2019年(平成31年)が明けました。結城美帆子

今年は、自分に出来ることをコツコツこなしていこうと思います。

私は、音楽が好きです。

私は、ピアノが好きです。

大掃除をしている時は、チャルダッシュやコンチネンタルタンゴのバイオリンを聴いて気持ちを高めておりました。

考え事があって眠れない時は、モーツァルトのピアノソナタを聴きます。興奮を鎮める時は、バッハを聴きます。

音楽は、心と体に作用してくれ、元気にしてくれたり、安らぎを与えてくれます。

音楽って素晴らしいです。

先日、脳のMRI の撮影をした時は、ヘッドホンからピアノのカンパネラが聴こえてきた途端に気持ちが和らぎ、落ち着いて検査を受けることができました。

私は閉所恐怖症のようなところがあったので、パニックになってしまうかも知れないと不安だったのですが、不安が嘘のように消えました。

心から「音楽が好きで良かった」と思いました。

もし、ピアノを弾いていなかったら、カンパネラを聴いて頭にフジコ・ヘミングさんが浮かんだりはしなかったでしょう。

人間は、みんないずれ死を迎えます。

音楽は、死の苦しみをも緩和してくれるのではないかと思います。

私が、死の淵に立った時、好きな音楽が流れている中で、この世を立ち去ることが出来れば幸せに思います。

死ぬ時に後悔するようなことがないように、今年も今を精一杯生きていこうと思います。

明日があると言う保証は誰にもないですから、今日やることは今日やりましょう。

ピアノの練習についても、今日の練習は今日やるようにしましょう。

明日は、明日です。