1984年の筑波大学附属病院の事件。結城美帆子

筑波大学附属病院の岩崎洋治教授が行った脳死移植を東京大学が殺人罪で訴えた事件がありました。

脳死判定を行った脳神経外科の教授と担当した講師も裁判にかけられました。

臓器提供者が、精神障害者であったことが、今もなお私の頭に残っているのです。

障害者だったから、脳死を意図的に早められてしまったのではないか?

最初に摘出されたのは、眼球とのことでした。

私は30年障害がある方にもピアノを教えて参りました。

いざという時、障害者は軽んじられてしまうのでしょうか?

私が障害者施設で仕事をしていた時、リハビリ中に腕を骨折してしまった入所者がいて、私が病院へ付き添って行ったのですが、医師はレントゲンも撮影せずギブスをしてしまいました。

医師に「レントゲンも撮影しないでよろしいのですか」と申し上げたのですが、「こういう人ですよ。全介助の人を入院させることはできません。家族が付き添いをするということもないでしょう。」と言われ、ギブスを巻いただけで施設に戻ってきました。

障害があっても人間らしい最低の生活は保証されているはずですが、実際はどうかな。

資本主義社会は、平等ではないですが、放課後デイサービスや障害者をターゲットとした商売がなりなっているのです。

障害者や老人を食い物にしてはいけないと思う。

障害者にピアノを教えるのも指導料を頂いているので商売といえば商売なので、色々な意味で悩んでます。

弱者を相手に商売ビジネスをして良いのだろうか?

岡部クリニックへ。結城美帆子

先日の「主治医が見つかる診療所」に岡部先生が出演された時に、レンジで温め直しは良くないとおっしゃっておりましたので、私は玄米を冷凍保存しているのでレンジでチンして頂いているため、詳しく聞いてきました。

たんぱく質や脂質を含んでいる食材はダメだけど、玄米はたんぱく質や脂質を含んでいないので大丈夫とのことでした。

レンジのマイクロ波が良くないとのことです。

年のせいでしょうか?この頃東京へ行くと疲れます。

水曜日は、会議があるのでまた東京へ行かなければならないのですが、気合を入れなければへこたれそうです。

なぜかこの頃疲れが抜けないのです。

メンタルだと思うのですが、、、、、頑張ろう、気合だ、気合だ、

自閉症スペクトラムという診断。結城美帆子

現在、当教室には、自閉症スペクトラムという診断を医師から受けている生徒が数名おります。

症状や理解力・知的レベルなど、まちまちで、どの生徒もみんな違うのですが、みんな同じ自閉症スペクトラムの診断名なのです。

ピアノを教える私としては、非常に困ります。

自閉症スペクトラムのお子さんがレッスンを申し込まれた場合、まずは、お子さんの理解力・何ができて何ができないのか、親御さんの考え方、何を教えられ、私が指導をすることによって、このお子さんにどのような効果を与えられることができるか、など色々なことを考えレッスンを始めなければなりませんので、一般的なお子様にレッスンをするより、非常に手間がかかります。

手間をかけてレッスンを始めたにもかかわらず、1年程度で止められてしまいますと、正直やる気をなくします。

一般の方も同じなのですが、障害がある方は特にですが、レッスンを受ける明確な目的をお持ちになり指導者に伝えて頂きたいと思います。