音楽で戦争が無い世界へ

音楽で戦争が無い世界へ

戦争を経験した方は、多くが貝になった。

それほど悲惨な経験をしたということではないでしょうか。

明治生まれの祖母は、世界地図を見た時、「ここも、ここも、昔はみんな赤だった」と言いました。

樺太、サハリン、中国大陸のことです。

祖父は、戦争中は北海道に行ったらしく、毎年、北海道の知人からスルメイカやシャケが届きました。

祖父は、戦争の話になると、いつも涙をたくさん流してました。

絶対に戦争はいけないのです。

音楽は、ロシアと深いつながりをもっています。

音楽に戦争はありません。

自分が納めた税金のほんの一部であろうが、戦争のために使われるのかと思うと、胸が苦しくなります。

戦争は、殺し合いです。

私は、たとえ自分が殺されることになっても、誰かを殺すようなことはしたくないです。

子供たちの未来のためにも、二度と戦争が繰り返されない社会にしましょう。

虐待は、連鎖します。

子供を虐待する親は、親自身が親から虐待を受けているケースが多いと言われます。

戦争で上官から殴られたり暴力を受けた兵隊さんが、家庭に戻って自分より下の人間に同じことをしてしまったとしたら、、、、、、

音楽で戦争が無い世界へ。