2022年、明けましておめでとうございます。

2022年、明けましておめでとうございます。

本日一日からブログを再開します。

自分の健康も含め、心と体の健康に関することを書いていこうと思います。

私ごとですが、高校生の時は、氏子だったので神社の神殿で巫女をしておりました。

神主さんは、地元の銀行の理事もしていたからかもしれませんが、銀行の方がお賽銭を数えに来ておりました。

今はわかりませんが、当時お賽銭箱には一万円のお札がたくさん入っておりました。

レッスンは、今日から始まります。

今年もトロフィーがもらえるように頑張りましょう。

時間は無限ではありません。

明日があるという保証は誰もないです。

今日やることは今日やりましょう。

一万時間の法則というものがあります。

毎日一時間練習をしたら一年で365時間、10年で3,650時間ですから、30年以上かかってしまいますが、毎日2時間練習したら、毎日3時間練習したら、、、、、そんなに長い年月ではなく、ショパンやベートーヴェンの三大ソナタが弾けるようになります。

具体的な目標を設定して始めると、目的地が見えます。

ピアノは、弾けるようになり、レベルが上がり、上手く弾けるようになればなるほどに楽しさが増します。

ピティナピアノコンペティションに順次参加出来るレベルを維持出来れば、高校生で上級レベルの曲が弾けるようになります。

ただ弾くだけでは、上手いかどうかわからないですが、コンペティションに参加することで自分の実力が客観的にわかります。

ただ「ベートーヴェンの三大ソナタが弾けます」「ショパンが弾けます」というよりは、「ピティナピアノコンペティションF級で全国大会に出場しました」と言われた方がレベルが把握しやすいです。

コンペティションは、四期を弾けるようにしなければならないので、それなりに練習時間も必要ですが、通常は四曲同時にレッスンをすることはありませんし、1回60分程度のレッスン時間で四曲レッスンするのは無理ですから、ずっと5時間も6時間も毎日練習をしなければならないということはありません。

趣味の方は、レベルによりますが毎日一曲一時間〜二時間程度の練習で十分上達できるレッスンをしております。

音高音大を目指す方は、やらなければならない曲がたくさんありますから毎日6時間程度の練習は必要です。

今年も頑張りましょう。

私も頑張ります。