音楽の効果。結城美帆子

音楽は、体と心に作用し、私たちを元気にしてくれたり、悲しみを癒してくれたりもします。

しかし、一方で音楽は人々の心をまとめ上げ、良くも悪くも集団心理に利用される場合も有ります。

日本国は、満州事変から始まり太平洋戦争でやっと戦争を放棄した平和な国になりましたが、この間、音楽家達は日本国の命令で軍歌を作らされたり歌わせられたり、東京藝術の学生は敵機が来たのを音でわかるような訓練をさせられたりしたことも、忘れてはいけません。

平成天皇は、戦争のない国とおっしゃっておりました。

上皇陛下上皇后陛下が、我々国民の前にお出ましになられることはないと思いますが、音楽に携わる人間として、音楽がけして戦争の道具に利用されることがないようにすることもミッションではないかと思っております。

服部良一氏は軍歌を作らない人でしたし、淡谷のり子氏も軍歌を歌わない人でした。

私は、争いが大嫌いです。

もうすぐピティナピアノコンペティションの地区予選が始まりますが、コンペティションは他者と争うことではなく、いつもより深く音楽を勉強し自分自身をレベルアップさせるためのものです。

くれぐれもお忘れなきように。