テンプル・グランディン。結城美帆子

テンプル・グランディンは、自閉症者で動物学博士でコロラド州立大学教授です。

著書も出ておりますし、映画にもなっております。

ただいま自閉症者の指導で悩みに悩んでおり、あらためて東京精神分析サークルコロック(研究会)での発表を読み返したり、自閉症について書かれた論文を読み直しております。

私は残念ながら自閉症ではないので、自閉症者の頭の中や心は研究会に行って勉強したり論文を読んで勉強して、自閉症者の頭の中や心を想像することしかできません。

自閉症者は、わたくしとは物の見え方も聞こえ方も感じ方も違うということはわかるようになりました。

テンプル・グランディンは、ハグマシーンを作ったり、牛に極力ストレスを与えない屠殺場の建設に携わったりもしております。

私の感覚では、臭いものに蓋をしているのと同じですが、たとえストレスを少なくするといっても屠殺場の建設に携わることは精神的に無理です。

それでも現実を知る必要があると思って、屠殺場に足を運んだ経験はあります。

私たちは、命を頂いているのですから。

今は存じませんが、私が屠殺場に見学に行った時は、茨城県での牛の屠殺は月一回と聞きました。

牛に電気でショックを与え気絶させ足を縛って吊るして首を切り失血死させるのです。

吊るされた状態で意識を取り戻してしまう牛もいるそうです。

日本は、屠殺の仕方では世界レベルでDです。

私は自閉症者でないので、自閉症者と長い時間接していると感性が違う為かストレスを感じる時があるのです。

自閉症者にピアノを教えている時、何とも掴みどろこがないもどかしさに襲われる時があるのです。

自閉症者にピアノを教えている時、生徒に(自閉症者の生徒に)霧がかかっているように見えて、掴もうとしても実態がないから掴めないような感覚になるのです。

精神分析は、転移と逆転移で治療が進められていくのですが、私の逆転移だと思います。

健常者と自閉症の人には、同じ指導は出来ないと思いました。

障害がある方へ。結城美帆子

障害がある方の新規募集は致しません。

発達障害のお子様や発達障害の疑いがあるお子様は、脳科学と精神分析的観点からの脳のトレーニングとピアノのレッスンを「つくば精神分析療法室」で行っておりますので、発達障害のお子様や発達障害の疑いがあるお子様は「つくば精神分析療法室」のホームページをご覧いただき「つくば精神分析療法室」のホームページから問い合わせ申し込みをお願い致します。

発達障害のお子様や発達障害の疑いがあるお子様に、一般的なレッスンを行いますとピアノ嫌いにさせてしまうおそれがありますので、よろしくお願い致します。

高齢者の方へ。結城美帆子

高齢者の運転免許返納が進められておりますが、当ピアノ教室も社会貢献の一つとして、自家用車がなくても徒歩や公共の乗り物で通える場所に、談笑もできる待合室も設けたレッスン室を開室予定です。

ただいま準備をしておりますので、少々お待ちください。

保護者様へ。結城美帆子

お子様にピアノをなぜ習わせるのか、お子様にピアノを習わせる目的を明確にしましょう。

ピアノを習わせたいだけでピアノを習わせ始めると続かない方が多いのです。

ピアノは、最低でも10年は続けませんと、「ピアノが趣味」というレベルにはならず、お月謝をドブに捨てることになってしまいます。

ピアノは、簡単に弾けるようになる楽器ではないということを自覚し、それ相応の覚悟をもって習わせることがお子様の幸せにつながります。

指導者は、生徒がピアノが少しでも上手に弾けるように一生懸命に指導しますが、レッスンをお辞めになられるのを止めることはできませんので、お子様が生涯に渡りピアノを楽しめるかどうかは親次第です。

幼児や小学2年生くらいまでは、親のサポートがないと家で練習するのは難しいので、小さいお子様の家庭での練習も親次第です。

私は、レッスンで出来るようになったことをお家で復習して頂いておりますので、出来ないから練習が出来ないということは無いはずです。

ただ、30分レッスンの方は、時間が足りなくて出来るようにならずにレッスンが終わってしまう場合もあるので、そのような時はピアノの宿題は出さず譜読みの練習をしてきて頂いております。

覚えが良い方は30分レッスンで十分なのですが、少々覚えがよろしくない方は60分レッスンですと中途半端に終わることがないので指導者としてはやりやすいですし、本人も分かりやすく学べます。

ピアノは、上手に弾けるようになるためには、毎日の練習が必要です。

毎日練習をする為には、努力も必要です。

何の為に努力をするのかがわからないと努力はできないと思いますので、ピアノを習わせる目的を明確にして、実現可能な目標を持たせると良いと思います。

ピアノは、目標を持つことにより、達成感を得ながら、継続することで得られることを学び、継続することが大切であるということを学べるのです。

ピアノは、生きていくのに重要な生きる力を育むことができるのです。

2020年からは、大学の入学試験が変わり、「記憶力や知識量」を問うだけのセンター試験は廃止され、「記憶力や知識量」に加え、「思考力・判断力・表現力」の問われる大学入学共通テストが実施されます。

地頭の良さが試されるのです。

地頭力は、既存の知識にとらわれず、自分の頭で考えられる力や、自分なりの切り口で問題を探究できる力のことです。

子供たちが自ら考えたり、自分自身の判断で行動したり、自分の考えを相手に伝えられるということです。

ピアノは、楽譜から作曲家の想いを読み取り、自分で考えて判断し演奏(表現)をしますので、時頭力が鍛えられます。

私のレッスンでは、自分で考え自分で判断する力を育み、自分の想いを言葉に出すことを要求しますので、自分の考えを相手に伝える力が育まれます。

わたくし結城美帆子は、子供たちを、これから訪れるであろう大変化の時代に活躍できる大人に育てたいと思っております。