音楽は。結城美帆子

音楽は、国境も、言語も、民族も超えて、人々の奥深くまで届きます。

それは、音楽が、直接『命』に語りかけるものであり、人類の普遍の言語だからです。

私は、これまで、精神分析や心理学を学び、多くの自閉症者にピアノを教えてきました。

自閉症者は、言語の世界に入ることができないという精神分析家がおりますが、人間の言葉をしゃべるだけが言語の世界ではないと思います。

人間と動物の違いは、言語が有るか無いかだとおっしゃる精神分析家がおります。

私は、自ら精神分析の経験をし、約20年精神分析と心理学を学んできましたが、理論も大事かもしれませんが、やはり心が一番大切と思います。

音楽は、人類共通の言語だと思います。

人間には、心が有り、感情が有るのです。

だから、魂を揺さぶられる音楽が生まれるのです。

音楽は、なんと素晴らしいのでしょう。

音楽は、人間の魂なのです。

何も、無理に言語の世界に導かなくても良いじゃありませんか。

音楽を奏でることで自分を表現しているのですから、それでいいじゃありませんか。