40年以上ピアノを教えてきて思うこと。結城美帆子

ピアノが上手に弾ける子は頭も良く、土浦一高に合格したとか、ピアノを続けていても現役で東大に合格したとかおっしゃるピアノ教室がありますが、私の教え子の中には、ピアノはあまり上手に弾けるようにならなかったけど現役で筑波大学に合格した生徒さんもおります。

また、ピアノを続けて土浦一高や竹園高校に合格した生徒もおりますが、一年生で退学をされた生徒もおります。

竹園高校に合格した生徒は、入学してすぐ5月の連休明けに学校に行かなくなってしまったのですが、両親共に学校の教員でしたので、親子関係も気まずくなり、お子さんは家を出されアパート暮らしをさせられておりました。

ピアノも辞められたので、その後どうされているのかは知る由もございません。

40年間で、色々な生徒を見てきました。

色々な家庭環境の色々な教育方針の下で育てられている生徒さんが習いに来ておりましたから、色々な生徒さんがいたのは当然と言えば当然です。

土浦ニ校に合格した生徒で、一年生の時に妊娠をしてしまって退学をした生徒さんもおります。

この生徒さんのお姉さんが大学生になってもレッスンに来ていたので、お姉さんから聞いたのですが、その後結婚して子供を産んだそうですが、お父様は結婚を反対されていて結婚式にも参加されなかったそうです。

人はそれぞれですから、幸せの価値観もそれぞれですから、色々な考えで、色々な生き方があっていいと思いますが、音楽はみんなを幸せにするものと考えているので、何かが違うような気がします。

なぜ、ピアノを学ぶのか?

究極的には、幸せになる為ではないかと思うのです。

より幸せな人生を送る為にピアノを学ぶのではないでしょうか?

私は、生徒の皆さんが、より幸せな人生を歩んでいただけることを願ってピアノを教えております。

幸せな人生を生きる為には、しなやかで強い心が必要ではないかと思います。

他者の心の痛みに想いを馳せることができる優しさも必要ではないかと思います。

自分の人生を生き抜くことができる地頭力と生きる力も必要ではないかと思います。

頑張ることが目標ではなく、目標を達成する為に頑張れる人間、夢を持ち夢を叶える為に頑張れる人間、人々を幸せに導く為に頑張れる人間を育てたいと思います。

人々を幸せに導く為には、まずは自分が幸せと思えること、自分に自信が持てること、自己肯定感が重要ではないかと思います。

ピアノで、コンクールを活用し、成功体験を経験させることで、自分に自信が持て自己肯定感が高まります。

自己肯定感は、生きていく上で重要です。

成功体験を経験させる為には、親御さんのご協力も必要です。

人はそれぞれですが、私の個人的な気持ちとしては、高校中退や高校生で自活する力もないのに妊娠をするような生き方は賛成はできませんし、私の個人的な考えですが、幸せとも思えないのです。

あくまで私の個人的な意見です。

勉強して、知識を得て、健康で幸せな人生を歩んで欲しいと思います。

健康で長生きする為には、知識も必要ですし、低学歴の人は高学歴の人よりも寿命が短いというデータもあります。

みんなが幸せに生きられますように❗️