モニターの方にご協力を頂いて得られた事。結城美帆子

指導法とレッスン時間の検証をする為に、モニターの方に無料のお試しレッスンを提供させて頂きました。

結果、小学一年生からは60分レッスンが可能という事が立証できました。

ただし、知的障害者や発達障害の子供は、30分が限界でした。

以上の結果から、今後ご入会を頂く方は、幼児と障害がある方は30分レッスンをおすすめさせて頂き、小学一年生からはお試し3回コースで様子を見させて頂き30分もしくは60分レッスンのどちらかをおすすめさせて頂くことに致しましたので、お試しレッスン3回コースの1回のレッスン時間は、30分〜50分程度とさせて頂きます。

1回のレッスン時間によりレッスン内容も変わりますし、進み具合も変わります。

40年ピアノを教える仕事をしてきて、多くのピアノ教室が30分レッスンなので私も30分レッスンをしておりましたが、30分レッスンではレッスンが途中になってしまうので悩んでおりました。

私のレッスンは、楽譜を読み事からレッスンし、初見のレッスンもしているので、30分では時間が足りないのです。

一般的なピアノ教師では、初見のレッスンはしていないようですが、私も初見のレッスンをしなければ30分でじゅうぶんなレッスンができますが、初見が大事なのです。

初見が得意になると、練習をしなくても弾きたい曲を弾くことができますので、ピアノを弾くのがより楽しくなります。

ピアノは、弾き方が大切で、練習ではないのです。

弾き方には、コツがあるのです。

教則本に、弾き方のコツは書いてありません。

弾き方のコツを教えるのが、ピアノの先生の仕事と思っております。

教則本に書いていないことを教えるのが、ピアノの先生の役目です。

教則本に書いてある事だけでうまく弾けるようになるのであれば、ピアノの先生は必要ないです。

ピアノが上手く弾けるようになるコツを学びたい方、ぜひ体験レッスンにお越しくださいませ。

楽譜の読み方から弾き方のコツを丁寧にわかりやすくご指導させて頂きます。

子供の頭ってすごいなーと思います。結城美帆子

昨日レッスンにお越しになった高校一年生のS君、ピティナコンペティションE級を受けます。

「ゴールデンウイーク中に暗譜しておかないと学校の勉強もあるから大変ですよ」と申し上げておりましたが、先週は暗譜までできていなかったので心配していたのですが、地区予選で演奏する2曲とも暗譜をしてきました。

やればできる子です。

1週間で10ページ以上を暗譜してくるなんてすごいです。

年をとると覚えるのが大変なのです。

子供の頭ってすごいなーと思います。

私も学生の時は、暗譜なんてしようと思わなくても自然に覚えられましたが、この年齢になると覚えようと意識しないと覚えられません。

脳ってすごいですね。

私は、発達障害の子供や高齢者もたくさんピアノを教えておりますが、この頃は生徒の演奏を聴くと、その生徒の脳のどの部分が障害を受けているのか衰えてきているのかががわかる様になってきました。

脳科学者の茂木先生は、脳科学で弾くピアノのレッスンを実践されています。

頭って大事ですね。

頭を動かしているのは、心臓ですから、心臓から血液が行かなくなると脳細胞が死んでしまうわけですからね。

心臓を大事にしましょう。

高血圧のガイドラインも厳しくなり、115/75の人は今回のガイドラインは高血圧です。

今までは、130/80だったのですが、厳しくなりました。

私は110/70前後で維持できておりますから、今のところは大丈夫みたいですが、ストレスを感じたり、外食すると塩分摂取量が多くなるせいか115/75を超えるときがあるので、ストレスを受けない様にしたり外食をしない様にしております。

社会で生きていく為にはストレスを受けないというわけにはまいりませんが、自分にとって何がストレスで何をストレスに感じるのかがわかれば、ストレスが少ない生活を送ることは可能です。

なので、私はなるべくストレスを感じる人には合わない様にしております。

ピアノの指導の仕事でストレスをになるのは、考え方や指導方針が合わない人にピアノの指導をしなければならない時なので、考え方や指導方針が合わない人はレッスンをお断りさせて頂くようになりました。

全くできない人でも、練習をしてこない人でも、障害がある人でも、考え方や指導方針が合っていればストレスを感じることはありませんし、教えることにやりがいを感じるのです。