麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の死刑が執行されたことについて。結城美帆子

オウム真理教の地下鉄サリン事件を知らない人も多くなりました。死刑が執行されたことにより、信者にとっては、松本智津夫元死刑囚は、本当の意味で、神か仏になったことでしょうね。信者にとっては、何かが今までよりも強くなったかもしれませんね。戦争中、特攻隊で死んで行く人たちは「靖国で会おう」と言って飛び立ったと聞きました。オウム真理教の死刑囚たちは、「天の国で会おう」なんて思っているかもしれませんね。そしたら、今後は、危険な状態になるかもしれませんね。なぜ、このような事件が起きたのかわからないままですね。今日一緒に死刑が執行された6名は、高学歴で優秀な若者だったとのこと。彼らの周りには、彼らを救うことができる大人がいなかったと言うことであろう。彼らを救ったのが、麻原彰晃こと松本智津夫だったと言うことなのではなかろうか。発達障害者による殺人事件にしても、彼らを凶悪犯に追い込まないように支援することを考えたほうが良いのではないでしょうか。