3歳になる男の子の体験レッスンがありました。結城美帆子

とっても可愛らしいおぼっちゃまです。ピアノを気に入ってくれたようで、レッスン室に入ってくるなり、ニコニコしながらピアノの椅子に一人で座り、両方の手で弾き始めました。ピアノを弾くのがとても楽しそうに見えました。「楽しい、心地いい」気持ちを大切に育ててあげたいですね。「ピアノって、楽しい」を忘れないように育てたいですね。「コンクールで日本一になるには、死に物狂いで練習をする」と言う人もおりますが、私は、本当に実力がある人は死に物狂いで練習をしているのではなく、ピアノを弾くのが好きだからたくさんひいているだけのことだと思います。レッスンでも、練習とかではなく「ピアノを弾くのが好きだからたくさん弾いてきました」と言う生徒を育てたいです。