40年の指導経験がある私だからわかること。結城美帆子

ピアノを教えて始めて40年が過ぎ、障害がある方にもピアノを教え始めて30年が過ぎました。

最初は自分が教えられたように教えていたのですが、上手く弾けるようになる生徒もいれば、上手く弾けるようにならない生徒もいて、たくさん悩みました。

指導法の勉強をしたり、発達障害の子どもたちを教えるようになってからは、心理学や精神分析学も学びました。

もっと障害者のことも知らなければ教えられないと考えて、障害者の施設で介護員として働いたりもしました。

おかげで、今は数回指導をすれば発達障害がどうかがわかるようになりました。

私は、医師ではないので医師法で診断をする権利はありませんが、十中八九わかります。

発達障害の中にも、自閉スペクトラム症や、学習障害、多動障害、ADHD、現在は自閉スペクトラム症に統合されてしまいましたがアスペルガー症候群や広汎性発達障害、カナー型自閉症など色々ありますが、見分けも出来ます。

知的障害を伴うカナー型自閉症の場合は、養育手帳を発行して頂けて色々な支援を受けられるので医師の診断を受けている子供が多いようですが、他の発達障害の場合は、親も気付かなかない場合もあるようです。

本人は、発達障害と言う自覚はないようです。

本人が不都合を感じなければ、医師の診断を受けなくても構わないと思います。

医師の診断を受けたからといって、治療法があるわけではないですから。

ただ、アプローチは変えたほうが良いと思います。

発達障害の人は、ワーキングメモリの関係で、覚えることが苦手だったり、想像力が乏しい場合があります。

質問に答えられなくて黙ってしまう場合、質問されている意味すら理解できなくて緘黙する場合もあるようです。

定型発達のお子さんでも発達障害のお子さんでも、私はつねに考えることを要求します。

自分で考えて自分で行動できる人に育って欲しいからです。

なので、私にとっては、ピアノを指導する上で発達障害は関係ないのです。

発達障害かも知れないと思った時は、アプローチを変えれば良いだけです。

社会には、発達障害でも何の支援も受けることなく色々な分野で活躍している人がたくさんおります。

私は、ピアノを教えるのに健常者も障害者も子供も大人も関係ないのです。

障害者の為のピアノパラリンピック全国大会などと言うものもありますが、私は健常者と障害者を分けなくても良いのではないかと思います。

みんなが一緒でいいと思います。