務申告をしていない人もけっこういるみたいです。

自分名義の資産を持っていなければ、税務署は何も言ってきません。

私の知り合いの先生で、音楽大学で非常勤講師もしていたのですが、お父様が亡くなった34歳まで、お父様の扶養家族に入っていましたので、彼女は藤原歌劇団の伴奏ピアニストも務めていて、伴奏者としても名の知られた人だったので、毎月100万円くらいの収入があったにもかかわらず、税務申告をしていなかったのです。

お父様が亡くなった時に、税務署から呼び出しを受け、その後は独身ということもあり、税務申告をするようになったと申しておりました。

実は私も30歳までは扶養家族に入っておりました。

音楽教室に、講師を雇うようになり、雇い主は源泉をする義務が生じますので、扶養家族ではいられなくなったのです。

税務申告をして納税をすると、社会的な信用が得られるようになるみたいです。

時々ピアノの先生と税務申告の話をする時があるのですが、話を聞いていると、「税務申告をしているようなことを言っているけど、していないな」と思われる先生が多いです。

なぜ、税務申告をしていると嘘をついているのがわかるかと申しますと、まだ働いていない来年の予定納税額を税務署さんはご丁寧に計算してくださいますので、まだ仕事をしていないのに、予定納税額を納めてるのですが、税務申告をしていない人はこのことをわからないのでしょうね、「1万円とちょっとだけ今年の分を納めてきたわ」とかおっしゃいます。

私は、数字や法律はよくわからないので、顧問の税理士さんや弁護士さんをお願いしているのです。

一般的には、各業種6年に一度くらいに税務署の監査が入るといわれておりますので、お金がかかっても専門家を入れておかないと怖いです。

つくば市でピアノを教えているピアノの先生の旦那様は研究所の方が多いですから、税務申告をしていないピアノの先生が多いのではないかと思います。

旦那様の扶養家族に入っていたほうが、旦那様の福利厚生も使えますし、旦那様の納税額も抑えられます。

ただ、扶養家族に入っていると、社会的な信用が得られませんから、自分の名前で銀行から融資を受けることはできません。

ご自身が旦那様の扶養家族に入っているピアノの先生だったら、生徒に「自立して生きていける力を身につける」なんて言えません。

私は、ピアノのレッスンで自立した人間を育てたいので、一生懸命に働いて一生懸命に税務申告をして頑張っております。