閉所恐怖症。結城美帆子

実は、私は閉所恐怖症なのです。

エレベーターも嫌いなのです。

電車のボックス席とか、新幹線とか、窓側の席は嫌いなのです。

ホールも、通路側じゃないと嫌なのです。

閉じ込められる不安があるのです。

狭い個室も嫌です。

精神分析は、カウチに横になって頭に浮かんだことを隠さずに分析家に話す自由連想をするのですが、エレベーターから自由連想をすると、棺桶、死体、お墓、暗い、恐い、、、、

私の小さい時に見たことが処理できていなくて、恐怖として残ってしまっていたようです。

小学2年生の時、生まれて初めて死んだ人間を見たのです。

私のいとこでした。

叔母は看護師で、私の家は当時医療関係者がいたということもあり、叔母は私の家で出産したのです。

産まれた子供は血液型不適合で、すぐに日赤病院の小児科に運び入院治療になったのですが、昔のことですからまだ医療も今のようになっていたわけではなかったので、結局助からなかったのです。

私は、生まれて初めて死体を見たのです。

産まれたばかりの赤ちゃんということで土葬だったのですが、私にとっては、これが恐い経験になってしまったようなのです。

体が入るだけの大きさの棺桶に入れられて、埋められて土をかけられる。

すごく怖かったのです。

今は、バカバカしいこととわかりますが、墓石は死んだ人が出てこないようにと立てたそうです。

お葬式の時に、お墓に埋葬に行く時と、お墓から帰ってくる時の道順は、別の道順で帰って来るのですが、それは、死んだ人がついてこないようにとのことです。

小さい頃は、大人に言われたことを、素直に信じていたのです。

成長して、知識が増えると、バカバカしいとわかるのですが、感情はそのまま残ってしまうようです。

精神分析を受けて処理することができましたので、何が何だかわからない不安ではなくなりましたが、私は自由を奪われるのが嫌なので、電車の窓側の席に座ると、トイレに行きたいときなど通路側に人に「すみません」とか言わなければならないので、嫌なのです。

ノバホールなんかも、通路側だったら自由にトイレに行けますが、奥の席だと「すみません」て言わなければならないので嫌なのです。

大学生の時に、常磐線で通っていたのですが、当時はボックス席で、窓側の席に座っていたら、酔っ払いに囲まれてしまって嫌な思いをした経験があり、これもトラウマになってます。

まあ、コンプレックスはありますよ。

お試しレッスン。結城美帆子

自閉症スペクトラム年長さんの女の子です。

私は医師でないので診断する権利はありませんが(医師以外のもの医師法により診断することができません)、おそらくアスペルガー型自閉症ではないかと思います。

定型発達の同年代のお子様よりも、記憶力が非常に優れております。

このお子さんの場合、自閉症を特性としてとらえ育てていけば、素晴らしい人生を歩むことができるでしょう。

障害をマイナスに受け取るのでは無く、特性としてプラスに考えると宜しいと思います。

ただし、油断をすると、自閉症の特徴が作用するようなので、コントロールをしてあげることも必要に思います。

自閉症の特徴の一つに、自分に手を振るということがありますが、相手を鏡にするからなので、自閉症の子供をレッスンする時は、子供の後ろに隠れて教えるとうまくいく場合があります。

自閉症の子供にレッスンをする時は、とにかく主体を引き出すことなのです。

自分自身は、どうしたいのかを自分でわかるように導いてあげることが大切なのです。

そうすれば、オウムになることなく、人間として主体的に生きることができます。

体験レッスンについて。結城美帆子

1回の体験レッスンでは、お顔合わせだけになってしまうので、7月からは、体験レッスンをご希望の方は、3回の体験レッスンをお受け頂くことに致します。

入会を強くおすすめするようなことは致しませんので、ご安心くださいませ。

体験レッスンから、1ヶ月以上経ってからお試しレッスンのお申し込みがあるのですが、体験レッスンからの継続性が無く、体験レッスンが無駄に感じるのです。

以前は、レッスンをお引き受けができない方もいたので1回の体験レッスンを行っていたのですが、どなたでもお引き受けできる自信がありますので、当方のレッスンの成果を実感して頂くために、3回受けて頂くことに致しました。

