40年間ピアノを教えてきて思うこと。結城美帆子

一番最初に教えた子は、3歳と5年生と中学1年生の不動産屋さんの3姉妹でした。

自分が教えて頂いたように五線のノートとバイエルを使って教えました。

3歳の子もバイエルで弾けるようになりました。

現在は、市会議員をしていて保育園も経営していたお父様の後を継がれて、不動産屋と保育園の経営をしているようです。

教え始めた40年前は、音符が読めない子や、練習をしてこない生徒はいなかったのですが、障害者も教え始めた為か音符が読めない子や練習をしてこない生徒が出てきました。

ピアノが上手く弾ける子は勉強もできると言われたりもしますが、勉強ができる子、地頭が良い子は勉強ができピアノも上手く弾けるのではないかと思います。

ピアノで頭が良くなるということではないように思います。

もちろん、ピアノは脳で見て脳で弾きますから頭を鍛えることができ、理解力が増し勉強もできるようになるかもしれませんが、生まれてからの家庭環境が影響しているのではないかと思います。