ピティナピアノコンペティション。結城美帆子

生徒をピティナピアノコンペティションに参加させるようになって10年くらいですが、毎日30分くらいしか練習をしていなくても地区予選を通過できる生徒もおりますし、毎日2時間も3時間も練習しているのに地区予選を通過できない生徒もおります。

ピアノは、練習時間じゃないのです。

全国大会を目指す人は、それ相応の練習をしていると思いますが、練習をすれば全国大会へ出場できるというわけでもないようです。

私が教えた生徒で地区予選を通過できた人たちは、まず通過できた全ての生徒が「勝ち気」という共通点があります。

そして、感性が豊かなのかもしれません。

私の指導方針として、ピアノオンリーの生活は望んでおりませんので、当教室の生徒たちはピアノの他にバレエやバイオリン・お絵描きなどを習っている生徒が多いので、家庭での練習時間は非常に少ないのですが、レッスンで譜読みや弾き方を教えると、1週間後のレッスンの時には、教えたわけではないのですが自然に曲想を入れて弾くのです。

与えられた曲に対して、自然に曲のイメージが湧くようなのです。

そのような生徒さんは、少ない練習時間でも地区予選を通過できるようです。

打てば響く生徒は、少ない練習時間でも地区予選を通過できるようです。

地頭力なのかな?感性なのかな?打てば響くような子は、少ない練習時間でも地区予選程度は通過できているのです。

私の指導方針として、徹底して楽譜を見て弾かせておりますので、あえて「暗譜」の指示をしなくても、自然に暗譜ができているのです。

音大を受験する時に、東敦子先生から紹介をされた東京音楽大学ピアノ科の助教授だったS・H先生に、暗譜の仕方を教えて頂いたのですが「楽譜を見ながら暗譜しなさい」と言われて、チェルニー100番練習曲を毎回のレッスンで5曲ランダムに先生が指定した曲を初見で弾いて暗譜をさせられました。

ピアノは、脳で弾くのです。

集中力が育まれたと思います。

歌を暗譜する時は、よく、書いて覚えるという人がおりますが、オペラの楽譜は何百ページもありますから、無理です。

私は、歌の情景と楽譜を頭に入れます。

なので、自分の楽譜じゃないと、同じ楽譜じゃないと、暗譜ができないのです。

ピアノ曲を暗譜する時も、楽譜を覚えますから、いつも使っている楽譜じゃないとダメなのです。

私の頭は、インデックスのようになっていた時もありました。

残念ながら、現在は、この曲は何の楽譜の何番とか出てこなくなってしまいました。

30歳くらいまでは、ピアノの曲も声楽の曲も、自分の頭の中で楽譜を探せたのですが、、、、

空き時間のお知らせ。結城美帆子

土曜日17時〜18時の生徒さんが、レッスンの日時を変更されましたので、土曜日17時〜18時のレッスン枠が空きました。

レッスン時間の変更をご希望の方も可能です。

先着順とさせて頂きますので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。

日曜日は今のところ空いている時間はありませんが、平日は若干空き時間がございます。

危惧していること。結城美帆子

私は、ピアノの指導の他に精神分析的心理療法も行っております。

祖母や母を自宅で介護をした経験から、危惧していることがあります。

国は、在宅医療を進めており、在宅専門医もおります。

在宅医療を受ける人たちは、治療ができなくなった人たちです。

死ぬのを待っている人たちです。

在宅専門医は、死ぬのを待っている人たちの死ぬのを待って死亡診断書を書くのが仕事なのです。

もし、私が医者だったら、精神的に耐えられないと思います。

人間は、どんな逆境にあってもひとすじの光があるから生きていられるのではないかと思うのです。

在宅専門医は、ただ人間が死ぬのを待っているだけなのです。

助けようと思わないからでしょうか?在宅専門医に電話をしても折り返しの電話が来るまでに1時間以上かかりました。

結局、在宅専門医から折り返しの電話が来る前に自分で判断して救急車を呼び助かったことがありました。

私が危惧しているのは、お医者様方のメンタルケアです。

苦しんでいる人を助けたいと思って医師を目指し医師になられたと思いますが、、、、

在宅専門医は、一人の患者を診察した場合、保険点数は多く設定されておりますが、しんどいだろうなと思います。

看取りの医者と言われて、テレビ放映されたお医者様もいるようですが、私の母もその医師に問い合わせをしましたが「治療を望むのであれば在宅医を引き受けることはできません」と言われましたので、契約しませんでした。

家族として娘として母を何もしないでただ死ぬのを見ているだけなんてできませんでした。

政府が言っていることに矛盾を感じました。

台風や地震の時に、避難勧告が出されても、在宅医療を受けている人が避難をするのは無理です。

阿川佐和子さんのお父様がお亡くなりになられた病院のような医療施設が理想ではないかと思いますが、患者の負担金額高過ぎます。

安心して死ねる場所があれば、安心して生きられるのではないでしょうか?

今の医療システムは、治療ができなくなったら、病院はまるでものを捨てるように患者を捨てているようにしか思えません。

病院で捨てられた患者を処理するのが在宅専門医。

お金のかけ方が間違っているように思います。

医者の育て方も間違っているように思います。

医者は死と向き合っている仕事だと思いますが、芸術家も死と向き合っているのです。

音楽家も芸術家です。

絵画でも彫刻でも作曲でも、死と再生を感じることができます。

死を免れることができない人間にとって、死と再生は永遠のテーマなのではないでしょうか?

芸術家は、芸術で心を昇華しておりますが、医師や看護師など医療関係者は何で心を昇華させているのでしょうか?

私は3年間介護施設で働いておりましたが、介護施設もたくさんの方が死にますが、私が勤めていた施設では、亡くなった人の話をすることはありませんでした。

1週間もしないうちに、亡くなった人のベットには新しい入所者がいるのです。

介護に携わっている人たちへのメンタルケアも必要ではないかと思いました。

介護施設での、介護職員による入所者への虐待が時々報道されますが、原因の一つはストレスではないかと思います。

精神的に、やりきれなくなるのです。