恩師・丸山徳子先生の思い出。結城美帆子

高校の音楽科に入学するまで、ピアノ・声楽・ソルフェージュ・新曲視唱・聴音を教えて頂いた先生です。

60歳以上で県南地区の小中高の音楽の先生や音楽関係者のほとんどの人は、丸山徳子先生のお世話になっていると思います。

丸山徳子先生の名前を知らない人は「モグリ」と言われていた時期もあったくらいです。

発表会の時の写真や当時のプログラムを見ると、後に小学校の校長先生や幼稚園を経営されている人もおります。

お世話になっている時は、そんなすごい先生とは知りませんでした。

とてもお優しい先生でした。

「あなたは天分があるのよ」と、よく言われて育てて頂きました。

天分とは、持って生まれた才能ということです。

裏を返せば、「やればできるのよ」ということではなかったかと思います。

これが、丸山徳子先生の生徒の伸ばし方だったのではないかと思います。

「やればできる」ということは、「やらなければできない」ということですね。

丸山徳子先生から教えて頂いたことは、音楽を学ぶうえでの精神のようなものを教えて頂いたのではないかと思います。

「音楽を学ぶということは、こういうことよ」みたいなことを教えて頂いたと思います。

音楽を学ぶうえでの教養や品格を学んだのではないかと思います。

音楽高校に入学してからは、音楽の世界の人たちとのお付き合いが多くなりましたが、丸山徳子先生から教えて頂いたことが非常に役にたちました。

挨拶の仕方、振る舞い方、お付き合いの仕方などなど、たくさんのことを学ばせて頂きました。

例えば、生徒に「わかりましたか?」と聞くのではなく、子供であっても「おわかりになりましたか?」と聞いたり、「ごきげんよう」とか、「ようございました」とか、私が普段あまり使わない言葉が、音楽関係者の人たちとのお目にかかる時は必要な言葉なのです。

教養なのでしょうね。

でも、言葉使いを丁寧にすると、イライラしなくなったり、気長になりますよ。

102歳でお亡くなりになりました。

体験レッスンがありました。結城美帆子

お子さんの様子を見ると、どこの幼稚園に通われているのかがわかります。

幼稚園選びは、重要ですね。

園長先生がお亡くなりになり閉園しましたが、紫光幼稚園はお勧めの幼稚園でした。

とても躾が良く挨拶も良くできるお子様が多かったです。

モンテッソーリは自由保育と言われておりますが、つくばのモンテッソーリは「うん」て感じです。

もし、今お勧めの幼稚園を聞かれたら、聖母幼稚園をお勧め致します。

ピアノの練習は自主的に。結城美帆子

私の仕事は、生徒さんがなるべく楽にピアノが弾けるようにする事です。

私は、弾き方を丁寧に教えておりますので、レッスンで初見のレッスンもしておりますから、弾けないから家で練習ができないという事は無いはずです。

ピアノは、できても弾けるようになっても練習をするのです。

練習をする事で、脳梁が太くなるようです。

小学生になったら、練習時間を決めて自主的に練習をするようになってくれるといいですね。

弾けるようになっているのに家で自主的に練習をしないのであれば、レッスン料がもったいないですから辞めたほうがいいと思います。

親が促さなければ練習をしないようであれば、やはり辞めさせたほうがよいと思います。

私は、やる気がある生徒さんだけ教えたいと思います。

私ができる事。結城美帆子

土日は、ピティナピアノコンペティション龍ヶ崎地区予選があります。

衣装を着てホール練習をしている教室もあるようですが、私も以前はホール練習をしておりましたが、「今はバカみたい」としか思えなくなりました。

つくば市には、子供のピアノの演奏会用の衣装屋さんまであります。

コンペティションに参加する子供達が大人の御商売の餌食になっているように思います。

私は、コンペティションに参加される生徒の親御さんに「清楚に」と申し上げております。

子供の個性やステージの大きさなどに合った衣装選びも親のセンスではないでしょうか。

ピティナピアノコンペティションは、ハロウィンのようなお祭りではないのです。

日頃の練習の成果を披露する場です。

ステージリハーサルは、自分がどのような音を出しているか確かめるにはよいので、本人がステージリハーサルをしたいと言えば、個人でホールの予約をして行えばよい事でみんなでワイワイ行うものではないように思います。

先生が結果を出す為にホールリハーサルをしているところもあるようですね。

ピティナピアノコンペティションは、生徒の為というより、指導者を争わせているようなところもありますからね。

音大入試に合格する弾き方があるように、コンペティションの地区予選に通過する弾き方や全国大会出場ができる弾き方があります。

他者の評価を受けるわけですから、当然評価基準があります。

私は、本人が心から望む結果が得られるようにレッスンしておりますので、地区予選に参加して地区予選に入選できる事を目標にしている生徒さんには、本人が思ったように伸び伸びと弾かせるようにしております。

地区予選を通過したいと望めば、通過できる演奏の仕方を教えるようにしております。

全国大会出場を目指す場所は、人間関係が重要になってきますので、全国大会の審査員を毎年勤めていらっしゃる先生のレッスンをお受けになられる事をおすすめし、レッスンには私も同行しております。

私のレッスンは、生徒さんの目標によって指導は変わりますが、ピアノを楽しむ事が前提です。

健康で長生きする為には。結城美帆子

知識と実行力が必要に思います。

なぜなら、お医者様方は、癌を患った場合は別ですけど、聖路加国際病院の名誉院長だったら日野原重明先生をはじめ、ぼけずに長生きをしていらっしゃる方が多いように思います。

