音楽の力。結城美帆子

ピティナピアノコンペティションの課題曲を指導のため毎日弾いております。

昨日は、F級の課題曲、ラウマニノフとモンポウを弾いておりました。

音楽は、奥が深いです。

ラウマニノフもモンポウも、魂が揺さぶられるのを実感せずにはいられなくなります。

弾いているうちに、音楽の中にどんどん入り込み、ラウマニノフとモンポウが自分の身体に憑依してくるような感じになるのです。

弾き終え我に帰った時、全ての不安から解き放され、新型コロナウイルスで騒いでいることがちっぽけなことに思えました。

「これが音楽の力なんだな」と思いました。

世の中が不安で満ちている今だからこそ、音楽が必要なのではないかと思います。

本物の音楽が必要なのではないかと思います。