4人で2台8手ピアノ二重奏のレッスン。結城美帆子

つくば市の市民音楽会に参加されるメンバーの4人で2台8手ピアノ二重奏のレッスンを行いました。

40代から70代の4人です。

今回は、以前に別のメンバーで行ったシューベルト作曲の軍隊行進曲に挑戦しております。

4人で合わせるのって、けっこう難しいのです。

今回、初めての方がお一人いらっしゃるのですが、始めて4人で合わせた時は、入るタイミングがうまくつかめなかったようですが、2回3回と合わせて行くうちに合わせられるようになりました。

4人でのピアノ二重奏は、ボケっとしているとわからなくなってしまうので、ほどよい緊張感が有り認知症の予防にも良いと思います。

年齢が異なる他人同士だから、お互いに思いやりの気持ちが自然に芽生えるようで、精神的にも良いと思いました。

ピアノ二重奏は、自分が自分がという人は難しいのです。

ピアノ二重奏を楽しむ為には、お互いに思いやりの気持ちがないと楽しめないのです。

私のピアノの指導の目的は、思いやりの有る優しい心を育てることなのですが、ピアノ二重奏も思いやりの有る優しい心を育てることができるようです。

ソナチネアルバム程度が弾ける方から4人で8手ピアノ二重奏ができますので、やってみたいと思われる方はお気軽に私にお声をお掛け下さい。

毎年、3回程度のレッスンでつくば市民音楽会に参加しております。

ノバホールは、個人で借りるとお高くて大変ですが、市民音楽会への参加はほぼ無料で参加でき、世界の三大ピアノが弾けるのです。

大ホールには、スタイングウエイとベーゼンドルファーがあります。

ありがたいですね。

小ホールには、ベヒシュタインがあります。

10月の当教室のお楽しみコンサートは、小ホールで行いますので、ベヒシュタインが弾けます。