私が音楽大学を受験するときにお世話になった先生のお家は、先生のおばさま方3人がお医者様で、3姉妹で内科・耳鼻科・婦人科の病院を経営されておりましたが、90歳を過ぎても診療をされておりました。

お医者様方は、健康に生きる為の知識が有るからではないかと思います。

私がお世話になっている岡部クリニックの岡部先生も、サプリメントを服用したり、運動療法を行っているようです。

知識だけで全てが防げるわけではないと思いますが、血圧・血糖値・脂質異常症は、改善できると思います。

これからは、かかりつけ医も定額制になるようですから、保険での検査は受けられなくなってくると思いますので、必要に応じて自由診療で検査をしてくれるお医者様が必要かもしれませんね。

定額制になると、健保組合から支払われる金額が決まっているので、医師は検査をしないほうが実入りが良くなるのです。

現在は、出来払い制なので、検査をすればするだけ実入りが良くなります。

現在も、病院は、包括制なので、病名により入院日数や検査の項目回数が決められているので、まだ十分な治療が済んでいなくても健保組合から支払われなくなるので退院させられるのです。

以前は、3週間入院ができた病気でも、脳卒中などは17日です。

回復期病棟は、6ヶ月までリハビリを受けられることになっておりますが、ほとんどが2ヶ月で退院をさせられます。

つくばにも自費の脳梗塞リハビリセンターなるものができましたが、リハビリを受けられないリハビリ難民が多くいるからです。

生活習慣病にならないように気をつけて、脳梗塞を予防しましょう。

心原性の脳梗塞は、BNPの検査をお勧め致します。

BNPの数値が高ければ、心臓に注意が必要ということです。

この辺のお医者様は、BNPの検査をなさらないようなので、心臓が心配な方はお医者様に申し上げて検査を受けられると宜しいと思います。

自費で受けてもそんなに高い検査ではありません。

私が検査を受けている理由は、長生きを望んでいるわけではなく、自分の健康状態を把握する為、そして仕事の辞め時を見極める為、なるべく生徒の皆様にご迷惑をかけないようにする為、「飛ぶ鳥跡を濁さず」で逝けるようにする為です。

名古屋大学医学部2年生の沢田さんピティナ特級一次通過しました。結城美帆子

医学部の2年生といえば人間のご遺体の解剖実習で忙しいのではないかと思いますが、すごいですね。

昨年は、惜しくもセミファイナルでしたが、応援したい人です。

人間は、誰しも24時間です。

時間の使い方ができているのでしょうね。

ピアノの練習だけでもすごく大変なのに、大変であろう医学の勉強もしているのです。

時間が無いと言い訳をする人がおりますが、使い方の問題ではないかと思います。

全国大会出場者数ナンバーワンの渡部由記子先生のお弟子さんは、平日は5、6時間練習、土日は12時間練習が当たり前と言われますが、医学部の沢田さんには無理な練習時間ではないでしょうか?

特級のレベルって音大生もたくさん受けますから、コンチェルトも課題曲に入っておりますし、すごく高いレベルなのです。

ピアノオンリーの生活をしていなくても、頂点に行けるのです。

私が理想としていることです。

ピアノを専門にするのでは無く、ピアノのレッスンを人生の糧として頂きたいのです。

ピアノのレッスンは、生きていくうえで必要なことをたくさん学べます。

ピアノを深く学んだ人は、他人の心の痛みに想いを馳せることができます。

沢田さんは、患者さんの痛みがわかるお医者様になられることでしょう。

ピティナピアノコンペティションは、ピアニストを目指している人だけが挑戦しているコンクールではないのです。

最近ホームページ制作会社から営業の電話が多くなりました。結城美帆子

「今のホームページで、生徒が集まってますか?」

「今のホームページに満足してますか?」

「もっと集客できるホームページに変える気はないですか?」

ないのです。

ホームページを作ったからといって、生徒が集まるわけではないと思うのです。

ピティナさんでは、ビックデータを集めるために、無料でホームページを作ってくれますから、100万円も出してホームページを作る教室があるとは思えませんが、あちらもお仕事でしょうから営業はしてくるでしょうね。

ピアノの先生って、色々な職種のカモにされやすいのです。

ピアノの先生って、世間知らずと思われているところがあるみたいですからね。

リトミックの資格を取るための料金、指導者検定のレッスン料や講習料、コーチングの資格を取るための料金、後から後からお金がかかります。

お家元制度みたいです。

先にやった人がマージンを取れる。

なぜなら、ピティナの指導者検定は、古い先生方はお持ちになられていないようですから、親亀の背中に子亀を乗せてみたいに思います。

以前、興味があって勉強をさせて頂こうと思い「久保田メソッド」の講習会を申し込みをしたのですが、教室を開室することが講習会受講の条件と言われ断られてしまいました。