音楽は人の心を昇華してくれる作用もあります。結城美帆子

今年は、母が脳梗塞を患ったおかげでたくさんの事を学ぶことが出来ました。3月〜4月に約1ヶ月メデイカルセンターに入院して、8月〜10月は筑波大学附属病院に入院、11月は筑波記念病院のリハビリ病棟に入院してリハビリをしていたのですが、CRPが下がらず原因も特定できなかったので筑波大学附属病院に転院して現在も筑波大学附属病院に入院中、1年間に7ヶ月入院しております。この間、医師をはじめとし看護師やリハビリスタッフ・ソーシャルワーカーさんなど、たくさんの医療関係者の方とお会いしました。たえず命と向き合っているお仕事ですから、感情がドンマしてしまうのはある程度仕方がないと思いますが、生きている人間を相手に仕事をしているという事も忘れないで欲しいと思いました。日々の感情を押し殺して仕事をするのではなく、自分の感情を素直に受け入れて昇華して欲しいと思います。音楽は人の心を昇華してくれる作用もあります。ピティナピアノコンペティションのグランミューズ部門で金賞を受賞させた方は、医師や研究職の方が多いのです。今年は、両手が使える人なのですが、左手の曲にこだわっていて左手のために書かれた曲を弾いて受賞された方がおりました。歌も心を昇華してくれます。絵を描くのも良いと思います。鑑賞するのも良いと思います。芸術は、「真善美」の追求です。芸術に触れることで、心が癒され、人間としての心が取り戻せます。私自身ストレスを感じないわけではありませんが、つねに音楽がある環境の中におりますので、たえず音楽で感情を昇華させておりますから、ストレスがたまっておかしくなるようなことは無いようです。言いたいことがあれば言いますしね、出来ることしかやりませんしね、出来ないことはできないと言いますしね、プラスにならないような我慢はしませんし、自分の責任で生きているので、ストレスでおかしくなるようなことはありません。誰でもストレスはありますが、自分なりに解消の仕方を見つけておけば良いのです。逆に、ストレスがなかったらボンクラな人間になってしまいますよ。