障がい者の親御さんへのお願い。結城美帆子

必ずご一緒にレッスン室にお入りくださいますようお願い申し上げます。

玄関先でお子様が転んで怪我をしても責任は持てませんので、宜しくお願い致します。

本日レッスンにお越しになられた小学2年生自閉症スペクトラムのお子さんが、先週にひき続き1人でお越しになったのですが、途中で転んでしまったようです。

道路を1人で渡るのも怖いです。

障がいがあるお子さんは、学校では補助の先生が付いて面倒を見てくれているわけですから、ピアノのレッスンは、親に面倒を見て頂きたいと思います。

最近は地震も多いですし、お子さんだけでレッスンに来られると何かあった場合に責任が持てません。

親がいないと、ピアノを蹴飛ばしたり、椅子を投げたり、ピアノの椅子に座って何度もあくびして居眠りをする子供、私の腕をつねったりする子供、間違いを指摘すると泣き出す子供、などの生徒がいて悩んだことがあるので、レッスンは、障がい者も健常者も親御さんに見学をお願いしております。